【直撃!グラッドキューブ】Sanshiro Yamaguchi

ブログ

BLOG

【直撃!グラッドキューブ】Sanshiro Yamaguchi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_s-yamaguchi (1)

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ビジネスサポート部 採用担当の向井です。
グラッドキューブの社員紹介をする『直撃!グラッドキューブ』、今回はプロモーション統括本部 SPAIA 事業部の山口 三四郎さんにインタビューを行いました。
今までの経験を活かし、更に技術を向上させたいと思いグラッドキューブに入社した山口さん。入社後は動画に関する業務に多く携わり、ユーザーの心を動かす動画作りに励まれています。入社までの経緯やグラッドキューブの良さ、現状のことを話して頂きました。

 

①入社するまでの経緯

大学卒業後、放送業界に携わる制作会社に入社しました。そこでディレクション業務を行っており、番組企画に携わっておりました。具体的には、番組の企画立案するところから始まり、制作・編集の指揮や指示、進行を取り仕切る業務です。
ディレクション業務はとてもやりがいがあったのですが、様々な業務の中で特にやりがいを感じたのが、動画に携わることでした。業務の一環で編集作業を任せてもらうことが多くあり、自身が目指したい姿は、格好いい動画作成や編集で、ユーザーの心を動かせるような動画のエキスパートになりたいと気付きました。その気付きが転職のきっかけでした。

転職活動を始めるにあたり、私が大事にしたい転職軸は何だろうと考えたところ
「動画クリエイターとして、今までの動画編集スキルが活かせる」
「個人に成長する機会を与えてくれる企業」この2つでした。

自身の転職軸に当てはまると感じたグラッドキューブの面接を受け、社員の方々の意識の高さや若い人が挑戦できる機会があること、自分が目指したい姿を叶えられる場所だと面接を通じて知ることが出来、入社に至りました。

20211222034717

 

②日々の業務を教えて下さい

大きく分けて「動画クリエイター」「デザイナー」の2つの業務です。
例えば動画編集でしたら、 YouTube の SPAIA チャンネルの動画編集を毎週2本、そのサムネイル制作も自身で行っております。
デザイン面では、前職でイラストレーターを使用したデザイン制作に携わっていた経験から、 SPAIA に掲載する記事で使用するインフォグラフィックデザインを任せてもらっています。

動画に関しては、鮮度が大事なのでスピード感をもって業務を進めることを大事にしています。
デザイン面では例えば、どういったサムネイルがユーザーの目に留まるか、動画再生に繋がるかを意識しています。インフォグラフィック制作に関しても、情報が簡潔にまとめられていて一目で伝えたいことが伝わるか、興味を持ってもらい記事閲覧に繋がるデザインはどんなデザインなのか、常にユーザー目線を意識しています。

 

③GCの特徴はなんですか

グラッドキューブの特徴は、スピード感を大事にしているプロ意識が高い社員が多いことです。

例えば SPAIA 競馬のチームでは、毎日の朝礼時に前日の新規顧客獲得率や解約率の数字を全員で確認します。
その場ですぐに顧客動向や原因追及、それに対してのアクションを全員で会話することで
改善すべき部分にすぐに着手し取り組むことが出来ます。まさにプロ意識が高い社員が集まっているからこそ出来る、スピード感がある行動だと思います。
私自身も常日頃から、流行っている動画の傾向やサムネイルの研究、よく見られている動画やデザインの勉強をしながら、すぐに自社のクリエイティブにも取り入れ、動画からの新規顧客獲得に力を入れています。

実は私が日々のスピード感やプロ意識を意識しだしたのは、入社してからです。
代表取締役 CEO 金島弘樹が、毎月実施する全社員参加の全体会議で「時間の使い方」の話をされていました。話の内容としては「時間をどう使うかによって、技術面や自分自身の進化のスピードや度合いは断然に変わってくる」というものでした。併せて、自身が携わっている社員の方々が実際にプロ意識高く働いているのを目の当たりにしたことで、自分の行動がおのずと変わってきました。

時間の使い方や、プロ意識を全員で体現していることが、グラッドキューブの特徴です。

 

④印象に残っているエピソード

印象に残っているエピソードは、入社して半年頃「大きな成長機会を与えてもらった」ことです。

内容としましては、秋競馬がはじまるので LP に使用する動画制作でした。
秋競馬は1年に1度の大きなイベントでもあり、力を入れて制作に取り組みました。
完成後、社内から好評を頂いた結果、本来 LP 用で使用するはずだった動画を
YouTube に単体でもアップしてもらうことができました。
その際も、視聴者の方からも好評な声を頂くことが出来たのは本当に嬉しかったです。

私がそのプロジェクトに参加できたのは、上司の推薦があったからだと後ほど聞く機会がありました。
グラッドキューブはまさに「個人に成長する機会を与えてくれる企業企業」だと、再認識した瞬間でした。

DSC06429

 

⑤読んでいる方へのメッセージ

グラッドキューブには、やりたいことにチャレンジできる環境があります。
何事にも真剣にプロ意識をもっている人が多い中で、自分も成長したいと思える方は、グラッドキューブのマインドに合っていると思います。

やりがいを見つけ成長したいと考え、チャレンジ精神がある方は、是非グラッドキューブで挑戦してみてはいかがでしょうか。
本記事が、その後押しになれば幸いです。

 

=============================
下記サイトよりお気軽にお問い合わせください。
引き続き、たくさんのご応募お待ちしております。

▼新卒採用
採用_画像

▼中途採用
採用_画像2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行 GladCube TV 毎週更新中!

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×