【直撃!グラッドキューブ】Yuki Kaneshima

ブログ

BLOG

【直撃!グラッドキューブ】Yuki Kaneshima

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ 広報・PR 担当の坪根です。
グラッドキューブの社員紹介をする『直撃!グラッドキューブ』では今回、創業まもない入社当初からグラッドキューブの売上に多大なる貢献を行い2022年4月より取締役に就任した「金島 由樹さん」に話を聞いてみました。

取締役就任、おめでとうございます。率直ないまのお気持ちを聞かせていただけますか?

自分の役割を全うしてきた結果、会社の成長と共に取締役に就任できたことを嬉しく思っています。創業まもない入社当時は、ここまで市場が大きく変化していくと予測していないこともありました。変化にあわせて柔軟に事業を創り、常にお客様のためにスピード感を持って動いていくことをモットーに走り続けたと自負しており、その結果がキャリアアップにつながったのだと感じています。規模が大きくなっても理念が変わらないグラッドキューブで働けることを誇りに思っています。

20220104-DSC_7054

様々な経験を経て役員になられましたが、改めて「グラッドキューブの魅力」とはなんですか?

グラッドキューブの魅力は、未完成なところだと思います。形骸化された仕組みやルールオペレーションなどなく、常に時代にあったより良い方法を役職内で話し合いを行い模索し、時には今あるものを壊し新しく作り上げています。
また、素直な人が多いのも魅力の一つです。 GCWAY (10項目のバリュー)の「毎日新しい発見を」にもありますが、自分に過信することなく素直な心、謙虚な姿勢で物事に向き合い、日々の新しい発見に気づく力を持っている仲間が多いということです。色々な人を見てきましたが、素直な人ほど圧倒的に成長スピードが早いと感じます。

社内外の取締役を目指している若手のビジネスマンに、ご経験からひとつ伝授するとしたら何を伝えますか?

自分の経験からひとつお伝えするとしたら、お客様や仲間・会社のために働き結果をだせば自ずとキャリアは後からついてくるということです。働く上でキャリアを上げたいという欲求はもちろんあると思います。ですが、それでは矢印が自分にしか向いていないと私は考えています。自社の若手メンバーにも「ベクトルを自分に向けるのではなく、お客様の為に仲間の為に働くからこそ自身が成長することができ、それが会社の成長へとつながる」ということをいつも伝えています。

profile_kaneshima_yuki

取締役就任後、最初の1年目はどのような動き、取り組みをしようとお考えですか?

早々に今のマネージャーやシニアマネージャーにキャリアアップしてもらいたいと考えています。どうすればそれが実現できるのか、着実にキャリアアップしてきた自分がロールモデルとして社員に伝えていくことを目標のひとつに取り組んでいきます。あわせて引き続きになりますが、仲間や取引先の皆様に助けられながらも事業を伸ばすことで、期待に応えられるよう動いていこうと考えております。

=============================

自分の役割を全うし成果を出し続けることで、キャリアアップが叶う環境に身を置きチャレンジしたいと考える、更なる成長を求めている方は、是非グラッドキューブで挑戦してみてはいかがでしょうか。
本記事が、その後押しになれば幸いです。

下記サイトよりお気軽にお問い合わせください。
引き続き、たくさんのご応募お待ちしております。

▼新卒採用
採用_画像

▼中途採用
採用_画像2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行 GladCube TV 毎週更新中!

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×