Google 広告、動的リマーケティング設定完全ガイド( Google Merchant Center との連携編)

ブログ

BLOG

Google 広告、動的リマーケティング設定完全ガイド( Google Merchant Center との連携編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の野村です。
以前のエントリにて、 Google AdWords の動的リマーケティングのうち、テンプレートによる不動産カテゴリのデータフィードの作成方法についてお話しいたしました。

参考: Google AdWords 動的リマーケティング設定ガイド(テンプレートによるデータフィード作成編)

本エントリでは、小売りカテゴリにおけるデータフィードの作成方法についてお話しいたします。
小売り以外のカテゴリでは、上述の記事の方法でテンプレートを使用すればデータフィードを作成できますが、小売りの場合は Google Merchant Center と連携させる必要があります。

Google Merchant Center と Google AdWords との連携方法、 Google Merchant Center にデータフィードをアップロードする方法をご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

※2018年7月24日をもって Google AdWords の名称は Google Ads に変更になります。
本エントリでは Google AdWords の名称を用いて記載いたします。

Google Merchant Center との連携方法

Google Merchant Center と Google AdWords を紐づけることによって、 Google Merchant Center にアップロードされている商品データが変更・追加された場合、自動的に Google AdWords にも反映されるようになります。
Google Merchant Center と Google AdWords アカウントとの連携は、以下の流れに沿って行います。

  • (1) Google Merchant Center アカウントにログインする
  • (2) Google Merchant Center アカウントのその他アイコンから、[アカウントのリンク] をクリックする
  • MS1

  • (3)[AdWords] を選択し、 Google AdWords のお客様 ID を入力する
  •   ※ Google AdWords のお客様 ID は Google AdWords アカウントの左上に記載
  • MS3

  • (4)[リンクする]をクリックする
  • 連携が完了しましたら、 Google Merchant Center と Google AdWords の両媒体からリンク済みのステータスを確認することができます。

    ▼ Google Merchant Center
    a81212e48ce62fba0adf2060265b7f00

    ▼ Google AdWords
    b11215f997c3a7740cb8a1097903721e

    アカウント連携時の注意点

    Google Merchant Center と Google AdWords のアカウント連携は、 Google Merchant Center アカウントへのアクセス権、 Google AdWords アカウントの管理者権限を保持しておく必要があります。
    各権限がない場合は、 Google AdWords アカウントの管理者に権限、あるいは Google Merchant Center へのリンクの権限付与を依頼しましょう。

    商品のデータフィードがすでに Google Merchant Center にアップロードされている場合、 Google Merchant Center と、 Google AdWords アカウントの連携が完了すれば動的リマーケティングの設定は完了です。
    ここからは、 Google Merchant Center にアップロードする商品データフィードの作成方法についてご紹介いたします。

    データフィードの作成方法

    データフィードのアップロード方法には、以下の2種類があります。

  • (1) Google スプレッドシートでアップロードする
  • (2) ファイルをアップロードする
  • 今回は、データフィード作成の主流である Google スプレッドシートによる作成方法をご説明します。
    Google スプレッドシートでデータフィードをアップロードすると、毎日1度ずつフィードが自動更新されるというような設定も可能です。

    入力が必須の項目は、以下の通りです。
    ※「属性(データフィードの項目名):設定する内容」の順で記載します。

  • ■ id :商品の固有の ID (最大 50 文字)
  • ■ title :商品の名前(最大150文字)
  • ■ description :商品の説明(最大5,000文字)
  • ■ link :商品のランディングページ
  • ■ image_​link :商品のメインの画像の URL
  • ■ availability :商品の在庫状況。「 in stock (在庫有り)」「 out of stock (在庫なし)」「 preorder (予約商品)」から指定。
  • ■ price :商品の価格
  • ■ google_​product_​category :ショップの商品向けに Google が定めた商品カテゴリ
  • ■ brand :商品のブランド名
  • ■ gtin :商品の国際取引商品コード( GTIN )。なければ空欄にする
  • ■ mpn :商品の製品番号( MPN )。なければ空欄にする
  • ■ condition :商品状態。「 new (新品)」「 refurbishes (再生品)」「 used (中古品)」から指定
  • ■ adult :性的なコンテンツを含む場合は「 yes 」を、そうでなけれは「 no 」を選択
  • それぞれの項目をスプレッドシート上に記載すると、以下のようになります。

    データフィード

    Google Merchant Center にデータフィードをアップロードする方法

    データフィードが作成できたら、Google Merchant Center にデータフィードをアップロードします。
    商品>フィードの順にクリックすると、フィードを追加できるボタンがあります。

    6プレゼンテーション1

    次に、任意の言語設定をおこないます。

    スライド2

    [続行]をクリックすると、データフィードのアップロード方法を選択できます。
    今回は Google スプレッドシートにてアップロードしますので、任意のデータフィード名を記載し、アップロードします。

    スライド3

    アップロードが完了すると、「メインフィード」にデータが追加されているのを確認できます。

    67プレゼンテーション1

    おわりに

    本エントリでは、 Google Merchant Center との連携方法と、 Google Merchant Center にアップロードするデータフィードの作成方法についてご紹介いたしました。
    すでに Google Merchant Center にデータフィードをアップロードされている場合は、 Google AdWords と Google Merchant Center との連携を行い、動的リマーケティング設定ガイドの初回でご紹介した内容でキャンペーンを設定すれば、動的リマーケティングを配信することが可能です。

    通常のリマーケティングだけを実施されている方は、さらにユーザーひとりひとりのニーズに合わせて広告を出し分けることができる動的リマーケティングの活用も検討してみてください。
    グラッドキューブでは、動的リマーケティングやショッピング広告などをはじめとした、データフィードを活用する広告の運用を多数取り扱っています。
    興味を持っていただけましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

    自社開発SaaSサービス・メディア

    トップ
    サービス
    ブログ
    スタッフ
    お問い合わせ
    ×