薬事法対策で広告審査の煩わしさから解放

グラッドキューブ BLOG

薬事法対策で広告審査の煩わしさから解放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康食品や美容関連の商品・サービスを取り扱っている方にとって、広告の審査は非常に大変ではないでしょうか。
なかなか審査に通らず広告を出稿できない状況が続くと、大きな機会損失になります。

そこで、今回はYahoo!プロモーション広告の掲載基準に関わる内容や表現をお伝えしますので、これを元に最初の段階でつまづかないよう進めていきましょう。
 
 

スポンサーリンク

薬事法対策で審査否認を回避

Yahoo!JAPAN側も、当然あなたの広告やウェブサイトを掲載禁止にしたいわけではありません。
しかし、ユーザーの安全性や利便性を考慮して、審査の基準を定めています。

特に、健康食品や美容関連の商品・サービスは利用が多い分規制も非常に厳しくなっています。
基本的にYahoo!プロモーション広告の掲載基準は薬事法に準拠していますが、中でも特に重要なポイントをお伝えしていきます。

Twitterでもご紹介しましたが、Yahoo!プロモーション広告公式ラーニングポータルで健康食品の掲載基準の記事が投稿されています。
今回のブログ記事とあわせてご確認くださいね。

<健康食品> ~春編~ 季節対策! 押さえておきたい掲載基準

http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/blog/guideline/guideline_health2014spring.html

 
1.薬事法対策 ~化粧品編~

化粧品にも様々な種類がありますが、全般的に言えることは、「効果・効能の謳い文句」に気をつける必要がある、という点です。

例えば、シャンプーやリンスなどのヘアケア商品。
有効成分や「薬用」という言葉が引っかかるだけでなく、「育毛」「発毛」「傷んだ髪が回復」といった表現は全て使用できません。


※Yahoo!プロモーション広告公式ラーニングポータル 掲載ガイドライン関連資料「広告表示集 化粧品1 ヘアケア」から引用。

「毛髪のツヤを保つ」「しなやかな質感に」といった表現であれば使用は可能ですので、この辺りは特に注意しましょう。

また、症状に効果があるという表現も基本的にNGです。
例えば、化粧水で「ニキビ」「シワ」「たるみ」に効果がある、という表現は掲載不可です。

上記のものについては、「隠す」「目立たなくする」という表現であればOKなので、書き換えるようにしましょう。


※Yahoo!プロモーション広告公式ラーニングポータル 掲載ガイドライン関連資料「広告表示集 化粧品2 スキンケア」から引用。

あとは「エイジングケア」「老化防止」「若返り効果」という表現は全て使用できません。
あくまで使用社の年齢に応じたケアを意味する表現でなくてはいけないので、「年を重ねた肌に潤いを与える」といった表現にしましょう。

 
2.薬事法対策 ~健康食品編~

健康食品も化粧品同様注意が必要です。
特にダイエット食品や器具を取り扱っている方は広告に掲載できる表現、できない表現を把握しておきましょう。

基本的に、特定部位を示す表現はNGになります。
「おなか」「腸」など、効果効能が見込めるとユーザーに誤認させてしまうためです。

また、同様に「脂肪燃焼」「代謝の活性化」など効果を見込めるような表現も掲載できません。
書き方が非常に難しいのですが、「健康維持のために」「我慢せずにやせる」と言った表現に置き換えましょう。


※Yahoo!プロモーション広告公式ラーニングポータル 掲載ガイドライン関連資料「広告表示集 健康食品1 ダイエット」から引用。

ダイエット以外にも、生活習慣や健康に関する商品は同様に表現に気をつけなければなりません。
「記憶力アップ」「集中力アップ」「血液サラサラ」「疲労回復」、これらは全てNGです。


※Yahoo!プロモーション広告公式ラーニングポータル 掲載ガイドライン関連資料「広告表示集 健康食品7 健康」から引用。

「美容のために」「食生活が乱れがちな方に」など目的や対象をぼかした表現や、「必要な栄養素を補う」などサポート的な扱いの表現は掲載可能ですので、意識して文章を作成しましょう。

 
3.掲載ガイドラインを活用しよう

掲載基準は非常に多岐に渡り、商品やサービスによっても表現の掲載可否が異なります。
これら全てを把握するのは大変ですが、Yahoo!では掲載ガイドライン関連資料を公開しています。

あなたの商品やサービスに関連していると思われるものをピックアップし、ぜひダウンロードして内容をチェックしてください。


掲載ガイドライン関連資料
http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/doc/pdf_guideline.html

■ダウンロードできる資料
<化粧品>ガイドラインに抵触しない広告表現事例
・広告表示集 化粧品1 ヘアケア
・広告表示集 化粧品2 スキンケア
・広告表示集 化粧品3 その他
・薬用化粧品の効能又は効果の範囲

<健康食品>ガイドラインに抵触しない広告表現事例
・広告表示集 健康食品1 ダイエット
・広告表示集 健康食品2 美容
・広告表示集 健康食品3 生活習慣
・広告表示集 健康食品4 スポーツ
・広告表示集 健康食品5 女性用
・広告表示集 健康食品6 男性用
・広告表示集 健康食品7 健康

薬事抵触事例集
・薬事抵触事例集 【化粧品】
・薬事抵触事例集 【健康食品】
・薬事抵触事例集 【医療類似行為】

 

まとめ

健康食品や美容関連の商品・サービスを扱っている方にとって、審査は非常に煩わしいものだと思います。
しかし、掲載基準を把握しておけば、審査に振り回されることなく広告の出稿ができ、機会損失を防ぐことができます。

もしいま審査に悩んでいるのであれば、早速表現の修正を行ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン