【直撃!グラッドキューブ】Hirokuni Kimura

ブログ

BLOG

【直撃!グラッドキューブ】Hirokuni Kimura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ 広報・PR 担当の坪根です。
グラッドキューブの社員紹介をする『直撃!グラッドキューブ』、今回はリーダーポジションを担いながらも、クライアント貢献のため事業会社で常駐派遣として就業中のプロモーション統括本部 マーケティングソリューション事業部「木村 廣国さん」に話を聞いてみました。

グラッドキューブに入社された経緯・理由を教えてください。

私は前職、営業代行として人材・飲食系の媒体掲載枠などの販売をメインに従事しておりました。
転職のきっかけは、前職の業務を通してクライアントの役に立てる人材になりたいと思ったこと、業界を変えてデジタルマーケティングの世界で新たな挑戦がしたいと考えたからです。
その中でグラッドキューブを選んだ理由は、代表取締役 CEO の金島が考えているスケールの大きさに惹かれ、また選考を通して「未経験でもチャレンジできる環境」と「プロ意識が高い社員の方と一緒に働ける環境」があると感じ、入社いたしました。

現在、クライアント貢献のため大手企業へ常駐派遣として就業されておりますが、その環境下で得られた経験とスキルを教えてください。

現在は事業会社で、デジタルマーケティングをメインに事業目的を達成するために就業しております。事業側に来て、サービスローンチや販売数を最大化するため、広告の配信設計・ LP 作成・フォーム改修・ MA 配信・オウンド施策など多くの業務を実施してきました。

以前は代理店としてグラッドキューブから提案・報告会を実施する側でしたが、いまは提案・報告を聞く側になりました。これは事業会社で就業しているからこそ、出来た経験の1つです。そのおかげで、代理店の視点と事業会社の視点の両方をもつことができました。また、事業がどのように成長していくのか、マーケティングがどうあるべきなのかを常に考えるようになり、マクロの視点・ミクロの視点で多くを考えるようになったのも、自身の大きな成長だなと感じています。

着任当初は、組織文化の違いや情報の幅の広さに戸惑うこともありましたが、本当に多くの経験をさせていただき感謝しかございません。抜擢してくださったグラッドキューブの役員、役職者、日々業務を一緒にしてきた方々から、多くの成長機会をいただいたおかげだと思っております。

profile_kimura

客観的になれたからこそ気付いた、グラッドキューブに対しての新たな発見があれば教えてください。

意思決定力・スピードという部分で、他にはない圧倒的な速さがグラッドキューブにあると気付きました。実際、事業会社の社員からレスポンスの速さに驚かれたこともあります。今期のテーマである「やるか、今すぐやるか」を、代表取締役 CEO 金島が自ら率先して体現し、社員もそれに倣っているからだと思います。スピードの速さは信頼関係に繋がり、それが企業成長にも繋がっていると感じます。

また、会社が大きくなればなるほど縦で分業する会社や定められた範囲でしか仕事ができない環境の会社が多いと思いますが、グラッドキューブは成長し続けている今でも、自ら手をあげることができ、提案が通ればチャレンジできる環境があります。

新たな発見というよりは、この2点が改めて気付いたグラッドキューブの強みです。

リーダーとして心がけていることをお聞かせください。

まず私が「リーダー公募」にチャレンジしたのは、2つ理由があります。
1つ目は情報連携を強化して売上を作ることにコミットできる環境を作りたいと思ったからです。事業会社に常駐した初期の話しですが、業務フローが固まっておらず、ロケーションや業務内容が違う理由でなかなか上長に相談、報告がしづらいことがありました。どうしていいかわからず悩んでいたときに「今後、自分と同じような派遣メンバーが増えた時に同じことを感じさせないようにしよう。そのために自分自身がリーダーとなって求めている環境をつくろう。」と思ったからです。

2つ目は入社当初から「リーダーになります!」と宣言しており、会社貢献のためにリーダーを目指すタイミングが来たと感じたからです。

リーダーになった今、メンバーがどういう仕事をしてどう成長しているか、常に意識するようにしています。事業会社に常駐するということは、メンバー自身がグラッドキューブのブランドバリューを背負っていると考えており、就業先で価値貢献し結果を残すことが、グラッドキューブの評判に繋がります。

IMG_4216

今後の意気込みや、目標を教えてください。

今後の意気込みとしては、何事にもチャレンジし続け、マルチに活躍できるマーケターとして成長していくことです。
まず自身が挑戦することでメンバーの成長機会を作り、環境構築をしていきたいと考えております。「仕事の報酬は仕事」という話があると思うのですが、できる幅を広げ成長した結果、新しいポジション・新しい仕事が増えると思います。会社を大きくする観点でも個人のマインド・こだわりや成長が非常に大切だと考えているので、引き続き新しいことにチャレンジしていくことを意識して頑張ります。
=============================

自身の成長に繋がるような、様々な挑戦や経験を積みたいと考えている意欲的な方は、是非グラッドキューブで挑戦してみてはいかがでしょうか。
本記事が、その後押しになれば幸いです。

下記サイトよりお気軽にお問い合わせください。
引き続き、たくさんのご応募お待ちしております。

▼新卒採用
採用_画像

▼中途採用
採用_画像2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行 GladCube TV 毎週更新中!

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×