リターゲティング配信の精度を高めるコツ(ユーザーリスト編)

グラッドキューブ BLOG

リターゲティング配信の精度を高めるコツ(ユーザーリスト編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ

今回はリターゲティング配信の精度を更に高めて、収益最大化を図る設定方法について、リスティング・DSPチームの廣石(ひろいし)がご紹介させていただきます。
まず、リターゲティング配信を行う際に必須の設定となるものが「ユーザーリスト」になります。

ユーザーリストって何?

ユーザーリストとは、広告主のサイトに訪れたユーザーやそのユーザーの行動履歴と類似している行動履歴を持つユーザーのリストです。(引用:Yahoo!マーケティングソリューションヘルプ

ユーザーリストイメージ

このユーザーリストの「質」の違いがリターゲティング配信の成否を分けることになるので、
ユーザーリストの切り分け方が非常に重要となってきます。

誰でも簡単に設定・配信が可能ですので、既に配信されておられる広告主様も多いリターゲティング配信ですが、設定が簡単ゆえに非常に奥深く、細かい設定方法を知っているかいないかで雲泥の差となってしまうことがあります。今回は誰でも簡単にユーザーリストの精度を高めるための設定を1つご紹介いたします。

ユーザーリストを切り分けるメリット

前章までは操作手順の説明を行いましたが、
そもそもユーザーリストを切り分けるメリットについて考えてみたいと思います。

通常、ユーザーリストはタグが設置されたページの訪問ユーザーを
Google検索経由なのかYahoo!検索経由なのかは区別しておりません。
リスティング広告経由なのかディスプレイネットワーク経由なのか、
はたまた自然検索経由なのか、流入経路は明らかではありません。

そのため、認知を目的としたディスプレイ広告を流入元とする確度の低いユーザーもユーザーリストには含まれてしまいます。

本来であれば確度の高い(低い)ユーザー専用の広告文、クリエイティブ、LPを準備することでリターゲティング配信の精度が高まります。

自然検索流入者と広告流入者を切り分ける

そもそもデフォルトで設定されているユーザーリストでは自然検索によるユーザーと広告経由によるユーザーを考慮しておらず、タグが設置されているページに来た全ユーザーがリスト化されているため、確度の高いユーザーと低いユーザーが混在している状態となっております。

この状態を防ぐために、YTMを利用して流入経路を切り分けてユーザーリストを切り分ける必要があります。

以下にYTMにおける流入経路によってユーザーリストを切り分ける設定方法を記載いたしました。

YTM設定画面
【設置手順】

YTM管理画面の左カラムの「ウェブサイト」より「バインディング」タブを選択後、「データバインディング」をクリックします。そして、右側の「データバインディングを追加」を選択します。

「データバインディングを追加」とポップアップに任意の「データエレメント名」を入力切、データバインディングエクスプレッションに「document.referrer」を入力し保存ボタンをクリックします。

YTM画面2

同様の手順を繰り返し、「Google流入」と「Yahoo!流入」とネーミングしたデータエレメントを作成しました。

リファラ参照

次に、「サービスタグ管理」から「タグ実行条件」を選び、
先ほど作成したデータエレメントを選択します。

この時、Google検索流入者を取得する場合は「www.google.co.jp」を入力し、
Yahoo!からの検索流入者を取得する場合は「seach.yahoo」を入力します。
両媒体とも条件式は「左の値が右を含む場合」と入力後、保存をクリックします。

以上、一連の流れを整理すると大きく下記2つの工程が発生します。

1.ウェブサイトに対して、データバインディングの設定
2.タグの実行条件よりデータエレメントを紐付け設定

まとめ

今回はYTMを用いてユーザーリストの流入経路の切り分け方の手順と意義・メリットについて記載いたしました。
リターゲティング配信は刈り取り型広告と呼ばれ、リスティング広告や自然検索による初期接触ではコンバージョンに至らなかったユーザーに対して追跡して配信しています。
費用対効果が良い配信手法でございますので、YTMを用いた設定を行うことで、
より精度の高いリターゲティング配信を行い収益の最大化を図っていきましょう。

その他、YTMの基本設定を記載した関連記事はこちらからご覧になれます。

関連記事:(基礎編)Yahoo!タグマネージャーの登録方法とメリットとは?
    :【保存版】初めてのYahoo!タグマネージャー(YTM)設定を強力サポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン