iPhoneアプリまとめ ビジネスシーンで活用できるおすすめ無料アプリ10選

グラッドキューブ BLOG

iPhoneアプリまとめ ビジネスシーンで活用できるおすすめ無料アプリ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




スマートフォン普及の火付け役となった
iPhone3Gが日本で発売されたのが2008年。

そこから5年経った2013年5月現在、
日本では携帯所有者のうち、
実に4割がスマートフォンユーザーになりました。

株式会社MM総研は
「スマートフォン契約数の推移・予測」で、
2014年3月末にはシェアが48%と
全体の約半数になるというデータを出しています。

(参照URL:http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=01012013032850)



メーカー別出荷台数シェアは、
2012年度初めてアップルが首位を獲得しました。

(参照URL:http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK09034_Z00C13A5000000/)



OS別出荷台数シェアは、
Androidが63.9%で首位となっていますが、
iOSも前年度5.9ポイント増の35.9%と
盛り返してきています。



普及率が高まっている中で、
日常的なシーン以外に、
ビジネスシーンでもスマートフォンを
使う場面は増えてきています。

なぜなら、スマートフォンには、
ビジネスシーンで非常に「使える」
アプリが複数存在しているからです。


今回は、iPhoneの無料アプリに着目し、
ビジネスで活用できるおすすめアプリを
紹介して行きたいと思います。

全て無料のアプリですので、
ぜひ一度ダウンロードして使ってみてくださいね。



◆名刺管理アプリ

1.名刺管理アプリEight-つなげて育つ名刺帳

(参照URL:https://8card.net/)

このアプリを使うことで、
スマートフォンで名刺を撮影するだけで、
名刺を管理することができます。

オペレータが手作業で入力しますので、
非常に正確です。
かつ、何枚でも無料で対応しています。

また、電話やメールの連絡もワンタッチででき、
名刺から地図を表示して訪問先の場所を
その場で確認できます。



◆スケジュール管理・To Doタスク管理アプリ

2.i手帳 Lite

(参照URL:http://www.aesthology.jp/organizer/lite.htm)

通常のシンプルなカレンダーに、
メモ・マップ・写真・連絡先・音声メモなど
多彩な情報を追加することができます。

フォントや文字サイズ、色なども編集できますので、
重要な予定を目立たせることも簡単に出来ます。


3.Any.DO To-do list

(参照URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.anydo&hl=ja)

Any.DO To Doリストは、
非常にシンプルで見やすい画面というだけでなく、
ドラッグ&ドロップするだけでスケジュールを
調整することができます。

また、GoogleのPCサービスと連携することも出来るため、
ビジネスでGoogleのサービスを活用している方は
重宝するのではないでしょうか。


4.Lifebear -カレンダースケジュール、ToDoタスク、ノート、メモを1つの電子手帳に-

(参照URL:http://lifebear.com/)

このアプリを使うことで、
カレンダー・メモ・ToDoリストを
一言で管理することができるようになります。

iPhoneと同期しているGoogleカレンダーの
予定も同期させることができますので、
ぜひ一度使用してみて下さい。



◆メモアプリ

5.Note Anytime

(参照URL:http://product.metamoji.com/ja/anytime/)

Note Anytimeの最大の特徴は、
手書きでメモを作成できる点です。

何かアイデアを思いついたけれど、
時間がない!という時でも、
カンタンにメモすることができますし、
資料の修正点をメモしておくことも可能です。



◆情報収集アプリ

6.vingow

(参照URL:https://vingow.com/)

vingowは、自分の興味、関心に沿った
ニュースを自動で探し出してくれます。
自分の気に入ったタグをフォローするだけで、
あとは勝手に情報が収集できます。

気に入った記事は保存したり、
友人や同僚とSNSを使って共有することも
簡単に出来ます。


7.YOM(Reader)

(参照URL:https://itunes.apple.com/jp/app/yom-reader/id583467119?mt=8)

19種のカテゴリの記事を閲覧できますので、
非常に幅広い情報を収集できますし、
逆に自分の興味ある情報に絞って
収集することもできます。

また、メールやSNSとも連携可能ですので、
他人と共有することもできます。



◆ドキュメントビューア

8.GT-Document for Dropbox

(参照URL:http://fujifilm.jp/business/imaging/keitai_service/gt-document/promotion/api.html)

このアプリは、Dropboxと同期して、
Dropbox内のファイルを閲覧・修正することが
その場で出来るスグレモノです。

また、文書はセブン-イレブンで
印刷することも可能なので、
クライアント先に訪問途中であっても
資料の修正がスムーズに出来ます。



◆定番アプリ

9.Evernote

(参照URL:https://evernote.com/intl/jp/)

既にお使いの方も多いと思いますが、
Evernoteはファイルも画像もPDFも
何でも保存し、管理することができます。

管理可能や検索機能も優れており、
PCでもiPhoneでも非常に使い勝手が良いです。
また、関連アプリも充実していますので、
そちらも導入してみてはいかがでしょうか。


10.Dropbox

(参照URL:https://www.dropbox.com/iphoneapp)

Evernote同様、非常に有名なアプリですが、
やはり様々なファイルを保存、管理、共有できる
という優秀なアプリです。

PCで作成したファイルをiPhoneから確認できるなど、
外回りの多い方にも最適なアプリではないでしょうか。



いかがでしたでしょうか。

既にiPhoneに入れているアプリもあるかもしれませんが、
今回紹介したアプリは、どれも無料とは思えないほど
高性能なものばかりです。

名刺管理アプリを使うことで、
煩雑な紙での管理も防げますし、
スケジュールやTo Doタスク管理アプリは
仕事が忙しい方にとって、
うっかり忘れてしまうなんてことがなくなります。

メモアプリや情報収集アプリを入れていれば、
クライアントと話す際のネタに困りませんし、
外出中でもドキュメントを見れるビューアも
あって損はありません!



中でも、名刺管理アプリの
「名刺管理アプリEight-つなげて育つ名刺帳」
は特にビジネスマンの方にとって
一番オススメのアプリです。



その他のアプリも含めて、
iPhoneを使いこなしている方にも、
まだ使い始めたばかりの方にも、
満足して頂けるアプリですので、

ぜひダウンロードして、
積極的に活用してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン