長尺で楽しめるストーリーズ!? Instagram の動画投稿アプリ「IGTV」を徹底解説!

ブログ

BLOG

長尺で楽しめるストーリーズ!? Instagram の動画投稿アプリ「IGTV」を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ_SSS1

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の藤森です。

Instagram には縦型のフルスクリーン動画を楽しむことができる「IGTV(アイジーティヴィ)」という動画共有アプリがあることをご存じでしょうか。
Instagram に投稿できる動画は長さが1分間に制限されておりますが、「IGTV」では最長で60分の動画が視聴可能であり、活用することでユーザーにより多くの情報をわかりやすくお伝えすることが可能です。

本エントリでは、この「IGTV」について解説していきます。

「IGTV」とは

スライド1
「IGTV」とは Instagram は2018年6月20日(米国時間)にリリースした Instagram の動画共有アプリで、縦型のフルスクリーン動画を最大60分まで共有することが可能です。
従来の動画共有機能では Instagram ストーリーズが筆頭でしたが、「IGTV」ではストーリーズのようなスマホ特化の縦型スクリーンによるインパクトを残しつつ、最大60分の再生が可能という革新性を取り入れており、動画による表現の幅が大きく拡張しております。

また、Instagram 共同創業者 兼 最高経営責任者のケビン・シストロムはリリースの際に次のように述べています。

「Instagram はこれまでも、人との繋がりからインスピレーションを受けたり、新しいことを知ったり、楽しみを発見したりする場であり続けてきました。「IGTV」が新しい章の始まりとなり、コミュニティの皆さまの力で、Instagram における動画の可能性がさらに広がることを楽しみにしています。「IGTV」を通して、大切な人や大好きなことと、皆さまの距離がいっそう近づけば幸いです。」
参考:IGTVへようこそ By 共同創業者 兼 CEO ケビン・シストロム(Kevin Systrom)ー

「IGTV」の特徴

参考:Instagram|IGTV|公式サイト
参考:IGTV とは
参考:Instagramの最新情報

「IGTV」は縦型のフルスクリーン動画を投稿できる

3035bf5f88345aa987cbe2bbedcc4313
「IGTV」の代表的な特徴の一つは縦型のフルスクリーン動画であることです。
これは、スマートフォンが主に縦持ちで使われることを踏まえ、縦型フルスクリーン表示に特化した設計となっています。

1分以上の動画投稿が可能

Instagram に投稿できる動画は長さが1分間に制限されておりますが、「IGTV」では最長で60分の動画が視聴可能です。
また、ストーリーズのように時間がたっても消えることがないためより一層幅広い表現が可能です。

開いた瞬間に再生・クリエイター自身がチャンネル

de03b68a6c07af4d4fba7c786529671d
「IGTV」ではテレビと同じように、アプリを開いたと同時にコンテンツが再生されます。
また、検索をせずとも Instagram でフォローしているクリエイターや、趣味・関心に関連するおすすめクリエイターのコンテンツが最初から表示されます。
動画には Instagram と同じように「いいね!」やコメントをしたり、直接友達に送信したりすることが可能です。

Instagram のフォロー数とフォロワー数が引き継がれる

69180704_1639035489570142_7716659258439237632_n
「IGTV」アプリを既存の Instagram アカウントと紐づけることで、これまでのフォロー数とフォロワー数を引き継ぐことができます。そのため、既存ユーザーにすぐに「IGTV」で訴求していくことが可能です。

投稿動画にURLリンク・文章・ハッシュタグを設置できる

69080449_485411772272708_6256184044938067968_n
「IGTV」では投稿動画にURLリンクを挿入することができ、動画を見たユーザーをそのままサイトへ誘導することが可能です。
これは、Instagram のフィード投稿やストーリーズ投稿ではできない仕様です。
また、詳しい説明を文章で挿入したり、ハッシュタグをつけることで Instagram の検索結果に表示させることも可能ですので、活用することで興味関心を高めてサイトに誘導できます。

Instagram のストーリーズ、フィードから「IGTV」へ誘導できる

69109402_930352910690926_4390847639109763072_n
「IGTV」と Instagram を連携させることにより、「IGTV」で投稿した動画をストーリーズに表示させることが可能です。これにより、Instagram ストーリーズからも「IGTV」に誘導することが可能です。
また、フィード投稿にも動画プレビューを表示することができ、その際には投稿上に「IGTV」のアイコンが表示されます。

インスタライブの配信動画を「IGTV」へシェアできる

インスタライブの配信動画に関しても、アーカイブすることで「IGTV」に使用することができます。
インスタライブでは、生配信という特性上その時に見に来られなかったユーザーにはアプローチできませんでしたが、「IGTV」を活用することで後日その配信の模様をユーザーが閲覧することができます。
また、Instagram のストーリーズ自体もアーカイブすることで、IGTVにも使う事が可能です。

Instagram のストーリーズと「IGTV」の違いは?

SI
「IGTV」とストーリーズを比較すると上の表のようになります。
特に大きな違いは、「IGTV」は24時間で消滅しないこと。1分以上の動画投稿が可能であることが挙げられます。
また共通点としては、縦型のフルスクリーン動画、趣味・関心に関連するおすすめクリエイターのコンテンツが表示されることが挙げられます。
より Instagram のストーリーズや Facebook の動画広告に興味がある方は以下の記事をご参照ください。
参考:Instagram のストーリーズ広告とは?出稿方法や最新アップデート情報など
参考:Facebook の動画広告を最大限に生かせる設定・運用ポイントの解説

「IGTV」と YouTube の違い

IY
「IGTV」と YouTube を比較すると上の表のようになります。
特に「IGTV」の大きな違いは、縦型のフルスクリーン動画、検索なしで表示されること、Instagram との互換性が挙げられます。Instagram と互換性があることで、既に Instagram で獲得できているユーザーにリーチすることができるため、Instagram を活用している方は「IGTV」の活用することがよりユーザーを惹きつけることが可能です。
また、縦型のフルスクリーン動画がメインであることから YouTube と比較しても、見え方の印象は異なります。そのため、YouTube と併用してIGTVを利用される場合は、それぞれ専用で動画を作成することをお勧めいたします。
よりYouTubeの詳細を知りたい方は以下の記事をご参照ください。
参考:【完全版】YouTube広告とは?メリット・広告メニュー・効果的なクリエイティブを徹底解説
参考:【2020年最新】媒体別 動画広告のフォーマットと入稿規定

おわりに

本エントリでは、Instagram 動画共有アプリ「IGTV]をお伝えしてきました。
「IGTV」を活用することで Instagram のユーザーに最大60分の縦型のフルスクリーン動画アプローチすることができ、よりユーザーを惹きつけることが可能です。
既に Instagram 広告を始めとした Instagram を活用したマーケティングを行っている方はぜひこの機会に取り組まれることをおすすめいたします。
また、Instagram のオーガニック投稿でフォロワーを増やす方法に関しても以下の記事でお伝えしておりますので、興味のある方はご参照ください。
参考:フォロワーを増やしたい! Instagram のオーガニック投稿でフォロワーを増やす方法

当社にご依頼いただいた際には、「IGTV」の活用方法をはじめとしたSNSマーケティングの提案や弊社のノウハウに基づいたアカウントの設計、運用代行サポートをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
また Web 広告の運用代行サービスとして、広告費25万円以下でご検討されている方向けのプランもご用意しております。

Facebook / Instagram 広告向けのプランもご用意していますので、広告出稿を検討されている方はぜひお問い合わせください。

グロースLP
Popup-Banner_728x90

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ Facebook広告 運用代行 グラッドキューブ Instagram広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×