【随時更新】YouTube広告とは?動画の形式やクリエイティブ要件、ターゲティングについて解説!

ブログ

BLOG

【随時更新】YouTube広告とは?動画の形式やクリエイティブ要件、ターゲティングについて解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ_アイキャッチOGP対応用 (1)

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の部谷です。

YouTube 広告をはじめとする動画広告は 5G の影響によって瞬く間に広がり、今や代表的な広告の1つになりました。
2020年の動画広告市場は昨年対比114%の2,954億円に達する見通しで、2021年には3,889億円、2024年には6,856億円に達すると予測されています。
(参考記事:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

動画広告は目的に合わせて配信を行い、より多くの見込み顧客を獲得することができます。

一方で、動画広告には種類やフォーマットがたくさんあり、流行りの動画広告に挑戦してみたいけど、規定や形式が分からない・・そう思っている方も多いのではないでしょうか。

本エントリでは、そんなお悩みに寄り添い、 YouTube 広告の概要を説明いたします。
具体的には、配信メニュー、クリエイティブ要件、ターゲティングについて紹介いたします。

 

YouTube 広告で配信できる動画の種類

 

配信フォーマット

フォーマット一覧表

YouTube 広告で配信可能なフォーマットは6種類あります。
それぞれの課金方式、特徴について解説していきます。

  • ■ バンパー広告
  • ■ スキップ不可のインストリーム広告
  • ■ スキップ可能なインストリーム広告
  • ■ TrueView ディスカバリー広告
  • ■ アウトストリーム広告
  • ■ マストヘッド広告

 

バンパー広告
バンパー

【課金方式】
インプレッション課金( CPM )

【特徴】

  • ■ TrueView ディスカバリー広告と連動ができる
  • ■6秒という短い時間で簡潔なメッセージを用いてユーザーにアプローチ
  • ■スキップ不可のため、ユーザーに最後まで視聴してもらうことが可能

 

【主な用途】

  • ■比較的低いインプレッション単価でリーチを拡大する
  • ■ブランド効果を拡大する

 

スキップ不可のインストリーム広告
スキップ不可 インストリーム

【課金方式】
インプレッション課金( CPM )

【特徴】

  • ■15秒間はスキップできない動画形式なので、ユーザーに最後まで視聴してもらうことが可能
  • ■ YouTube に投稿されている動画の再生前、再生中、再生後に配信される
  • ■ブランド認知とリーチに強い

 

【主な用途】

  • ■テレビに近い形式で、リーチを拡大する

 

スキップ可能なインストリーム広告
スキップ可能 インストリーム

【課金方式】
インプレッション課金( CPM )

【特徴】

  • ■ TrueView アクションや動画アクションキャンペーン(以下: VAC )の配信で使用可能。 VAC での配信ができ、長い広告見出しと説明文を設定可能
  • ■5秒後にスキップ可能な為、最後までユーザーに見てもらうためには一工夫が必要
  • ■認知やトラフィックなど、幅広いキャンペーン目的で使用できる
  • ■ YouTube および Google 動画パートナーサイトの動画再生前後、再生中に配信される

 

【主な用途】

  • ■動画途中の離脱しづらいタイミングで広告を配信する
  • ■ブランドストーリーをユーザーに伝える

 

VAC の詳細につきましては、下記の記事や動画あわせてご覧ください。
(参考記事: YouTube 広告「動画アクションキャンペーン(VAC)」について解説!

TrueView ディスカバリー広告
ディスカバリー

【課金方式】
クリック課金( CPC )

【特徴】

  • ■動画再生ページだけでなく、検索ページ、アプリのトップページにも表示される
  • ■ VAC での配信ができ、長い広告見出しと説明文を設定可能
  • ■クリックされる前は、動画のサムネイルと広告文のみ表示される

 

【主な用途】

  • ■ユーザーを自社のブランドチャンネルに誘導する
  • ■関連動画の横や検索結果の画面、モバイル版 YouTube のトップページなど、ユーザーの目に入りやすい場面に表示する

 

アウトストリーム広告
アウトストリーム

【課金方式】
ビューアブルインプレッション課金( vCPM )

【特徴】

  • ■音声なしで再生され、クリックされるとミュートが解除され、再生される
  • ■モバイルとタブレット向けの広告
  • ■ YouTube 以外の、 Google 動画パートナーに配信される

 

【主な用途】

  • ■既存の動画広告を使用してサイトやアプリに配信する
  • ■費用対効果を重視してリーチを拡大する

 

マストヘッド広告
マストヘッド

【課金方式】
掲載日数課金型( CPD )、インプレッション単価( CPM )

【特徴】

  • ■大規模なユーザーに向けて配信可能な、予約型の広告
  • ■ YouTube Home Feed で最大30秒間、音声なしで再生される

 

【主な用途】

  • ■新しいキャンペーンをできるだけ多くのユーザーに認知してもらう
  • ■期間限定イベントの広告を、短期間で広範囲のユーザーに配信する

 

(参考記事: YouTube 広告を最大限に生かせる!広告フォーマット・設定ポイントの解説

また、当社 YouTube チャンネルの「 GladCubeTV 」でも YouTube のフォーマットごとに解説しておりますので合わせてご覧ください。

 

 

 

配信目的に合ったフォーマットの選び方

 

ファネル

 

配信目的は、人により多種多様です。
例えば、商品の認知を拡大したい、多くの人に購入を促したいなどがあげられます。
各々の配信目的に沿って正しいフォーマットを選ぶことで、より強い効果を引き出すことが可能になります。

認知拡大

より多くの人に商品を知ってもらいたい方には、バンパー広告、アウトストリーム広告、スキップ不可のインストリーム広告、スキップ可能なインストリーム広告( TrueView リーチ)がおすすめです。
短い動画で効率的に商品をアピールし、多くの人の目に止まることで認知を拡大することが可能です。

比較検討

すこし尺の長い動画でユーザーの興味を増幅させるなら、 TrueView ディスカバリー広告がおすすめです。
YouTube を利用している幅広いユーザー層の中から、自社の動画のサムネイルをクリックした人に動画を配信することで、自社の商品やサービスについて検討してもらえるチャンスが高まります。

行動

ユーザーに対して購入まで促したいなら、ユーザーの行動を促すフレーズを設定できるスキップ可能なインストリーム広告( VAC )がおすすめです。購入までの具体的な行動を可視化することで、ユーザーの意欲を高めることが可能です。

あなたが配信したい目的に合わせて、広告のフォーマットを適切に選びましょう。

 

クリエイティブ要件について

 

クリエイティブの要件

先程動画の形式についてご紹介しましたが、配信する動画(以下:クリエイティブ)にはいくつかの規定があります。
ここではクリエイティブの要件について説明します。

動画サイズについて

YouTube 広告では入稿できる動画サイズが複数種類存在します。
スマートフォンで YouTube を視聴するユーザーは、およそ9割にもなります。
使用人口の多いスマートフォン向けに配信するためにも、横長の「9:16」だけでなく、縦長の「16:9」の動画を利用することが推奨されています。
(参考記事:若年層の約9割がスマホだけで YouTube を利用/有料動画アプリの利用率は25%増【ニールセン調査】

動画の長さについて
動画の長さ4

動画の長さとアスペクト比は上図の通りです。
各フォーマットごとに、長さの規定があるものとないものがあります。推奨の長さを参考に、ユーザーの関心を引き付けるクリエイティブを作成することが大切です。

 

利用不可のクリエイティブ

動画の要件については先述いたしましたが、一部ポリシー違反で不承認となってしまう動画もあります。

  • ■ 非公開の動画
  • ■ 商材との関連性が不明確
  • ■ 内容が不明確
  • ■ 著作権違反
  • ■ 性的・衝撃的な内容
  • ■ 第三者による広告配信(例外除く)
  • ■ 著作権違反

 

非公開の動画

動画データが削除されていたり、非公開に設定されていたりする場合は、動画を使用することができません。
しかし限定公開として設定されている動画は使用することができます。

商品との関連性が不明確

広告配信するサービスや商品と関連性がない、あるいは、わかりにくいものは不承認となるケースがあります。

内容が不明確なコンテンツ

広告の内容は全て容易に理解ができ、サービスを識別できるものである必要があります。

著作権

著作権に保護されているクリエイティブを使用する際は、使用権限が認められていなければいけません。

性的、衝撃的なコンテンツ

ユーザーにショックを与えるような内容は使用することが不可となっています。

第三者による広告配信

第三者による配信は、「第三者配信に関する要件」を満たしている必要があります。
それぞれ詳細な広告ポリシーについては Google 広告のヘルプをご参照ください。

(参考記事:動画広告の要件

動画を作成する前にクリエイティブ規定を確認し、不承認の原因となる要素をなくすことで効果的な動画広告の配信の準備をしましょう。

 

 

クリエイティブを活用して配信

クリエイティブを活用して効果を高めるためにも、 Google 公式が発表している ABCD フレームワークというものがあります。

ABCD フレームワークとは Attract ・ Brand ・ Connect ・ Direct の頭文字から取られたフレームワークであり、効果的な広告クリエイティブに求められる要素をまとめたものです。
ABCD フレームワークをうまく活用して、動画冒頭にクライマックスシーンを盛り込むことで視聴者の心をつかみ、離脱を防ぐことで成果改善につながるクリエイティブの作成を心がけましょう。

詳細については下記記事でご紹介しておりますので合わせてご覧くださいませ。

(参考記事: YouTube 広告の動画作成フレームワークとフォーマットの活用をご紹介

また、他の動画広告作成の際の考え方として AIBAC というものもあります。
こちらもご紹介しておりますので合わせてご覧くださいませ。

(参考記事:【初心者向け】動画広告の作成・改善ノウハウまとめ – 設計フレームワーク AIBAC –

 

 

ターゲティングについて

ディスプレイ広告同様、動画広告の配信ターゲットには、「人」、「面」をそれぞれターゲティングして配信することが可能となっております。

ターゲティング

本項では下記の通りにご紹介いたします。

  • ■ オーディエンスターゲティング
  • ■ コンテンツターゲティング
  • ■ ターゲティングの使い分け

 

 

オーディエンスターゲティング

オーディエンスターゲティングは、動画を見ている「人」に絞って配信する手法です。
具体的には下記のようなものがあります。

アフィニティ

アフィニティはライフスタイル、興味や関心、消費習慣などに基づき、配信先を決定します。
(例)買い物好き、スポーツ・フィットネス等

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスは、「キーワード、 URL 、アプリ」を指定して、それらに関心のあるユーザーにアプローチします。

詳しいユーザー属性

詳しいユーザー属性では、同じ特徴をもつユーザーセグメントに対してアプローチすることが可能です。
(例)世帯収入、育児の段階等

ライフイベント

ライフイベントでは、人生の節目を迎えているユーザーに配信されます。
(例)結婚、大学卒業等

購入意向の強いオーディエンス

購入意向の強いオーディエンスでは、レビューサイトや価格比較サイトを訪問しているなど、購入の意思表示をしているユーザーに対して配信を行います。
(例)ソフトウェア、スポーツ・フィットネス等

リマーケティング(動画、 Web サイト、アプリ)

リマーケティングでは、自社のサイトや YouTube チャンネルに訪れたことのあるユーザーに対して、配信が強化されます。

カスタマーマッチ

カスタマーマッチは、既存顧客の CRM データ(メール、電話番号、住所など)を用いて、既存顧客に再アプローチをしたり、それに基づく類似ユーザーリストの作成を行います。

類似ユーザー

類似ユーザーでは、既存顧客の特徴と類似するユーザーを割り出し、より見込みの高いユーザーに向けてアプローチします。

(参考記事:オーディエンス ターゲティングについて

 

 

コンテンツターゲティング

コンテンツターゲティングは、動画を表示する「面」を指定して配信する手法です。
具体的には下記のようなものがあります。

  • ■ プレースメント
  • ■ トピック
  • ■ キーワード
  • ■ デバイス

 

プレースメント

プレースメントでは、広告が配信される配信面を指定することが可能です。
(例)YouTube 動画、 Google ディスプレイ ネットワーク上のアプリ等

トピック

特定のトピックに関心を持つユーザーに向けて、関連するウェブページ、アプリ、動画に広告を掲載できます。
(例)自動車、カメラ等

キーワード

指定したキーワード(単語やフレーズ)に基づいて、ユーザーが関心のありそうなサイトや YouTube 上の動画に広告を配信します。

デバイス

ユーザーが使用するデバイスを指定して配信を行います。
(例)スマートフォン、テレビ画面等

(参考記事:動画キャンペーンのターゲティングについて

 

 

ターゲティングの使い分け

先程ターゲティングについて紹介しましたが、配信の目的に沿って使い分けることで、さらに大きな効果を期待することができます。

オーディエンスターゲティング

(1)認知拡大

  • ■ユーザー属性
  • ■アフィニティ
  • ■カスタムアフィニティ

 

ユーザー属性は年齢や性別、アフィニティやカスタムアフィニティではユーザーの興味関心といった、比較的広範囲なターゲット層に配信することが可能です。
認知拡大をする際には、商品やサービスに関心のある層に対して幅広くリーチすることで効果の拡大が期待されます。

(2)比較検討

  • ■カスタムオーディエンス
  • ■ライフイベント
  • ■類似ユーザー
  • ■購入意向の強いオーディエンス

 

ユーザーが訪れているサイトや関心のあるキーワードを元にターゲット層を絞り、効果的に比較検討層にアプローチすることが可能です。

(3)行動

  • ■リマーケティング

 

自社サイトに訪れ、すでに商品やサービスに興味があるユーザーに対して配信し、購入を促すことが可能です。

コンテンツターゲティング

(1)認知拡大

  • ■デバイス
  • ■アフィニティ

 

トラフィックの多いサイト内などに指定したり、見込みユーザーが使用するであろうデバイスの指定をしたりすることで、幅広いユーザー層に配信することが可能です。

(2)行動

  • ■キーワード
  • ■トピック

 

配信したい商品やサービスに関連した動画やサイトに広く配信することで、より見込みの高いユーザーにアプローチが可能です。

それぞれの商品や配信したい「人」、「面」によって適した設定方法を行うことが大切です。
また、本項でご紹介したターゲティングやクリエイティブについては、こちらの動画でも詳しく解説しております。

 

 

おわりに

本エントリでは YouTube 広告の配信フォーマットや動画クリエイティブ要件、ターゲティングについてご紹介いたしました。

配信の目的にあわせて動画やターゲティング、配信フォーマットを適切に選んだり、組み合わせることで、より高い成果を目指すことができます。

YouTube 広告の基礎についてはこちらの動画でも紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

当社では、 Google Premier Partner Awards 2019においてその実績が認められ、動画部門の最優秀賞をいただきました。
また日々お客様の目標へコミットをし続けていることで、全国でも数少ない認定パートナーに選ばれております。

YouTube 広告をはじめ、動画広告やリスティング広告、 SNS 広告などの常に最新情報を活用し運用代行を承っております。

高い運用力と最新情報を活用した動画広告の運用代行について、ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

▼動画広告のお問い合わせはこちら
01afd16b56ab4fd90dd0e9b33e472216

▼ グラッドキューブの実績はこちら
グラッドキューブの実績はこちら

アカウント無料診断
Popup-Banner_728x90

▼チャンネル登録もよろしくお願いします!

(参照:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表
(参照:若年層の約9割がスマホだけで YouTube を利用/有料動画アプリの利用率は25%増【ニールセン調査】
(参照:動画広告の要件
(参照:オーディエンス ターゲティングについて
(参照:動画キャンペーンのターゲティングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×