【リクルート情報】2019年新卒採用選考の取り組みについて

ブログ

BLOG

【リクルート情報】2019年新卒採用選考の取り組みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ 広報PRの山川です。
新卒採用市場において、IT業界では『第4次産業革命』ともいわれる急速な成長・規模拡大に伴い、人材戦略を策定する企業や、今後の将来性を見据え志望する学生が増加傾向にあります。
グラッドキューブ(以下:弊社)でも、2014年から本格的に新卒採用をはじめ、現状では広告チームの約半数が新卒入社のスタッフで占められています。

5月も終盤に差し掛かりましたが、弊社ではまだまだ新卒採用を行っています!

弊社の選考は、非常にユニークです。新卒採用説明会からインターン、最終プレゼンといった順序で、よくあるES(エントリーシート)選考はありません。そして内定者には、卒業するまでの間、アルバイトとして働いていただき、さっそく様々な企画に携わっていただきます。
他社と違う独自の選考方法であることから、お話をすると興味をもっていただく機会も多いので、今回はブログでご紹介いたします。
少しでもご参考になれば幸いです。

 


 

0.初めに

弊社では、エントリーシートのみでの選考は実施しておりません。この理由は、業務を円滑に進めるため、お客様のご要望にお応えするためには、一緒に働く“仲間”が非常に重要な要素であるという考えに基づいています。

 

1.新卒説明会
まずは企業概要「グラッドキューブってどんな会社?」から始まり、各事業内容や企業風土のご説明、1年先輩の新卒入社社員が企画したワークショップ、代表取締役CEOの金島からのお話等で説明会が進みます。

 

2.説明会後のグループ面接
希望者は全員面接いたします。現場のスタッフが面接官として担当し、対面でお話させていただきます。気張らずにリラックスした面接を心がけ、お互いを知る時間と位置づけています。

 

3.インターン
「え!?この時期に、このタイミングで!?」という意見を多くいただきますが、「働いてみたら思っていたのと違かった」というミスマッチを防ぐため、グループ面接通過者に対し、選考の一環として取り組んでいます。
しかし、私達はこのインターンが“就活のため”となっては、全く意味がないと考えています。
実際に働いているスタッフとコミュニケーションをとり、ありのままの雰囲気を肌で感じていただくことで、当社へ入社した自身のイメージや取り組んでみたいこと等、将来を想像するだけで胸が高鳴るようなプログラムを実施しています。

IMG_6996

 

IMG_7034
※座談会風景

 

4.最終プレゼン
説明会からインターンを通し実際に肌で感じていただいた経験から、弊社がご用意したテーマに沿って役員・各事業部やチームの役職者の約20名以上の前で、パワーポイントを用いてプレゼンを行っていただきます。この文章を読んでいただくだけで、緊張感が伝わるかもしれません。実際に「緊張しすぎて前の夜は眠れませんでした」という学生の声もよく耳にします。
ですが、一企業の役員や役職者の前でプレゼンにチャレンジできることは、それだけでとても意味があるものです。そしてプレゼンを経験した学生からは、「短い時間で得られるものが非常に多かった」「経営者、マネージャー陣からのフィードバックを聞くことで、物事の考え方や人生設計などにも参考になった」等、大変ご好評いただいています。


 

いかがでしたでしょうか?
弊社では、少し変わった選考スタイルを採用していますが、毎年参加いただいた学生さんから「非常にいい経験になった」等たくさんのポジティブな感想をいただいています。

弊社は、事業部の垣根を越えてのコミュニケーションも非常に活発です。
今後さらなる発展を遂げるため、一丸となって業務に取り組んでいます。
そして、それを担うのは次の世代を支える学生のみなさんの力です!

ご興味を持っていただけた方は、下記サイトよりお気軽にお問い合わせください。
たくさんのご応募、お待ちしております。

・2019年新卒採用サイト:https://www.glad-cube.com/recruit/fresh-2019/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×