【直撃!グラッドキューブ】Izumi Miyatake

ブログ

BLOG

【直撃!グラッドキューブ】Izumi Miyatake

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_miyatake

みなさま、こんにちは。

グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の橘内です。
グラッドキューブの社員を紹介する『直撃!グラッドキューブ』今回は、マーケティングソリューション事業部の宮竹 泉さんにインタビューを行いました。

前職での運用スキルを活かしながら、新たなチャレンジをし続ける宮竹さんに、グラッドキューブでの働き方についてお話頂きました。

 

入社するまでの経緯を教えてください。

以前も WEB 広告に携わる仕事をしており、グラッドキューブには中途採用で入社しました。
転職活動で複数社の選考を同時で進められる方もいるとは思いますが、私の場合はグラッドキューブ1本に絞って面接を受けていました。

これまでの広告代理店での経験を活かせるというきっかけではありますが、面接を経てグラッドキューブの現在のフェーズや今後について細かくお話を聞くことが出来て働いている自分をイメージしやすかったため入社に迷いはありませんでした。

広告運用の事業だけでなく、 SaaS 事業、 SPAIA 事業と広く展開しているところも魅力的でした。
入社に至るまで、スピード感を持って対応して頂けてとても助かりました。
IMG_4329

 

入社して良かったと思うことはなんですか

現在私は、お客様に代わって WEB 広告運用を行っている、マーケティングソリューション事業部に所属しています。
お客様の商材拡大のため、プロモーションの最初の段階から関わっておりますが、 WEB 広告にとらわれずマーケティング全体を意識しながら対応を進めています。

以前に勤めていた代理店ではリスティング広告の運用がメインでしたが、グラッドキューブに入ってから扱ったことのない媒体での配信を経験できました。

また、他社では営業担当と運用担当が分業しているケースも見受けられますが、どちらも担当するグラッドキューブでは幅広いスキルを身につけることが出来ます。
新しい分野にチャレンジ出来るという部分は、入社して良かったと感じます。

 

業務をするうえで大事にしていることはありますか

毎日限られた時間をどれだけ有効活用出来るか、常に意識しています。
広告運用の仕事では、社内スタッフやお客様など自分以外の多くの方と関わりながら進行をしていきます。
誰かと仕事をする時は、”自分が締め切り”ではなく全体の締め切りを考えて動かなくてはなりません。

確認、変更、アウトプット等の工程も念頭において、前倒しの対応を心がけています。

お客様のリズムに合わせるということも大事だと思います。

私達は広告運用のプロとして知識やスキルがありますが、お客様にも同じように知識があるとは限りません。
広告の理解具合に合わせて、伝え方を変えながら齟齬のないコミュニケーションを取っています。

なによりも、最終的な目標はお客様の売上のインパクトを増やすこと、というのは忘れてはいけません。
IMG_4332

 

会社の好きなところを教えて下さい

グラッドキューブは2007年創立の IT ベンチャー企業です。
ベンチャーというと所謂体育会系をイメージするかと思いますが、グラッドキューブは落ち着きある社風というのが面白いところです。

真面目な方が多く、各々が業界のことを勉強し続けているので私も刺激を受けますし、一緒に働いているメンバーから吸収出来る部分は多くあります。

また、社内には家庭の都合等により勤務時間をずらして働いている方が複数おり、私もその1人です。個人を尊重してくれて、入社時から私の意向を汲んでくれた会社に感謝しています。

 

最後に記事を読んでくださっている方にメッセージをお願いします

素直で明るく元気でいることはどの会社で活躍するにも必要なことだと思います。
知識やスキルは頑張り次第でいくらでもつけられるので、一緒に頑張りましょう。

グラッドキューブでは礼儀礼節を重んじていますので、共感できる方、グラッドキューブに興味のある方は選考に進んでみてください!

=============================

下記サイトよりお気軽にお問い合わせください。
引き続き、たくさんのご応募お待ちしております。

▼新卒採用
採用_画像

▼中途採用
採用_画像2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×