【リクルート情報】内定者アルバイトインタビューVol.2

ブログ

BLOG

【リクルート情報】内定者アルバイトインタビューVol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブネット広告事業部の柿木です。

前回に引き続き、2019年新卒採用内定者の学生さんへ、インタビューさせていただいた内容をご紹介いたします。
第2回目の梅本さんは、最終選考のプレゼンで2週間以上前から非常に緊張していていたことを覚えています。しかし、プレゼンは緊張感は伝わるものの自分の意見をしっかり述べ、堂々としていた印象でした。彼が選考過程でどのように感じグラッドキューブへ決めたのか、彼の魅力と併せてお伝えします。

IMG_7705

インタビュイー:梅本 晃生さん

選考過程でどのような心境の変化がありましたか?

利用していた就活媒体を経由して人事の花井さんからオファーをいただき、そこで初めてグラッドキューブという会社を知りました。就活では主に広告やIT業界を中心に活動しており、グラッドキューブの事業内容をみたとき「僕が探していたものが両方ある!」と感じ、緊張とワクワクの気持ちを持って、説明会へ行きました。

説明会後にあるグループ面接を通過しインターンへ参加したとき、かなりの衝撃を受けましたことを覚えています。まず、インターン学生と社員さんたちとの距離が近いことです。初日に参加したのが僕と金光君の2人のみで非常に緊張していたのですが、社員の皆さんが優しく声をかけてくださり、そこで”人”の良さを知り、次第に緊張がほぐれていきました。2つ目は、インターンプログラムを担当してくださっていた、18卒で1つ上の先輩方からのフィードバックの質の高さでした。バイトを1年、正社員として入社してからまだ1ヵ月も経っていないのに、僕が質問した内容に的確に答えていただいて「ここなら凄いスピードで成長できる!」と感じ、5回目のインターンから最終プレゼンを意識するようになりました。

最終プレゼンでは、ありのままの自分の気持ちを伝えましたが、100%伝えきれず非常に悔しい思いをしました。しかし、「グラッドキューブで働きたい!」という僕の熱意を汲んでいただき、内定をいただくことができました。

入社の決め手は何でしたか?

正直にいうと、内定をいただいたのが4月だったので、もう少し他社の選考も挑戦してみようと思っていました。ただ、不思議なことに、他社の説明会や選考に参加しても、グラッドキューブ以上の魅力を感じるところがなく、それだけ僕の中でグラッドキューブが大きな存在になっていたことを自覚した瞬間でした。

また、僕自身にも大きな変化がありました。
これまで特に闘争心を燃やすような感覚になったことがなかったのですが、グラッドキューブに入社するにあたり、初めて「同期には負けたくない」と思うようになっていました。そして、そう思っているのは僕だけでなく、同期が共通して感じていることだと思います。そんな風にお互いを高め合え、切磋琢磨できる同期に恵まれたことも、グラッドキューブに決めた大きな理由の1つです。

現在、どのようなことを取り組んでいますか?

現在は、バディー*の方の業務を中心に社員のみなさんのサポートをしています。サポート内容は主にユーザー側の視点で考えることを意識しながら、広告文やキーワードの考案をすることです。考えたものをバディーの方にフィードバックをいただきながら、セットアップの考え方を勉強させていただいてます。まだアルバイトという立場ですので、できることは限られていますが、もっと深くまで知りたいという思いは日に日に高まっています。バイトに来てから資格の勉強も進め、GoogleAdsは一通り取得することができました。来年4月に入社した時点で即戦力となれるよう今は吸収に集中したいと考えてます。

*バディー:新卒教育担当の現場スタッフ

IMG_7718

今後の目標を教えてください。

内定者アルバイトで働かせていただいてから、リーダー公募に応募することを意識し始めました。ただ、知識も経験もまだまだ未熟だと感じているので、まずは目の前の業務をこなしつつ、いつまでも素直で謙虚な姿勢を大切にしていきたいと思っています。またスポーツにも興味があるので、スポーツ業界関連の広告を出稿したり、グラッドキューブが運営する「SPAIA」でも何かお仕事ができたらと考えています。実績を積んでから他部署へのジョブローテーションも視野に入れ、マルチに活躍できる人間になりたいです。

就活生の方にメッセージ

僕は自分自身を分析しながら、自分に合う業界や職種を見極め、「ここ!」というところに絞って就活をしていました。一度きりの人生の中で、非常に大きな分岐点になると思いますので、就活を楽しんで悔いのないように活動してください!


 

いかがでしたでしょうか?
インタビュー中も非常に素直で謙虚で笑いのたえない時間となり、しかし同時に「もっとこうしたい!」という野心も感じられ、とても頼もしく思いました。彼が1年後、2年後にチームを束ねるリーダーになることを楽しみに、バックオフィスからも全力でサポートしていきたいと思います!

次回も引き続き内定者の学生さんへインタビューを行ってまいります。

ご興味を持っていただけた方は、下記サイトよりお気軽にお問い合わせください。
引き続き、たくさんのご応募お待ちしております。
株式会社グラッドキューブ 新卒採用2021ページ
画像①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×