ブログ

BLOG

 【SiTest 導入事例】ユーザビリティの良さと複数テストの同時進行により、サイトの検証回数が大きく増加

株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区 代表取締役 CEO 金島 弘樹 以下:グラッドキューブ)のウェブサイト解析・改善 SaaS「 SiTest(サイテスト)」はキューサイ株式会社(本社:福岡県福岡市 代表取締役社長:佐伯 澄)に同ツール提供し、2024年6月13日(木) に導入事例を公開いたしました。

事例紹介はこちらをご覧ください。
https://sitest.jp/blog/casestudy/?p=29433

キューサイ株式会社は、「まずーい、もう1杯」で昔からおなじみのケール青汁だけに留まらず、オールインワンジェルをはじめとしたコラリッチブランドに代表されるスキンケア商品、「ひざサポートコラーゲン」「ベースドコラーゲン」などコラーゲン食品などのヘルスケア商品を販売されています。

今後は、既存商品・サービスに留まらず、お客さまの生活習慣に寄り添いウェルエイジングを応援する商品・サービスの販売拡大を目指しておられます。

今回は、 SiTest 導入までの背景、導入によってどのような改善があったのか、そして今後どのように活用していこうとお考えなのかについて、担当者である立花様にお話しを伺いました。

-キューサイ株式会社 立花 様

■高いコストパフォーマンスと多機能な点に魅力を感じ導入

- SiTest 導入前の課題と導入の背景についてお聞かせください。
立花 様 弊社ではこれまで A/B テストの実施に Google オプティマイズを使用しておりました。しかし、2023年秋にサービスが終了することが発表されたため、新たなツールの選定が急務となりました。複数の代替ツールを検討しましたが、初期費用も運用コストも高く、多機能すぎるものが多かった中で、過去に一度ヒートマップツールとして導入実績のある SiTest が候補に挙がりました。

SiTest は、シンプルな導入方法、優れたコストパフォーマンス、そして複数のテストを同時に実施できる点が特に魅力的でした。さらに、ヒートマップやセッションリプレイなどの有用な機能も装備されているため、活用できれば多角的なサイト分析が可能となると考えました。これらの理由から SiTest の導入を最終的に決定しました。

■A/B テストの同時並走本数が従来に比べ増加

- SiTest 導入後に改善された点を教えてください。

立花 様  SiTest の導入から約半年が経過し、そのメリットを感じています。

特に、 A/B テストの同時並行本数が増加し、サイトの検証スピードが向上しています。

導入当初に比べツールへの理解も深まり、利用効率も改善しております。

今後更にスピード感を持ってテストを行うことができると感じています。

この進展は、 SiTest の高いユーザビリティが貢献していると感じます。

Google オプティマイズを使用していた頃と比較して、 SiTest はより直感的でわかりやすいため早い習得につながっています。

また数値データのリアルタイム確認が可能である点も、大きな利点として感じています。

現在は SiTest の機能をさらに活用し、 ECサイトの UI/UX を積極的に改善していく段階にあります。

今後は Googleアナリティクス 4(GA4)との連携も含め、さらなる活用の拡大を図っていく予定です。

SiTest を使った取り組みはまだ始まったばかりですが、その潜在能力を最大限に引き出し、より一層の成果を目指していきます。

■さらに活用を深め、分析から効果検証まで UI/UX 改善サイクルを確立したい

- SiTest を今後どのように活用していこうとお考えですか?
立花 様 SiTest 導入以降、 A/B テストの実施本数を増やすという初期の目標に向けて、徐々に前進しています。
テストのサイクル速度の向上にはまだ課題が残っていますが、分析や効果検証を含めた SiTest の機能を駆使することで、これらの課題も克服できると確信しています。
今後の具体的な目標としては、ターゲットを絞った A/B テストの実施と、 SiTest ならではの分析機能を活用し、より深いデータ分析を行うことです。
まだ使いこなせていない機能も多いですが、グラッドキューブ様のサポートもいただきながら、 SiTest を使った UI/UX 改善の業務サイクルの構築をいち早く固め、より効果的な運用を目指しています。

■高いコストパフォーマンスとユーザビリティでスムーズな導入につながる

- SiTest を検討中の方に向けてアドバイスをお願いします。
立花 様 A/B テストやヒートマップツールは世の中にたくさんありますが、ツールの使いやすさ、専任サポートを受けられる点で、SiTest はコストパフォーマンスが高いツールだと感じております。
ツールの導入は、主導する担当者だけでなく、委託先を含む多くのメンバーが容易に理解し、使いこなせることが重要です。
その活用度合いはユーザビリティによると考えておりますが、その点 SiTest は管理画面も見やすいため、「導入はしたものの使いづらいので放置されたまま」という状況が回避されるのではないかと思います。
A/B テストやヒートマップツールをお探しであれば、 SiTest を候補に加え、一度お問い合わせいただければと思います。

- この度は貴重なお話をありがとうございました。

キューサイ【公式】通販サイト | 青汁、コラリッチ、健康食品の通販
https://www.kyusai.co.jp/

■「 SiTest 」について

「 SiTest(サイテスト)」は、ヒートマップ・ A/B テスト・パーソナライズ・ EFO(入力フォーム最適化)・ポップアップ等、ウェブサイトの解析・改善に必要な機能が搭載されたオールインワンで搭載された国産の LPO ツールです。AI (人工知能)による解析データの集計レポートを出力することができ、解析から発見した課題点をすぐに A/B テスト機能やパーソナライズ機能を使って、ノーコードでウェブサイトの改善が実現できます。
サービスサイト:https://sitest.jp/

■キューサイ株式会社について

所在地 :福岡県福岡市中央区薬院1-1-1
代表者名:代表取締役社長 佐伯 澄
事業内容:ウェルエイジング商品の開発・販売
公式 HP :https://corporate.kyusai.co.jp/

■株式会社グラッドキューブ(証券コード:9561)について

当社のビジョンは「世界で一番、やさしく、つよく、おもろいテックカンパニー」です。
事業内容は、顧客のマーケティング活動を支援するプロモーション統括事業( AI を搭載しコンバージョン率を向上させるための LPO ツール「 SiTest 」等を展開する SaaS、インターネット広告運用代行)、そして企画提案型の受託開発や医療DX を提供するイノベーション統括事業です。データ解析力と開発力を強みとした幅広い事業を展開しています。

所在地 :大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8F
代表者名:代表取締役 CEO 金島 弘樹
事業内容:SaaS、広告運用代行、SPAIA の開発・運営、
     企画提案型の受託開発、医療DX 等
公式HP :https://corp.glad-cube.com/

SNSでもお役立ち情報をお届けします!

この記事を書いた人

Glad Cube

グラッドキューブ リレーションチーム

株式会社グラッドキューブのプレスリリースや最新ニュース、企業情報などをお届けします。

他の記事を読む

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
資料請求
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×