【直撃!グラッドキューブ】座談会:2021年新卒

ブログ

BLOG

【直撃!グラッドキューブ】座談会:2021年新卒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ 広報・PR 担当の坪根です。
グラッドキューブの社員紹介をする『直撃!グラッドキューブ』、今回は、21新卒としてグラッドキューブに入社した3名「高井 咲里さん」「西川 諒さん」「安田 美咲さん」に、入社して1年経った現在のお話を聞いてみました。

img-fresh2021

グラッドキューブを選んだ理由をお聞かせください。

高井さん:私は学生時代、自分で考えたことをカタチにすることができ、人に喜んでもらえる「誰かのためになる仕事」がしたいと考えていました。私の中でそれが出来るのは、広告代理店でした。加えて、大学がスポーツ健康科学部だったので、何らかの形でスポーツに関われる企業が良いと思っていました。就活を始めてグラッドキューブを知り、広告代理店でありながらスポーツメディア「SPAIA」を運営をされていて、私の考える働きたい企業軸にピッタリだと感じました。その後インターンに参加し、社員の方々の人柄や仕事に対する姿勢を見て、自分もグラッドキューブで働きたいと強く思ったのが入社した理由です。

西川さん:まず私が広告代理店を選んだのは、色んな業種や職種に関わりたい思いが強かったからです。毎日同じことをするのではなく、日々いろいろな経験が出来る仕事がしたいと思っており、広告代理店であれば他業種や他職種を知ることが出来ると考えていました。その中でもグラッドキューブを選んだ理由は、新卒採用の LP をみて「一緒にメガベンチャーにしましょう」という弘樹さんの言葉に感銘を受けたからです。自分の成長が企業を大きくすることに貢献できる、ベンチャー企業で働きたいと思いました。あわせて、グラッドキューブは他企業と比べて取り扱っている広告の種類が多く、色々な経験をしたいという自分の希望が叶うと思い、入社に至りました。

安田さん:私は、大学で映像制作を学びました。当時は自分の作りたいものだけを作れたら良いと思っていましたが、段々と「作ったものを外に発信してみたい」「求めている人や企業に届けたい」と思うようになりました。就職活動を始める頃には、自分の考えやアイデアを提案し、作るだけでなく適切な場所に届けることが出来る業種を軸に考えていました。色々な業種を調べるうちに、広告代理店に興味を持ちました。グラッドキューブのインターンでは、業務を教えてくださったり面倒をみてくださるのが新卒1年目の先輩達でした。若手でも、採用に関わったり裁量を持てる社風に惹かれて、入社したいと思いました。

IMG_4746

インターンから内定までを振り返って、いかがでしたか?

西川さん:私たちの世代は、コロナ禍において就職活動がはじまった最初の年でした。先がどうなるか分からないそんな時期だったので、新卒採用をしなくなった企業があったり、内定取消が続出したりと、大変な時期での就職活動でした。そんな環境の中、インターンを経験させてもらえたことは本当に貴重な体験をさせていただいたと思っています。

安田さん:学生からすると、志望している業界の分析はしていても実際の業務は想像でしかありません。イメージだけで入社してしまうと、入社後の GAP に繋がることが多いと思いますが、グラッドキューブのインターンでは、広告の文章をつくる・改善案を考えるなど実際の業務内容を体験することができました。実際に働くイメージがついたことで、入社意思が明確になりました。

高井さん:グラッドキューブではインターン終了後、将来のビジョンやなりたい姿など想いをぶつけるプレゼンテーションを役員・役職者の前で行います。最終プレゼンの話は、インターン時代から先輩に聞いていましたが、想像以上に緊張し手が震えました。ですが、グラッドキューブで働くことへの自分の意気込みや覚悟を伝える場を与えてくださったことに感謝しています。

安田さん:頑張って自分の意思を伝えたからこそ、内定を貰った時は涙が出るほど嬉しかったです。

IMG_4663

先輩との関係性はいかがでしょうか?どんなことを教わりましたか?

安田さん:私のチームには、トーク力を強みにしている先輩やお客さんに刺さる提案力をもっている先輩、様々な強みをもっている先輩がいます。案件毎にペアになる先輩が違うので、それぞれの強みを学ぶチャンスがあります。質問や相談にも親身にのってくださり、日々たくさんのことを教わっています。

高井さん:業務において、自身の意見をしっかりと伝えることが大事だということを学びました。意見を言わない限り相手にはなにも伝わりません。たとえ自分の考えを伝えそれが間違っていたとしても、的確なフィードバックとフォローをしてくださり、他の場面ではその事例を引っ張らないという先輩の動きをみて、安心して意欲的に意見を伝えることが出来るようになりました。そういった行動の繰り返しで、信頼関係を築くことが出来ました。私も後輩が入ってきた際には、行動のお手本にしたいと思っています。

西川さん:社会人になるにあたって、テレビでみるような厳しい上下関係を想像していましたが、グラッドキューブは違いました。聞きたいことがあれば気軽に聞くことが出来、それを嫌がる先輩も居ません。もちろん厳しく叱っていただくこともありますが、「礼儀礼節」が浸透している社風だからこそ、風通しの良い上下関係ができているのだと思います。

グラッドキューブで働いて「自分、変わったな」と思うプラスの変化はありますか?

西川さん:私の場合は、数字と先読み力がついたことです。インターン時代は、売上など数字に関してはそこまで深く見ておらず、目の前のことだけをしていましたが、入社後は「売上をあげるためにはどうすれば良いか」を考えるようになりました。それに付随して、どういったアクションをすれば結果がどうなるかを先読みし、逆算して考える力が自然とついてきました。

IMG_4673

高井さん:私はコミュニケーションの取り方の変化に気づきました。社会人になり、報連相の大事さや自分の動きの共有、話す順番もロジック立てて根拠をもって伝えるようになったりと、コミュニケーションの取り方や質が変わったのがプラスの変化です。

安田さん:グラッドキューブで働いてから、業務の優先順位をつけたり効率化するなど、時間を有効活用できるようになりました。プライベートでも時間を効率的に使わないと勿体ないと思うようになり、本を読む時間やインプットの時間を確保したり、もちろんリフレッシュの時間をとったりと、時間の使い方がうまくなったと思います。

今後の目標・キャリアについて教えてください。

安田さん:私は、提案力を高めることを目標としています。1年目は各広告媒体の仕様を覚え調整していくので精一杯でしたが、今後はお客様に寄り添った話し方や、広告の成果が良かった時にはプラスの提案をするなど、お客様の心をつかめるような力を身に着けたいと思っています。

西川さん:私の目標はチーム・会社の売り上げをあげていくことです。自身のやりがいは「西川さんに頼んでよかった」と言ってもらえることなので、これからも関わるお客様に貢献し売上をあげ、グラッドキューブの成長に繋げていくことを目標としています。今後のキャリアとしては、チームを見たり後輩を成長させてあげれる立場に立つなど、マネジメントに携わりたいと考えています。

高井さん:この1年は、運用力の向上と新卒の教育が目標です。お客様の貢献に繋がる、成果に繋がる運用力をつけることが1つ目の目標です。2つ目の目標は、今すぐ会社のために出来ることは新卒の教育だと考えており、自分が教えてもらったことを次の世代に教え、会社の戦力になる人材に育てます。今後のキャリアは正直明確には決まっておりませんが、会社にとってお客様にとって、どう行動すれば1番貢献できるか探りながら探していきます。

IMG_4658

就活生にむけてメッセージをお願いします。

高井さん:自分に合ってると思う会社を探してください。自分のやりたいことが出来る、目標達成ができる、自分が働きやすいと思える企業を見つけるのが良いと思います。インターンに参加したり、直接話す機会や質問する機会を自らどんどん作り、合う企業を選んで欲しいです。

安田さん:自己分析や振り返りを行うことで、弱み克服のために何をすべきか強みを生かすためにどうすべきかが見えてくるはずです。なので、自分に合う企業を探すための自己分析を続けてください。そうすることで自分の視野や強みを伸ばせる企業がきっと見つかるはずです。常に分析し続けて欲しいです。

西川さん:妥協しないでください。企業は思っているより沢山の数があります。自己分析していくと、自分のやりたいことや向いていることが見つかり、それに合う企業もきっと見つかります。落ちても落ち込まず、企業と合わなかっただけと思うことも大事です。「妥協・限定・満足」をせず、就職活動してほしいと思います。

=============================

今まさに就職活動をされている学生の方に、グラッドキューブの新卒社員が感じたこと・感じていることが伝わり、
本記事が、企業選びの参考になれば幸いです。

下記サイトよりお気軽にお問い合わせください。
引き続き、たくさんのご応募お待ちしております。

▼新卒採用
採用_画像

▼中途採用
採用_画像2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行 GladCube TV 毎週更新中!

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×