企業の担当者必見!ソーシャルメディア時代のプロモーション「Facebookページ」と成功事例3選

グラッドキューブ BLOG

企業の担当者必見!ソーシャルメディア時代のプロモーション「Facebookページ」と成功事例3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
今やその名前を知らない人はいないと言われているほど、
「Facebook」は日本でも認知されています。

そのユーザー数は全世界で10億人を突破し、
日本でもFacebookを使用しているユーザーは
1,000万人を超えました。

そして、多くの企業が
多数のユーザーにリーチできるこのFacebookを、
プロモーションに活用しています。

 
今回は、「Facebookページ」を活用した
プロモーションの成功事例をいくつかご紹介致します。

記事の最後にはFacebookページの作成方法も記載しておりますので、
この記事を見てFacebookページに興味を持った方は、
ご自身でも試してみてください。

 
■そもそもFacebookページとは?

 
Facebookは基本的に個人で登録して使用しますが、
Facebookページを作成することで、
企業や商品・サービスなどの紹介や
プロモーションを行うことができます。

Facebookページでは、
ただ単に商品・サービスをPRできるだけでなく、
ページを訪問したユーザーにアンケートをとったり、
ユーザーとコミュニケーションをとったりすることも可能。

 
ページに「いいね!」を押してくれた
ユーザーのニュースフィードには
Facebookページの投稿が表示されるようになりますので、
そのユーザーが「シェア」をしてくれれば、
その友達にも情報が拡散されることになります。

PCだけでなく、スマートフォンでも
Facebookにアクセスできるため、
非常に多くのユーザーにアプローチでき、
プロモーション効果は非常に高いと言えるでしょう。

 
■ケース1:「Facebook経由、店舗行き」を実現したローソンの事例

参考URL:http://www.facebook.com/lawson.fanpage

2010年に公式Twitterを開設して以降、
ローソンは「あきこちゃん」という
キャラクターをユーザーに浸透させ、
口コミ効果を狙っています。

 
このローソンのFacebookページですが、
プロモーションで大きく成功した事例があります。

それは、「Facebookクーポン」を活用したことです。

 
「Facebookクーポン」は、
Facebookページから「クーポン入手」をクリックすることで、
クーポンがメール送付され、店頭で表示することで
割引サービスなどを受けることが可能です。

ローソンでは、
実に57万人以上のユーザーがクーポンを入手し、
そのうち14%に当たる8万人のユーザーが
実際に店頭で使用しました。

店頭で表示する必要が有るため、
来客数は増加しますし、来店したユーザーは
他の商品を購入することも期待できるため、
プロモーション効果は絶大だったと言えます。

ローソンはFacebookページを活用して
売上を伸ばした良い事例と言えるでしょう。

 
■ケース2:「動きをリアルタイムで感じられる」ページを作ったユニクロの事例

参考URL:http://www.facebook.com/uniqlo

ユニクロは、アジアを中心に
全世界11カ国でFacebookページを展開しています。

Facebookページでは様々なタブを展開しており、
「WORLD WIDE FANS」というタブでは、
全世界のファンの数がリアルタイムで変動していくなど、
面白いコンテンツになっています。

 
また、他にも「UNIQLO Now」というタブでは、
新商品を紹介したり、特集キャンペーンのページにリンクしたり、
「UNIQLOOKS」といった特設サイトとの連動も行っています。

参考URL:http://uniqlooks.uniqlo.com/

 
「UNIQLOOKS」は、
ユーザーが着こなし自慢できるコンテストを行っていて、
Facebookページ上でもコンテストの入賞者や
参加者の写真を見ることができます。

「こんな着こなしもありなんだ!」
という新たな発見があり、
Facebookページの写真を見て
実際に購入される方もいるでしょう。

ユニクロのFacebookページの特徴は、
このようにアクセスするたびにページに変化があり、
「動きを感じられる」点が挙げられます。

ふと見たFacebookで、「この服いいかも!」と思わせ、
ユーザーをユニクロに来店させる
仕掛けを用意しているということですね。

 
■ケース3:「広告っぽさ」をなくして反響を上げたチキンラーメンの事例

企業がFacebookページを作成する目的は、
当然売上アップであったり認知度アップであったりしますが、
だからといって商品やサービスの告知ばかりしていると、
ユーザーも嫌気がさしちゃいますよね。

そんなユーザー心理を読み取り、
「キャラクター」を活用することで成功したのが、
日清食品のチキンラーメンのFacebookページです。

参考URL:http://www.facebook.com/nissinchikinramen

 
チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」は、
皆さんも見たことはあると思います。

チキンラーメンのFacebookページでは、
この「ひよこちゃん」が投稿する形を取っています。

新商品の情報も投稿しつつ、
商品の告知で疲れて寝ちゃった
ひよこちゃんの写真をアップロードするなど、
「広告っぽさ」をなくしたことで
ユーザーの反響は大幅に上がっています。

このように、Faecbookページでは、
キャラクターを活用することでユーザーの心理的障壁を低くし、
商品やサービスの告知に対する
抵抗感を薄れさせるといったやり方もあります。

 

 

■自社や自社商品のFacebbokページを作ろう!

ここまで事例をご紹介して来ましたが、
Facebookページはどうやって作ればいいんだろう?
と気になった方もいらっしゃると思います。

実は、Facebookページの作成方法は
至って簡単です。

以下に手順を説明しますので、
これを参考にして頂きながらぜひ作ってみてください。

 
▼手順1:Facebookにアクセス

https://www.facebook.com/

上記のURLにアクセスし、ページの下部にある、
「著名人、バンド、ビジネスのためにfacebookページを作成」
というところをクリックしてください。

 
▼手順2:ブランドまたは製品を選択し、ページの作成を開始

右上の「ブランドまたは製品」のところをクリックすると、
カテゴリの選択とブランドまたは商品名の入力があります。

「Facebookページ規約に同意します」の
チェックボックスにチェックを付け
「スタート」を押してください。

 
▼手順3:Facebookアカウントを作成

Facebookアカウントをまだ持っていない方は、
アカウントを作成する必要があります。

画面の指示に従って、
必要項目を記入していってください。

既にアカウントをお持ちの方は、
「すでにfacebookアカウントをお持ちの方はこちら」を選択して、
Facebookにログインしてください。

 
▼手順4:プロフィール写真、基本データを入力

画面の指示に従って、
プロフィール写真、基本データを入力していきます。

ここで「スキップ」をクリックすると、
後で入力することもできます。

 
▼手順5:広告の有効化

Facebooページは、
Facebook広告を活用することで
ファンの数を増やすことができます。

Facebook広告を活用することを
考えていらっしゃるのであれば、
「広告の有効化」をクリックして
支払い方法を登録してください。

特に考えていないのであれば、
「スキップ」をクリックします。

なお、「スキップ」を選択して、
後で設定することも可能です。

 
これで作成は完了です。

まだユーザーに公開したくない、という方は、
公開設定を「非公開」にしておけば、
ユーザーから見られることはありません。

ページをしっかり作ってから、
「公開」に設定すれば大丈夫です。

非公開にする方法は、
Facebookページから「Facebookページの編集」を選択し、
「権限の管理」をクリックします。

一番上に「公開設定」がありますので、
そのチェックボックスにチェックをつければ、
Facebookページを非公開にできます。

 

 

■まとめ

いかがでしょうか?

今回ご紹介したFacebookページはどれも特徴があり、
成功する仕掛けを行っています。

Facebookページはただ作るだけでは
成果も生み出すのは難しいですが、
少し工夫をするだけでファンを増やせますし、
そこから売上を伸ばすことも可能です。

この記事を読んで、
「ちょっとやってみようかな・・・」と思われた方は、
ぜひ上でご紹介したFacebookページの作成方法を参考にして頂き、
一度作ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン