Google 広告、スマートキャンペーンとは

ブログ

BLOG

Google 広告、スマートキャンペーンとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の植田です。

以前の記事で、 Google の新しい3つの広告関連ブランドについてご紹介いたしました。
本エントリでは、そのサービスの中のひとつである Google 広告の「スマートキャンペーン」の詳細についてご説明いたします。

2018年7月24日時点では、まだ日本で展開されておらず、利用可能となる日程も明確には決まっていないとのことですが、今後徐々に使用できるようになるようです。
また、日本語版のヘルプも用意されていないため、日本語の機能名については推測で記載しておりますのでご了承くださいませ。

スポンサーリンク

スマートキャンペーンとは

スマートキャンペーンとは、中小規模のビジネスをされている方で広告を配信してみたいという方にぴったりのキャンペーンです。

スマートキャンペーンの最大のメリットは、これまでの検索広告よりも簡単に広告を配信することができることです。
また、配信開始後も Google のシステムが様々なシグナルを用いて最適化してくれるため、日々細やかな運用をする必要がなくなります。
Google マイビジネスと連携し、広告、画像、住所を自動的に選定し、広告を配信します。

課金方法は、従来の Google 広告のキャンペーンと同じくクリック課金です。

また、検索広告だけではなく、ディスプレイ広告としても出稿することができます。
どうしてもディスプレイ広告として配信したくない場合は、申込みフォームより配信しない選択をすることもできます。

ここで、スマートキャンペーンの主要な機能一覧をご紹介いたします。
スマートキャンペーン機能3

上記の機能はヘルプページで公開されているもので、実際のスマートキャンペーンでは、これら以外でも様々な機能がありそうです。

参考:About Smart campaigns

スマートキャンペーンで広告が配信されるまで

スマートキャンペーンにおいて、以下が重要な項目となります。

■目標
■予算
■広告
■検索フレーズ

詳細は以下でご説明いたします。

目標

スマートキャンペーンでは、以下の3つの目標を選択できます。
1つのキャンペーンにつき1つの目標を選択します。

■ Call your business (電話)
■ Visit your business (訪問)
■ Take an action on your website (購入/申込)

Call your business (電話)

電話数を増やしたいときにはこの目標を選択します。
例えば、美容院や飲食店などで、事前にお電話が必要なビジネスで効果が期待されます。

この目標を選択すると、広告とともに直接電話をかけることができるボタンが表示されることがあります。

Visit your business (訪問)

ユーザーの店舗訪問を促したいときには、この目標が効果的です。
そのため、実際に店舗をお持ちの広告主様には最適な目標です。

Take an action on your website (購入/申込)

ウェブサイト内での購入やお申込みを増やしたい場合には、この目標を選びましょう。
例えば、 EC サイトでの購入やサービスへの会員登録に向いています。

1つのスマートキャンペーンに設定できる目標は1つのみですが、目標が複数ある場合は、スマートキャンペーンを複数作成することができます。

参考:About goals in Smart campaigns

予算

従来のキャンペーンと同じように、スマートキャンペーンにも予算を設定します。
Google のシステムにより、設定した予算内で目標に基づいて最適化されます。

広告

表示される項目については従来の検索広告とほとんど変わりませんが、スマートキャンペーンでは Google が自動的に設定してくれます。

■見出し1、見出し2
■説明文
■最終リンク先URL
■サイトリンク
■マップピン( Google マップ上で店舗を示すピン)
■電話番号
■住所

検索フレーズ

スマートキャンペーンでは、キーワードの設定は必要なく「検索フレーズ」を設定します。
検索フレーズは、従来の検索広告で設定するキーワードとは概念が異なります。

スマートキャンペーンを作成時に、 Google が指定するカテゴリから、プロモーションしたいビジネスやサービスの選択します。

英語版ヘルプに記載がなく、日本の Google サポートも把握していないため推察となりますが、その際に検索フレーズも設定することになり、現時点では詳細はわかりません。
また、マッチタイプの設定はできませんが、検索フレーズとしては概ね部分一致のようなイメージになりそうです。

一度スマートキャンペーンを作成すると、検索フレーズの追加はできないようです。
以下のイメージのステータスのオン/オフを切り替えることで(以下の画像参照)、各検索フレーズのオン/オフを切り替えることができます。
検索フレーズ

おわりに

近年 Google のみではなく他媒体でも、より簡単に広告を配信することができるようになりつつあります。
細かな運用をする必要がなくなることで、広告アカウントの運用のみならず、より包括的なウェブマーケティングに時間を割けるようになります。

まだ日本では利用できないためスマートキャンペーンの詳細実績はわかりかねますが、あくまでも簡単に広告配信をされたい中小規模のビジネスの方向けのキャンペーンのため、サービスやビジネスの規模によっては成果が出づらいことも想定されます。

当社では、お客様のビジネスにあった媒体選定を含め、ウェブマーケティングのご提案をさせていただいております。
何か手を打つべきだと考えているが、どうしたらいいのかわからないという方も、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行
メニューボタンメニュー閉じるボタンメニューボタンメニュー閉じるボタン
: (平日 10:00〜19:00)