ブログ

BLOG

【2024年最新】 YouTube 広告の入稿規定を徹底解説!

YouTube は世界最大の動画プラットフォームであり、広告は動画の前後や途中、トップページや検索結果など、さまざまな場所で配信されています。広告を出稿する際には、YouTube 広告の入稿規定を理解することが重要です。

今回は YouTube 広告の入稿規定について、広告フォーマット別に解説いたします。

また YouTube 広告の種類・使い方については以下の記事でご紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

目次

こちらの記事をお読みの方にオススメ!

「何から始めたらいいの?」が分かる!

基礎から学ぶ YouTube 広告活用術

 


 


YouTube 広告に興味はあるものの、「何から始めたらいいのかわからない」とお悩みではないでしょうか?目的に合わせたキャンペーンタイプの選び方、効果的な動画の作り方・A/B テストの方法など、 YouTube 広告を成功させるためのポイントをご紹介します。

YouTube 広告入稿規定について

YouTube 広告おける入稿規定では、 YouTube 広告を配信するために必要な動画や画像、音声などの仕様に関するルールが定められています。

具体的には、以下の項目が定められています。

  • ファイル形式
  • サイズ
  • フレームレート
  • ビットレート
  • 字幕
  • 広告文

これらの規定を順守することで、高画質で安定した広告配信を実現し、ユーザーに快適な視聴経験を提供することができます。

入稿規定がなぜ重要なのか?

入稿規定を順守することは、以下の理由から重要です。

■ 広告配信の品質を確保する

画質や音声が悪い、ファイル形式が間違っているなどの広告は、ユーザーの視聴体験を損ない、広告効果を低下させる可能性があります。入稿規定を守ることで、このような問題を防ぎ、高品質な広告配信を実現することができます。

■ 審査をスムーズに進める

入稿規定に違反している広告は、審査で不承認となる可能性があります。入稿前に規定をしっかりと確認することで、審査の時間を短縮し、広告配信を迅速に開始することができます。

■ ユーザーに誤解を与えるような広告を防ぐ

誇張表現や虚偽表示など、ユーザーを欺くような広告は、 YouTube のポリシーに違反します。入稿規定には、このような広告を禁止する内容も含まれているため、規定を守ることは、ユーザーの信頼を守ることにつながります。

確認項目

  • 動画の形式や長さを確認する
  • ファイルのサイズや理解度をチェックする
  • コンテンツの内容がガイドラインに準拠しているか確認する
  • 広告フォーマットに応じた規定を理解する

上記の内容を確認することで、動画広告配信によるトラブルを最低限防ぐことができます。

YouTube 広告フォーマットの種類

YouTube 広告には、大きく分けて下記の7つのフォーマットがあります。

  • スキップ可能なインストリーム広告
  • スキップ不可のインストリーム広告
  • インフィード広告
  • バンパー広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告
  • ショート動画広告

それぞれのフォーマットの特徴とメリット・デメリットを理解し、配信目的に合ったものを選択することが重要です。各フォーマットの入稿規定について表形式にてご紹介します。

スキップ可能なインストリーム広告

スキップ可能なインストリーム広告

特徴

5秒後にスキップ可能
配置場所 YouTube 動画の再生前、再生中、再生後
推奨長さ 認知 ⇒ 15~30秒
比較検討 ⇒ 2分~3分
推奨サイズ 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)

スキップ不可のインストリーム広告

スキップ不可のインストリーム広告

特徴

15秒以内スキップ不可
配置場所 YouTube 動画の再生前、再生中、再生後
推奨長さ 15秒
推奨サイズ 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)

インフィード広告

インフィード広告

特徴

ユーザー行動と関連性の高いコンテンツに配信
配置場所 YouTube 検索結果、関連動画の横、モバイルのトップページ
推奨長さ 認知 ⇒ 15~30秒
比較検討 ⇒ 2分~3分
推奨サイズ 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)

バンパー広告

バンパー広告

特徴

6秒以内、スキップ不可
配置場所 YouTube 動画の再生前、再生中、再生後
推奨長さ 6秒以内
推奨サイズ 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告

特徴

YouTube 以外のウェブサイトやアプリに表示される広告
配置場所 Webサイトなどの広告枠
推奨長さ 最大30分
推奨サイズ 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)

マストヘッド広告

マストヘッド広告

特徴

YouTube のホームフィード(トップページ)に掲載される広告
配置場所 YouTube ホームフィードの最上部
推奨長さ 制限なし
推奨サイズ 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)

ショート動画広告

ショート動画広告

特徴

縦長のショート動画
配置場所 YouTube ショート
推奨長さ 6秒 ~ 1分
推奨サイズ

1,080 × 1,920 px(縦長)

 

なお YouTube ショート動画の詳細については、下記の記事をご覧ください。

YouTube 広告開始前に必要な準備

YouTube 広告を配信するには、以下の準備が必要です。

■ Google 広告アカウント

まだ Google 広告アカウントを持っていない場合は、以下から作成する必要があります。

Google 広告アカウントの作成はこちらから

■ YouTube チャンネルを作成する

広告を配信するには、 YouTube チャンネルが必要です。まだチャンネルを作成していない場合は、以下から作成する必要があります。

YouTube チャンネルの作成はこちらから

■ 動画を制作する

動画広告については、配信したいフォーマットに合わせた動画を準備する必要があります。秒数や容量など、入稿規定に合わせて動画を設定しましょう。

■ ターゲティングを設定する

リスティング広告やディスプレイ広告と同様に、 YouTube 広告では誰に、どこに広告を配信したいかを設定するターゲティングは重要です。ブランディングの観点から、配信したい(または除外をすべき)プレースメントがあれば事前に確認を行いましょう。

■ 予算を設定する

YouTube 広告で配信する予算はどれくらいか、配信目的や KPI に合わせて設定する必要があります。他の広告媒体と並行して YouTube 広告を配信する場合は、コンバージョンの達成に向けてどれくらい予算を使うべきか確認を行いましょう。

YouTube 広告の入稿規定まとめ

最後に今回ご紹介した YouTube 広告の入稿規定を一覧でまとめましたので、合わせてご参考ください。

 

特徴

配置場所 推奨長さ 推奨サイズ

インストリーム広告

(スキップ可能)

5秒後にスキップ可能  YouTube 動画の再生前、再生中、再生後 認知 ⇒ 15~30秒
比較検討 ⇒ 2分~3分
1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)

インストリーム広告

(スキップ不可)

15秒以内、スキップ不可 YouTube 動画の再生前、再生中、再生後 15秒 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)
バンパー広告 6秒以内、スキップ不可 YouTube 動画の再生前、再生中、再生後 6秒以内 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)
インフィード広告 ユーザー行動と関連性の高いコンテンツに配信 YouTube 検索結果、関連動画の横、モバイルのトップページ 認知 ⇒ 15~30秒
比較検討 ⇒ 2分~3分
1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
1,080 × 1,080 px(スクエア)
アウトストリーム広告 YouTube 以外のウェブサイトやアプリに表示される広告 Web サイトなどの広告枠 最大30分 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
マストヘッド広告 YouTube のホームフィード(トップページ)に掲載される広告 YouTube ホームフィードの最上部 制限なし 1,920 × 1,080 px(横長)
1,080 × 1,920 px(縦長)
ショート動画広告 縦長のショート動画 YouTube ショート 6秒~1分 1,080 × 1,920 px(縦長)

おわりに

本エントリでは、 YouTube 広告の入稿規定について解説いたしました。YouTube 広告は効果的なマーケティング手法の一つですが、入稿規定を正しく理解しなければ、広告による成果獲得が期待できません。

上記の基礎的な内容に加え、動画視聴キャンペーンをはじめ YouTube 広告キャンペーンの様々なキャンペーンについてもご紹介しておりますので、合わせてご参考ください。

YouTube 広告の運用代行をお探しの方へ


グラッドキューブは、 YouTube 広告の運用代行、動画制作・サイト制作、 LPO まで一気通貫の Web マーケティングを支援しています。

Google 主催の「 Google Premier Partner Awards 2019 」では当社の実績が認められ、動画部門広告で最優秀賞を受賞いたしました。

・ YouTube 広告を始めたいが社内にリソースがない…
・ブランドやサービスの認知を拡大したい
・YouTube 広告用の動画制作や LP 制作も任せたい!


このようなお悩みをお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。専門スタッフが貴社の目標に合わせた最適な広告プランをご提案します。

SNSでもお役立ち情報をお届けします!

この記事を書いた人

Glad Cube

グラッドキューブ ブログ編集部

株式会社グラッドキューブでWeb広告運用を行っているスタッフが、広告媒体の最新情報や運用ノウハウを発信。運営中のYouTubeチャンネル「GladCube TV」はチャンネル登録数1.4万人を突破。

他の記事を読む

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
資料請求
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×