Google広告の新機能!季節性の調整の活用方法とは

ブログ

BLOG

Google広告の新機能!季節性の調整の活用方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ネット広告事業部の金光です。

Google 広告の自動入札機能は年々その精度を高めており、今や人間が手動で調整を行うよりも遥かに膨大な情報を参照した精緻な調整を行うことが可能になっております。
2019年8月に行われた Google 広告のアップデートでは、自動入札機能で対応出来る範囲を広げるための季節性の調整機能が追加されました。
本エントリでは、この季節性の調整機能について紹介いたします。

スポンサーリンク

季節性の調整とは

季節性の調整とは予め見込まれる コンバージョン数( CV )の変化に応じて、コンバージョン率( CVR )の引き上げまたは引き下げを予約しておき、設定した調整幅に応じて入札単価が最適化されるスマート自動入札の新機能です。

(引用: Google 広告ヘルプ スマート自動入札の季節調整を導入

従来のスマート自動入札機能は多様なシグナルに基づいて、最適な入札単価設定をオークションごとに自動で設定していましたが、急激な数値の変化などが発生した際は、それまでの機械学習に大幅な調整が必要になるため、学習期間のリセットが入り、一時的なパフォーマンスの低下の恐れがありました。
急激な数値の変化が見込まれる状況に対して、季節性の調整を用いることで急激な数値の変化を予め機械学習に入力することができるようになったため、自動入札の調整の幅が更に広がりました。

季節性の調整の設定方法

それでは季節性の調整の設定方法をご説明いたします。
まず、 Google 広告の管理画面右上にあるツールと設定画面から、入札戦略を選択します。

2019-09-25_21h00_09

入札戦略から左側のメニューにある詳細戦略をクリックし、新しい季節性の調整を選択します。

2019-09-25_21h02_35

設定内容は以下になります。

調整期間

2019-09-27_11h31_02

調整期間では日付から時間まで設定することが可能で、セールの開始時間から終了時間まで細かな調整ができます。
推奨される設定期間は1~7日間の短期間の設定になります。

調整範囲

2019-09-27_11h31_38

調整範囲は設定した調整をアカウント内のどのキャンペーンに適用するか、また、どのデバイスに対して適応するかを決定します。
キャンペーンごとに設定を追加できるため、オンラインショップの場合、特定の商品のセールにも個別の適用が可能です。

調整幅

2019-10-02_11h41_21
調整幅では、見込まれる CVR の増減幅を設定します。引き上げは900%、引き下げは100%まで設定が可能です。
見込まれる増減幅をオーバーに見積もりすぎると、かえって自動入札に悪影響が出るため、過去の成果などを参照して、できる限り正確な数値を設定することをおすすめいたします。

季節性の調整の注意点

季節性の調整を活用する上での注意点として、以下の内容が挙げられます。

期間の設定は14日以上の長期間に設定しない

季節性の調整機能では、設定する期間を14日以上の長い期間に設定しないことが推奨されています。
これは、季節性の調整が最も効果的に機能を発揮するのが1~7日間の短期間の設定であり、14日間を超える長期間の設定の場合、元々の自動入札機能の学習で充分に対応が可能なためです。
また、設定した期間が過ぎると季節性の調整は自動でオフになるため、期間の設定は正確に把握しておくことをオススメいたします。

適用できる掲載方式と入札戦略

2019-10-02_09h29_05

現在、季節性の調整を利用できる掲載方式は検索広告とディスプレイ広告のみで、入札戦略では目標コンバージョン単価( CPA )と目標費用対効果( ROAS )のみとなっております。
今後、その他の掲載方式や入札戦略にも順次対応されていくとのことですが、まずは検索広告、もしくはディスプレイ広告で目標コンバージョン単価か目標費用対効果の入札戦略を用いているキャンペーンで導入しましょう。

また、季節性の調整を用いなくても、自動入札機能には一般的な年中行事による影響を加味する機能が予め含まれております。
ただし、明確にこの行事が一般的な年中行事にあてはまるのか、また、どれくらいの範囲で影響を加味した調整が行われているのかといった基準は公開されておりませんので、年末年始やセール時期で予想される変化に応じて季節性の調整を設定しておくことをオススメいたします。

おわりに

Google 広告の自動入札機能がリリースされて以来、調整の幅は年々広がりをみせてきました。
しかし、運用の完全自動化は未だ実現されておらず、まだまだ人間による調整や管理の幅は大きな割合を占めています。

今回の季節性の調整によって、急激な数値の変化にある程度対応することができるようになりましたが、数値幅の見込みなど人間の判断に調整の余地はまだまだ残されています。
グラッドキューブでは、常に最新機能を取り入れつつ、人間による細やかな調整も行いながらお客様の成果の最大化を実現しております。
Google 広告のご出稿をご検討されている方は是非、お問い合わせくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行
トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ