【2020年7月アップデート】 Google 広告、レスポンシブ広告の最新機能をご紹介

ブログ

BLOG

【2020年7月アップデート】 Google 広告、レスポンシブ広告の最新機能をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
っっっっっっb

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ネット広告事業部の妹尾です。

みなさまは Google 広告のレスポンシブ検索広告やレスポンシブディスプレイ広告は使用されていますでしょうか?
機械学習による自動化を導入する際には必須とも言われるレスポンシブ検索広告・レスポンシブディスプレイ広告ですが、2020年7月15日付で Google よりレスポンシブ広告に関するアップデートとスマートショッピングに関するアップデートが発表されました。
本エントリでは、レスポンシブ検索広告とレスポンシブディスプレイ広告のアップデートについて追加内容をご紹介いたします。

レスポンシブ検索広告の新機能

地域の挿入機能

レスポンシブ検索広告は、機械学習によって見込み顧客への関連性の高いメッセージを配信することが可能であり、配信に追加することでクリック数とコンバージョン数を最大10%増やすことが出来ると言われています。
Google の調査によると、ユーザーがニーズを感じた商品の広告を見た後にその商品を実際に購入した、あるいは、購入を検討しているスマートフォンユーザーは91%にも上るそうです。
PC やスマートフォンに限らずユーザーとの関連性をより持たせるために使用できるのが、新機能の地域挿入機能です。この機能は見込みのあるユーザーの現在地や関心のある地域に応じて国名・都道府県名・市区町村名が自動的に挿入されます。自動的に挿入された地域は集計レポートで確認することができます。

設定手順

(1)レスポンシブ検索広告の作成画面で {(半角中括弧)を入力し、[地域の挿入] を選択します。

f65477622599aa8a8901fce072d3707f



(2){ LOCATION ( City )}となるので、デフォルトのテキスト(地域が挿入出来なかった場合に表示する語句)を任意で記入後、表示する地域のレベルを選択します。地域のレベルは市区町村・都道府県・国の3つから選択することが出来ます。

863aa10383d3e4230d52efc70b8314f6


カウントダウンカスタマイザ

カウントダウンカスタマイザは、セールやイベントを宣伝する際に役立てることが出来ます。この機能を使用すると設定した日時までの残り時間が広告に自動で表示されるようになります。
カウントダウンカスタマイザには以下の2つの形式があります。

  • ■ COUNTDOWN 形式
  • ■ GLOBAL_COUNTDOWN 形式

 

COUNTDOWN 形式では検索ユーザーのタイムゾーンに合わせてカウントダウンされ、 GLOBAL_COUNTDOWN 形式では広告主様のアカウントのタイムゾーンに合わせてカウントダウンが行われます。一般的にセールなどで使用する場合は GLOBAL_COUNTDOWN 形式を使用することで、世界共通で同様のカウントダウンを表示させることが可能になります。

設定手順

(1)レスポンシブ検索広告の作成画面で {(半角中括弧)を入力し、[カウントダウン] を選択します。

f65477622599aa8a8901fce072d3707f



(2){ COUNTDOWN ()}となるので、終了日時とカウントダウンの日数(残り何日から表示するか)を入力し、最後にタイムゾーンの形式を選択します。

cbbe37a3123a78f332d36b100f4f5533


レスポンシブディスプレイ広告の新機能

レイアウトデザインの追加

Google は毎年 150 を超える新しいレイアウトをテストしており、その中で実際に導入まで至るのはごく僅かになります。今回新たに追加されたレイアウトは、画像の自動調整機能を使用して、レイアウトを柔軟に変更することで広告の掲載結果の改善と広告の訴求力をさらに高めること目的としています。
画像の自動調整機能については末尾に記載しております Google のヘルプをご参照ください。

動画自動生成機能

YouTube に限らずユーザーは動画に関心を示しやすいです。しかし、動画広告を作成するための時間やリソースがない企業も多くいます。そこで、動画広告の作成がシンプルかつスピーディーになるように、既存の画像やテキストアセットを使用して動画広告を自動で作成出来るようになりました。
以下のヘルプに自動作成した動画広告の例になります。高解像度の画像は末尾に記載しております Google のヘルプをご参照ください。

ggif



こちらの機能はレスポンシブディスプレイ広告の作成画面内にある[その他のフォーマットオプション]を選択した中にある[自動生成された動画を使用する]のチェックボックスにチェックを入れるだけで使用することが出来ます。ただし、画像の自動調整機能によってトリミングやテキストオーバーレイが使用されるので、使用する画像には気をつけなければなりません。

おわりに

本エントリでは、レスポンシブ検索広告・レスポンシブディスプレイ広告のアップデートされた新機能についてご紹介いたしました。今回のアップデートでレスポンシブ広告における改善幅は大きく広がったのではないでしょうか。
当社では、 Google 広告のレスポンシブ検索広告・レスポンシブディスプレイ広告をはじめ、リスティング広告や SNS 広告など常に最新情報をピックアップし、広告運用へ活用しております。
最新機能を使った広告運用代行についてご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

リスティング広告運用代行はこちら
グラッドキューブの実績はこちら

(参照:レスポンシブ ディスプレイ広告のアドバンス フォーマット オプションについて
(参照:レスポンシブ ディスプレイ広告の新しいデザイン

グロースLP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発ASPサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×