Facebook 広告「コレクション」に必須!製品フィードを徹底解説

ブログ

BLOG

Facebook 広告「コレクション」に必須!製品フィードを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の植田です。

今回は、【ROASが5.3倍?】 Facebook 広告新フォーマット『コレクション』ついに日本に!でご紹介した、 Facebook 「コレクション広告」に必須である「製品カタログ」について深掘りしていきます。

製品カタログとは?

製品カタログとは、商品情報を含むデータのことを言います。
製品カタログを使用するにあたり、製品フィードをアップロードする必要があります。
製品フィードには、以下の項目が必須となります。

①商品ID
②在庫状況
③商品の状態
④商品説明
⑤商品画像へのリンク
⑥商品サイトへのリンク
⑦商品名
⑧商品の価格
⑨固有商品ID

また、以上の項目のほか、任意で設定できる項目もあります。

これらの情報は、CSV、TSV、RSS XML、またはATOM XMLのファイル形式でアップロードする必要があります。
今回は、CSVでのアップロード方法をご紹介いたします。

必須項目の詳細

それでは早速製品フィードを入稿するにあたって必要な項目を詳しく見ていきましょう。
慣れないうちはエラーが発生してしまうこともありますが、よくあるエラーと解決方法をご紹介しておりますので、ご参考までに見ていただければと思います。
以下の画像はCSVファイルの例となります。

example1

このように、リストのヘッダーや情報は、商品説明などを除き、すべて英語で表記する必要があります。

■id(商品ID)
こちらには商品固有のIDを入力します。

■availability(在庫状況)
商品の在庫状況を入力します。使用できる値は以下の通りです。
in stock(在庫あり)
out of stock(在庫なし)
preorder(入荷予定)
available for order(1~2週間で発送可)

■condition(商品の状態)
商品の状態を入力します。使用できる値は以下の通りです。
new(新品)
refurbished(新品同様)
used(中古品)

■description(商品説明)
商品の説明を入力します。こちらは日本語で構いません。

■image_link(商品画像へのリンク)
広告に表示される画像のURLを入力します。
URLのフォーマットはhttp、https、ftp、sftpのいずれかである必要があります。

■link(商品サイトへのリンク)
ユーザーが広告を押したときに表示される販売サイトへのリンクのURLを入力します。
こちらも、URLのフォーマットはhttp、https、ftp、sftpのいずれかである必要があります。

■title(商品名)
広告に表示される商品名を入力します。こちらは日本語で構いません。

■price(商品価格)
ここでは商品の金額を入力しますが、「¥」などのマークを使用するとエラーが起きてしまうようです。
「¥」は使用せず、「JPY」を使用するようにしましょう。
さらに、数字の後に「.00」を入力しなければなりません。
つまり、10800円の商品は「10800.00 JPY」と入力する、ということになります。

■gtin、mpn、brand(固有商品ID)
下記のいずれか1つを入力します。
gtin(UPC、EAN、JAN、ISBNを含む国際取引商品番号)
mpn(製品番号)
brand(ブランド名)

以上、9つの項目が製品フィードには必須となります。
これらを正しく作成し、無事アップロードできれば製品カタログの完成です。
冒頭でも少し触れた通り、必須項目以外でも任意で「色」「性別」「素材」なども入力できます。
ご自身がわかりやすく分類できるように、入力してみてはいかがでしょうか。
それでは、どのようにアカウント内にアップロードするのでしょうか?

製品フィードのアップロード

正しく製品フィードを作成できていれば、あとは難しくはありません。

ビジネスマネージャ画面左上のタブを開き、製品カタログを選択。

製品カタログ-01

製品フィードタブ>+製品フィードを追加 で必要事項を入力し、製品フィードを作成します。
あとは作成したファイルをアップロードするのみです。
この手順を踏み、ようやく「コレクション広告」を配信することができます。

最後に

これまで製品フィードの作成方法について書いてきましたが、もし Facebook 以外の媒体で利用されている製品フィードがあれば、そちらを使用することも可能です。
ただ、各媒体で入力項目や書式がやや異なる箇所があるのでご注意ください。
また、 Facebook 広告「コレクション」では登録した商品がカタログのように掲載されるため、写真の魅せ方などにより成果が変わってくるかもしれません。
作成、アップロード、また運用のことでお困りのことがあった場合、一度弊社にご相談いただければと思います。
それではまた次回お会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ Facebook広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×