スタッフ紹介 プロモーション事業部 廣石高幸 | 株式会社グラッドキューブ

スタッフ紹介

Profile

大切なことはすべてお客様から
学ばせていただきました。

プロモーション事業部
広告チーム
廣石 高幸Takayuki Hiroishi

プロモーション事業部 広告チーム 廣石 高幸(ひろいし たかゆき)

自己紹介

私は、様々な経験を積める環境を求めて、ベンチャー企業を中心に就職活動をしていたところ、御縁に恵まれグラッドキューブに出会いました。
最初は「大阪本社のIT企業」という条件のもと、会社を探していましたが、他のIT企業とは明らかに異なり、遊び心を盛り込んだ採用ページに不思議と直感的に惹かれ、気づけばエントリーしていました。

実は、グラッドキューブに出会う前に内定をいただいていましたが、日に日に大きくなる自分の直感に嘘をつくことが出来ず、その直感を確かめるために恐る恐る面接に臨みました。
結果、良い意味で期待を裏切られ、競争が激しい中でも、礼儀礼節を重んじる組織風土に魅力を感じ、そして、社員たちのレベルに圧倒され、「ここで勝負したい」と強く思いました。
これが私がグラッドキューブで働きたいと決意した理由です。

晴れて正社員として入社した私は、我武者羅に仕事に打ち込むうちに気づけば中堅社員となり、指導して頂く立場から会社のビジョンやカルチャー、そして技術を伝えていく立場となりました。

入社当初は右も左も分からず、とにかく我武者羅に模索しながら走っていましたが、多くの成功・失敗経験の中で、学びになったことは2つあります。

1つ目は「お客様視点」の意識を持てるようになったことです。

なぜ、お客様はお問合せをして頂いているのか、グラッドキューブの人間として発揮するべき価値とは何なのか。
グラッドキューブでは有り難いことに、お客様の事業内容や規模を問わず、お客様折衝・広告運用できる環境にあります。
本当に達成すべきゴールはどこであるのかをご担当者様にヒアリングをさせて頂きながら決定していきます。
お客様がインターネット広告に打開策を見出し、グラッドキューブに対して期待を寄せていただいたからには期待値を上回る成果やご提案が大切であると学びました。

2つ目は、お客様のビジネスに対して収益最大化の観点から施策提案ができるようになったことです。

短期的な収益最大化は誰にでも出来ますが、LTVを最大化するために必要な中長期的な施策に基づいた提案を行う中で、お客様が求めている提案とは何であるのかを多くのお客様と接する中で学びました。
目先のCPAを目標にしていたのでは必ず縮小してしまい、お客様満足度を高めることは出来ません。

グラッドキューブに入社した私は上記2つの学びを得ました。
入社当時、まだまだ未熟だった当時の私を成長させてくれたのはお客様です。
お客様の悩みに耳を傾けて、収益最大化に向けて伴走できる人間であり続け、そして、期待値を上回る成果を達成するという気概を持ち全力で支援させて頂きます。

好きな言葉

進化の反対は停滞。

好きな音楽

Boyce Avenue - Find Me

趣味

子供と公園で遊ぶこと

保有資格

  • Yahoo! プロモーション広告 プロフェッショナル認定 ベーシック
  • Yahoo! プロモーション広告 プロフェッショナル認定 アドバンスト
  • Google Ads 認定資格証Google Ads認定資格証
  • Google Ads 動画広告の上級認定資格証Google Ads
    動画広告の上級認定資格証
  • Google Analytics Individual QualificationGoogle Analytics
    Individual Qualification