Google Think Insightsであなたに合ったツールを発掘!

グラッドキューブ BLOG

Google Think Insightsであなたに合ったツールを発掘!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





GmailやGoogleカレンダー、Googleマップなど、
Googleは多種多様なツールを公開しています。

あなたも良く使うツールはあるでしょうし、
反対に名前もあまり聞いたことがないツールも
あるのではないでしょうか。



今回は、そんなあまり知られていないけれど、
あなたに合うかもしれないツールを一気に見つけられる
”Google Think Insights”をご紹介致します。

全て英語となっておりますが、
この記事で内容もご説明させて頂きますので、
「これだ!」と思うツールがあれば
ぜひ一度お試し下さい!





◆そもそも、”Google Think Insights”って何?

“Google Think Insights”

http://www.google.com/think/

Google Think Insightとは、
Googleの様々なツールやサービスを一元化して
使用出来るサービスです。

例えばGoogle AdSenseやGoogle Analytics等のツールも
ここから使用することが可能です。



その中でも、”Planning Tool”では、
Google AdWordsで広告を出稿している方にとって
非常に役立つツールがまとめられています。

今回はその”Planning Tool”を紹介していきますね。





◆”Plannning Tool”でできること

“Planning Tool”

http://www.google.com/think/products-tools/planning-tools.html



Think Insightsのトップページから、
ページ上部にある”Product & Tools”のところに
マウスのカーソルをもっていくと、
“Planning Tools”という項目があります。

Planning Toolには、
下記8種類のツールが含まれています。

ツールのイメージが湧きやすいように、
実際にできることを踏まえて、
簡単な日本語訳も付けさせて頂きました。



1.The Customer Journey to Online Purchase
  オンラインショッピングをするユーザーはどのような経路をたどるのか?

2.Real-Time Insights Finder
  リアルタイムデータを確認しよう!

3.Brand Impressions
  ブランドの効力はいかほど?

4.Our Mobile Planet Tool
  私たちを取り巻くモバイル環境はどのようになっているのか?

5.Goolge Trends
  Google検索の最新トレンド

6.Mobile Ads Showcase App
  モバイル向け広告を試してみよう!(※モバイル向けアプリです)

7.The Full Value of Mobile Calculator
  モバイル広告を効果測定をしよう!

8.Display Benchmarks Tool
  ディスプレイ広告の標準的なパフォーマンスとは?



これだけだとどんなツールか
さっぱり分からないと思いますので、
それぞれどのようなツールか
1つ1つご説明していきますね。





◆バリエーションに富んだ8種類のツール

1.The Customer Journey to Online Purchase

http://www.google.com/think/tools/customer-journey-to-online-purchase.html



ユーザーは、ネット上でモノを購入する際、
どのような過程をたどるのか。

このツールでは、サイト上でユーザーが
アクションを起こすまでの道のりを
情報としてまとめています。



ページ中央部で、業界別のユーザーが
商品・サービスを認知してから購入までの
流れを見ることができます。

その他にも、購入までの期間や、
どのようなチャネルが購入をアシストしているか、
ということもデータとして見ることが可能です。

例えばリマーケティングを行う際に、
何日後にユーザーにアプローチしたらいいのか、
といった活用方法があります。



《使い方のご説明動画》



2.Real-Time Insights Finder

http://www.google.com/think/tools/real-time-insights.html



このツールでは、キーワードツールや
Googleトレンドなど、広告を作成する上で
鍵となるツールが詰まっています。

過去にはAd Plannerという他社のサイトの
アクセス解析(ユーザー分析)ができる
ツールも有りましたが、
現在はそちらのサービスは終了しています。



しかし、
現在のオンライン上のユーザーの動向を踏まえた上で
広告に活用できるツールが多くあります。

具体的には、
AdWords上でも使用できるキーワードツールや、
Google検索・YouTubeのトレンドなどを
調べることが可能です。



《使い方ご説明動画》



3.Brand Impressions

http://www.google.com/think/tools/brand-impressions.html



ここでは検索したキーワードに
関連する画像や動画などが見られる他、
YouTubeやGoogle+上でのユーザーの
検索数・投稿数などを確認できます。

英語のみの検索となりますが、
3年前からの情報を閲覧することが可能です。



《使い方ご説明動画》



4.Our Mobile Planet Tool

http://www.google.com/think/tools/our-mobile-planet.html



Our Mobile Planetでは、
モバイル市場(スマートフォン)に関する
情報を入手することが可能です。

左側の項目を自分で選択して、
オリジナルのグラフを作ることが出来るため、
必要な情報を抜き出して視覚的に確認しやすくなります。

あなたが展開している商品・サービスが
スマートフォンユーザーの購入に
つながる可能性があるかどうかを
見極めるツールとしても活用できるでしょう。



また、Google側がまとめたスマートフォンの
データをPDFでダウンロードすることもできます。

こちらは日本語版もあり、
非常にシンプルで見やすい資料となっています。



《使い方ご説明動画》



5.Goolge Trends

http://www.google.com/think/tools/google-trends.html



ここでは、キーワードの検索ボリュームが
1年の中でどのように増えていくのか、
あるいは過去数年の中ではどうだったのか、
といったことをチェックできます。

例えば、今の時期ですと、
「お中元」に関するキーワードが伸びている、
といたことを把握することが可能です。

他にも、検索急上昇のキーワードや、
カテゴリ別の検索上位キーワードの
ランキングを見ることもできます。



《使い方ご説明動画》



6.Mobile Ads Showcase App

http://www.google.com/think/tools/mobile-ads-showcase-app.html



こちらはモバイル広告のデモを
表示させることが出来るアプリになります。

HTML5の技術を駆使して、
テンプレートを選択し、
それを確認することが可能です。



7.The Full Value of Mobile Calculator

http://www.google.com/think/tools/full-value-of-mobile-calculator.html



こちらはモバイル広告の効果測定を
行えるツールになります。

例えば電話での注文やアプリのダウンロードなど、
モバイルサイトが購入に与えた影響を
測定可能となっています。

また、Google AdWordsと連携することで、
クリック単価やCPAなどを算出できます。



《使い方のご説明動画》



8.Display Benchmarks Tool

http://www.google.com/think/tools/display-benchmarks.html

国、業種、広告のサイズを選択することで、
各ディスプレイ広告の標準的な成果を
確認することができます。

これを使うことで、自社のディスプレイ広告の
効果を判別することができ、
また目標となる数値を決定することもできます。



《使い方ご説明動画》





◆オススメの使い方

ここまで8種類のツールをご紹介して来ましたが、
「正直どれをどう使ったらいいのか分からない」
と思われたかもしれません。

そこで、私がピックアップしたオススメのツールと、
その使い方をお伝えしますね。



《Our Mobile Planetのオススメ》

Our Mobile Planetは先ほどご説明した通り、
スマートフォンに関する情報を収集することができます。

例えば、あなたがECサイトを運営していたとします。

「最近スマートフォンサイトで成果が出るって聞くけど、
うちもサイトを作るべきかな?」

という悩みを持たれるかもしれません。

確かに、スマートフォンサイトを制作することで、
スマートフォンからのアクセスが見込めますし、
売上が上がる可能性もあります。

しかし、そのターゲット層がスマートフォンを
あまり使用しないのであれば、
制作にかかる費用も時間も無駄になってしまう
可能性もありますよね。



そこで、この”Our Mobile Planet”の出番です!



上記の図のように、
自分でターゲットをセグメントして、
実際のスマートフォンの普及率や、
使用に掛ける時間を確認することができます。

また、スマートフォンユーザーの特性を
掴んでおくことも重要です。

“Our Mobile Planet”には、
スマートフォンユーザーに関する情報満載の
PDF資料があります。



以下からダウンロード出来ますので、
こちらも合わせて活用してみてくださいね。

http://www.thinkwithgoogle.com/mobileplanet/ja/downloads/



《Google Trendのオススメ》

Google Trendは、様々な検索ワードの
検索ボリューム数の推移を見ることができます。

例えば、Google AdWordsのキーワードツールで
検索ボリュームを確認した場合だと、
1年間の平均値が月間ボリューム数として
表示されてしまいます。

そのため、

「このキーワードは検索数が少ないから、
入札はしないでおこうかな。」

というケースもあるでしょう。

しかし、実際にはある月だけ検索ボリュームが増えたり、
今非常に検索されていたりすることもあります。



ですので、そういった際は一度この
Google Trendで検索してみて下さい。



どの月にアクセスが多いか、
今月はどうだろうか、
といったことがすぐに確認できますので、
ぜひ活用してみて下さい。





いかがでしょうか。

恐らく、今回ご紹介したツールを
全て使用したことのある方はほとんどいないと思います。

もちろん全てを使う必要はありませんが、
あなたの広告出稿に役立つツールが1つ2つは
見つかるはずです。

ぜひ一度Google Think Insightを訪問して、
ツールを見てみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン