Twitter広告:カンバセーショナルカードとインスタントアンロックカードとは?

グラッドキューブ BLOG

Twitter広告:カンバセーショナルカードとインスタントアンロックカードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の佐々木です。

Twitterが2016年1月より一部の広告主に提供していた広告フォーマットの「カンバセーショナルカード」が、2016年8月4日よりすべての広告主が利用できるようになったことを発表しました。
日本語では「会話型カード」とも呼ばれています。
それと同時に、「インスタントアンロックカード」もあわせて提供開始されました。

今回は、この2つについてご紹介したいと思います。

カンバセーショナルカード(会話型カード)とは

twitter_ads
カンバセーショナルカードとは、ハッシュタグを入れ込んだコールトゥアクションボタン(CTAボタン)が使えるプロモーション用の広告カードです。
下記イメージのように、ユーザーがCTAボタンをタップすると、あらかじめ広告主が指定したハッシュタグとメッセージがツイート本文に表示され、ユーザーがそのままツイートできるという仕組みです。
2_7

ここまでなら、”ハッシュタグ入りのボタンがついた広告” でとどまりそうですが、何が会話型なのかというと、その後のプロセスにあります。
3_5
ユーザーがCTAボタンを押してツイートした後に、上記の図のように「ありがとうメッセージ」など、広告主が指定したメッセージをユーザーに表示させることができます。
広告主側とアクションを起こしたユーザーとのやり取りが短いながらも成立するので、「会話型」と言われる理由になります。

4_3
また、ユーザーがツイートしたものは、広告主が設定した画像・動画付きでタイムラインに表示されます。
ユーザー間でこのツイートが広まれば広まるほど、費用対効果は高くなります。

インスタントアンロックカードとは

さらに、あわせて提供開始された「インスタントアンロックカード」は、カンバセーショナルカードと併用すると、さらにユーザーのツイートを促進させる効果を期待できるカードです。
ユーザーが見たくなるようなプレミアムコンテンツ(特典)を広告主が設定することができます。

ユーザーがプレミアムコンテンツを見るためには、カンバセーショナルカードのCTAボタンを押して、ツイートするだけなので、広告に関するより多くのポジティブな会話が広まるといいます。

【プレミアムコンテンツの例】
・商品のクーポンをゲット出来るリンク
・イベントのスペシャル動画配信
・名店の秘密レシピ紹介動画

など、ユーザーの興味を引くコンテンツを入れるイメージです。

カンバセーショナルカードとインスタントアンロックカード配信・表示の詳細

(広告主)ハッシュタグ付きのCTAボタンがついた広告を配信
 ↓
(ユーザー)CTAボタンをタップ 

 ↓ハッシュタグとメッセージつきのツイート本文画面が表示される

(ユーザー)ツイートする

 ↓ 画像・動画が入っているツイートがタイムラインに表示される

広告主が設定したメッセージを含むインスタントアンロックカードが表示される
 ↓
(ユーザー)インスタントアンロックカードのコンテンツをタップし、閲覧することができる

どのような効果があるのか

カンバセーショナルカードとインスタントアンロックカードを使った広告を活用すれば、以下のような効果が期待できます。

・ユーザーに広告をツイートしてもらう確率が高くなる
Twitter社によると、過去数ヶ月にわたり、一部の広告主にカンバセーショナルカードならびにインスタントアンロックカードのベータ版をテストした結果、カンバセーショナルカードを使った広告に100インプレッションがあった場合、アーンドツイート(リツイートなどで拡散されたツイート)を34件獲得することができたと発表されています。

Twitter上の広告は、消費者の行動にどれだけ影響しているのか

Twitterのタイムラインに流れる広告をみたユーザーは、実際にその広告をきっかけに商品・サービスを購入しているのでしょうか?
FOX社とDB5のリサーチによる資料Study: Exposure to brand Tweets drives consumers to take action – both on and off Twitterによると、Twitterの広告を見たユーザーがその後に何らかのポジティブなアクションを取っているという結果になったと発表しています。
dc94e66456059720ddf2da52e592e3de
9e7a75d547171d41373cf62e18732142
08a9d2697fe0fd6add990bda3a1afedb

また、広告主アカウントからの広告や、ツイートを見たユーザーのうち、45%の割合でリツイートなどのアクションを起こしており、ユーザー間で広告に関するやり取りが行われているということも判明しています。
さらに、ユーザーによるリツイートを見たユーザーの54%が何らかのアクションをとっていることも分かりました。
つまり、広告がユーザーの手によって広まれば広まるほど、ブランド認知も、費用対効果も上がることが想定できます。
Twitterのユーザーにとって「広告を見て終わり」ではないのです。

カンバセーショナルカードとインスタントアンロックカードを使用した広告は、ユーザーにとって以下のメリットが考えられます。

・ツイートするのが簡単
・特典がもらえる
・広告そのものがツイートされるため友達に情報共有しやすい

広告を拡散させるのに非常に効果的なこの2つのカードは、ユーザーにより大きなインパクトを与え、アクションを促すのに最適です。

さいごに

カンバセーショナルカードの広告を通してツイートしたユーザー数を把握し、拡散による広告のインプレッションとエンゲージメントがどれだけ獲得できたかを分析・改善を行えば、拡散性の強い広告を配信することができます。
CTAボタンで選択肢を用意した広告で、ユーザーの広告に対する印象や、求めている事、ファンの興味をそそるポイントなど情報収集していきましょう。

新しい広告を試してみない手はありません!グラッドキューブでも積極的に取り入れていく予定です。
グラッドキューブでは、Twitter広告をはじめ、ソーシャル広告の運用を承っております。サービス・商品に合わせて、最適なご提案をさせていただきますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン