YouTube 広告「動画アクションキャンペーン(VAC)」について解説!

ブログ

BLOG

YouTube 広告「動画アクションキャンペーン(VAC)」について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VACアイキャッチ

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の廣畑です。

みなさまは、 YouTube 広告の「動画アクションキャンペーン( VAC )」をご存知でしょうか。
動画アクションキャンペーン( VAC )とは、 YouTube 広告に登場した新しいキャンペーンで、 True View アクションキャンペーンより配信面の拡張やフォーマットの変更などアップデートが加えられています。
VAC は単体キャンペーンとして配信することができますが、ファインドキャンペーンと組み合わせて活用することで、より効果的な成果改善が期待できます。

本エントリでは、 YouTube 広告の新広告タイプである動画アクションキャンペーン( VAC )についてご紹介いたします。

 

動画アクションキャンペーン( VAC )とは?

動画アクションキャンペーン(以下 VAC )とは、YouTube 広告に新しく追加された広告タイプの一つで、ユーザーの行動促進向けの広告タイプ「 True View アクションキャンペーン」をベースにしております。

ここで YouTube 広告の広告タイプと広告フォーマットついてご紹介いたします。
下図の通り、 YouTube 広告では、キャンペーン目標に合わせて様々な広告タイプ、広告フォーマットが用意されております。 True View アクションキャンペーンおよび VAC は、商品購入や問い合わせなど、ユーザーの行動促進を目的としたキャンペーンとなります。

フォーマット一覧表

True View アクションキャンペーンと VAC の主な違いについて下記の3点が挙げられます。

True View アクションキャンペーンと VAC の違い

  1. (1)配信面に YouTube Home Feed の追加
  2. (2)広告フォーマット
  3. (3)オーディエンスの活用方法

 

(1)配信面に YouTube Home Feed の追加

VAC では YouTube のインストリーム広告枠に加えて、 YouTube のトップページである Home Feed にも配信がされます。これにより、 YouTube Home Feed を含めたさまざまな YouTube の広告枠を使い、 YouTube を利用しているユーザーにより広告をリーチさせ、配信効果を向上させることができます。

(2) 広告フォーマット

VAC では、「スキップ可能なインストリーム広告」と「 True View ディスカバリー広告」の2つのフォーマットを利用できます。 True View アクションキャンペーンと違い、長い広告見出しと説明文を設定することができます。

VACガイドライン(引用)

(引用:動画アクション キャンペーンについて

(3)オーディエンスの活用方法

オーディエンス設定では、 リマーケティングやカスタムオーディエンスなど、 True View アクションキャンペーンと同じオーディエンスをそのまま活用することができます。
True View アクションキャンペーンは YouTube インストリーム広告枠のみに広告が表示されますが、 VAC では複数の広告枠の中で最も効果の高い枠に広告が自動的に表示されるため、より成果の向上が期待できます。

 

Google 広告のフォーマットとの併用よるアプローチ方法について

VAC 単体でも配信することは可能ですが、ファインドキャンペーンと組み合わせて配信することで両キャンペーンの強みを最大限に活かし、広告アカウント全体の成果の向上や改善が期待できます。
ここでは、 VAC とファインドキャンペーンとの組み合わせ配信についてご紹介いたします。

ファインドキャンペーンとは

ファインドキャンペーンとは、 Google のフィード面である Discover 、 YouTube Home Feed 、 Gmail 面へ配信できるキャンペーンで、検索広告やディスプレイ広告とは異なる配信面でユーザーにアプローチすることができます。

unnamed

ファインドキャンペーンについては、以下のブログで紹介しておりますので、こちらも合わせてご参照くださいませ。
(参考記事:【2020年5月ローンチ】 Google ファインドキャンペーンについてご紹介!

ファインドキャンペーンとの組み合わせについて

VAC とファインドキャンペーンを組み合わせて配信を行う背景には、インターネット上におけるユーザーの消費行動の変化とプライバシーによる広告の配信制限が大きく関わっています。

今や誰もがスマートフォンやパソコンを使って、インターネット上で買い物ができるようになったことで、ユーザーの消費行動が大きく変化しております。例えば気になる商品を見つけた時、 Google の検索窓から商品名を検索するだけでなく、 YouTube で気になる商品の動画レビューを観たり、ショッピング広告で商品を探したりなど、ユーザーはあらゆるプラットフォームを行き来しながら購入まで進んでいきます。
そのため、検索キャンペーンのみの広告配信では、どうしてもユーザーの取りこぼしが発生してしまいます。
下図の緑色で表した箇所のように、検索キャンペーンでは CV に至らず、途中でサイトから離脱してしまうユーザーが発生するため、離脱したユーザーへの再アプローチが難しくなります。

0e83aef06eaeaac44605c11bece11752

プライバシーの観点では、Google が「 Chrome 」におけるサードパーティ Cookie のサポートを2年以内に廃止する計画を発表した(※)ように、近年の個人情報保護の観点から、リマーケティングといった 3rd Party データを活用した配信が難しくなることが予想されます。これまで主流だったリマーケティングが活用できなくなり、今後どのような手法でユーザーにアプローチできるかが問われます。

(※参考記事:Google の脱 Cookie に向けたプライバシーサンドボックスについてご紹介!

そのため、検索キャンペーンでは網羅できないユーザーへの再アプローチと、リマーケティングに代わる新たなアプローチの観点から、 VAC とファインドキャンペーンを組み合わせた配信が効果的となります。

VAC とファインドキャンペーンを組み合わせることで、 YouTube 、 YouTube Home Feed や Discover 、 Gmail などより多くの配信面に広告を配信することができます。
検索キャンペーンを含めた幅広いプラットフォームに広告を配信することで、プラットフォームを行き来するユーザーへのアプローチの頻度が高くなります。

一覧

リマーケティングに代わるアプローチ手法として、カスタムオーディエンスが活用できます。
YouTube におけるカスタムオーディエンスは、特定のキーワードを設定することで、そのキーワードで検索を行ったユーザーに対して動画広告を配信するターゲティング手法です。

従来のリマーケティングでは、ランディングページを訪問したユーザーの Cookie データを活用しておりましたが、カスタムオーディエンスでは検索キーワードを指定して広告を配信します。
そのため Cookie データを使うことなく、 Google の1st Party データでユーザーにアプローチすることができるため、Cookie の利用制限を受けることなく広告を配信できます。
配信面の追加とカスタムオーディエンスの活用によって、検索キャンペーンで離脱したユーザーに別のプラットフォーム上でアプローチすることができるため、ユーザーの取りこぼしを防ぐことができます。

このように、 VAC とファインドキャンペーンを組み合わせることで、広告アカウント全体の成果の向上や改善につなげることができます。

 

動画アクションキャンペーン( VAC )の導入手順

それでは VAC の導入手順についてご紹介いたします。

導入手順

(1)キャンペーン作成画面で「販売促進」「見込み顧客の獲得」「ウェブサイトのトラフィック」のいずれかのキャンペーン目標を選択します。
目標設定

 

(2)キャンペーンタイプで「動画」を選択すると、サブタイプが自動的に「コンバージョンの促進」となります。
動画選択

 

(3)キャンペーン名、入札戦略、予算設定などキャンペーンの設定を行います。

入札戦略は「目標コンバージョン単価」「コンバージョンの最大化」のいずれかを選択します。

キャンペーン設定

 

(4)広告グループの作成画面で、「広告グループの種類」から「レスポンシブ」を選択します。
広告グループ作成

 

(5) 広告の設定画面でYouTubeに予めアップロードした動画URLを貼り付けて、広告の設定を行います。
動画設定

 

おわりに

本エントリでは、 YouTube 広告の動画アクションキャンペーン( VAC )についてご紹介いたしました。

VAC 活用することで、よりコンバージョンを促進させる動画広告を配信することができ、さらにファインドキャンペーンを組み合わせることで、様々なプラットフォームでユーザーにアプローチをかけ、広告のリーチを確保しながら成果の獲得が期待できます。まだ VAC を活用したことがないという方は、この機会にぜひご活用ください。

なお今回ご紹介した VAC は、以下の動画でもご紹介しておりますので、ぜひご参照くださいませ。

【YouTube広告基礎④】新リリース!YouTube広告の動画アクションキャンペーン(VAC)の特徴は?(4/5)



当社では YouTube 広告をはじめ、動画広告やリスティング広告の運用代行を承っております。
当社は Google Premier Partner Awards 2019において、当社の実績が認められ動画部門で最優秀賞をいただいております。
動画広告の運用代行についてご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

▼動画広告のお問い合わせはこちら
01afd16b56ab4fd90dd0e9b33e472216

▼ グラッドキューブの実績はこちら
グラッドキューブの実績はこちら

アカウント無料診断
Popup-Banner_728x90

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×