ブログ

BLOG

【初心者必見】YouTube インストリーム広告を徹底解説

YouTube インストリーム広告は、マーケティング初心者にとって理解しやすく、効果的な広告手法です。

本エントリでは、インストリーム広告の概要からメリット・デメリット、配信パターンや種類、課金方法、出稿方法、スキップされない広告を作るコツ、適切な KPI 指標まで解説いたします。

※ YouTube 広告の種類一覧は、下記の記事をご覧ください。

目次

こちらの記事をお読みの方にオススメ!

「何から始めたらいいの?」が分かる!

基礎から学ぶ YouTube 広告活用術

 


 


YouTube 広告に興味はあるものの、「何から始めたらいいのかわからない」とお悩みではないでしょうか?目的に合わせたキャンペーンタイプの選び方、効果的な動画の作り方・A/B テストの方法など、 YouTube 広告を成功させるためのポイントをご紹介します。

YouTube インストリーム広告の概要

インストリーム広告は、 YouTube の動画再生時に表示される広告形式の1つです。ユーザーが動画を視聴する際に、動画の前、中間、後に挿入され、ブランドや商品のメッセージを効果的に伝えることができます。そのため視聴者の注意を引きやすく、視覚的・聴覚的に訴求することが可能です。

YouTube インストリーム広告のメリット

インストリーム広告は以下のメリットがあります。

高い視認性

インストリーム広告は、ユーザーが動画を視聴する際に必ず目にするため、視認性が高いです。そのためブランド認知度の向上や商品理解を促進することができます。

広範囲なリーチ

YouTube は、世界中で利用されているプラットフォームであり、広範囲なユーザーにリーチすることができます。特にターゲット層が明確な場合、精度の高い広告配信が可能です。

効果測定が容易

インストリーム広告は、視聴回数、クリック率、コンバージョン率など、具体的なデータで効果を測定できるため、広告の改善や最適化に役立ちます。

YouTube インストリーム広告のデメリット

インストリーム広告は以下のデメリットがあります。

スキップされる可能性

スキップ可能型の広告は、ユーザーによってスキップされることがあり、メッセージが完全に伝わらないリスクがあります。

クリエイティブの質が重要

視聴者の関心を引くためには、質の高いクリエイティブが求められます。単調な内容や魅力のない広告は効果が薄くなります。

YouTube インストリーム広告の配信パターン

インストリーム広告は、動画の再生前、中間、後に配信されるパターンがあります。それぞれの特徴を理解し、効果的に活用することが重要です。

プレロール(動画の再生前)

プレロール広告は、動画が再生される前に表示される広告です。ユーザーがコンテンツを視聴する前に強制的に表示されるため、視聴率が高いのが特徴です。ブランド認知度の向上に最適です。

ミッドロール(動画の再生中)

ミッドロール広告は、動画の再生中に挿入される広告です。特に長尺の動画で効果を発揮し、視聴者が途中でスキップしづらい位置に配置されます。エンゲージメントを高めるのに適しています。

ポストロール(動画の再生後)

ポストロール広告は、動画の再生後に表示される広告です。視聴後の余韻に浸っているタイミングで表示されるため、コンバージョン率が高いのが特徴です。

YouTube インストリーム広告の種類

インストリーム広告にはいくつかの種類があります。それぞれの特性を理解し、目的に応じて使い分けることが重要です。

スキップ可能型(スキッパブル型)

スキップ可能型の広告は、視聴者が5秒後にスキップできる広告です。この形式は、視聴者に強制感を与えず、興味を引いたユーザーに対してのみメッセージを伝えることができるため、ブランド認知度の向上に効果的です。

(出典: YouTubeヘルプ YouTube の広告フォーマット

完全視聴型

完全視聴型の広告は、スキップ不可で最後まで視聴されることを前提とした広告です。この形式は、確実にメッセージを伝えることができるため、商品の詳細な説明やブランドストーリーの伝達に適しています。

(出典: YouTubeヘルプ YouTube の広告フォーマット

バンパー型

バンパー型の広告は、6秒以内で視聴者にインパクトを与える短尺の広告です。短い時間で強い印象を残すため、ブランディングや短期間でのプロモーションに適しています。

(出典: YouTubeヘルプ YouTube の広告フォーマット
(参照: YouTubeヘルプ YouTube の広告フォーマット

YouTube インストリーム広告の課金方法

インストリーム広告の課金体系は、主に CPV (Cost Per View)と CPM (Cost Per Mille)の2種類です。それぞれの特徴を理解し、目的に応じて選択することが重要です。

CPV ( Cost Per View )課金

CPV 課金は、視聴回数に基づいて料金が発生する方式です。この課金方法はスキップ可能型の広告が当てはまります。視聴者が広告を30秒以上視聴した場合や、広告が30秒未満の場合は最後まで視聴した場合に課金されます。

CPM ( Cost Per Mille )課金

CPM 課金は、1,000回の表示ごとに料金が発生する方式です。この課金方法は完全視聴型、バンパー型の広告が当てはまります。表示回数に基づいて料金が発生するため、広範囲なリーチを求める場合に適しています。特にブランド認知度の向上を目的とする場合に効果的です。

YouTube インストリーム広告の出稿方法

インストリーム広告の出稿は、以下の4つのステップで行います。

広告アカウントの作成

最初に、 Google 広告アカウントを作成します。これにより、 YouTube 広告を管理するための基盤が整います。

キャンペーンの設定

次に、広告キャンペーンを設定します。目標、予算、期間、ターゲットオーディエンスを設定し、広告の配信条件を明確にします。

広告の作成

広告クリエイティブを作成します。魅力的な映像やメッセージを盛り込み、視聴者の関心を引く内容に仕上げます。

広告の配信と管理

最後に、広告を配信し、その効果をモニタリングします。必要に応じて、クリエイティブや配信設定を調整し、最適化を図ります。

スキップされない YouTube インストリーム広告を作るコツ

スキップ可能型の広告が多い中で、スキップされずに視聴されるためには、いくつかのコツがあります。

初めの2秒で視聴者の注意を引く

広告の最初の2秒間で視聴者の注意を引くことが非常に重要です。視覚的に魅力的な映像や、興味をそそるメッセージを用いることで、視聴者がスキップするのを防ぎます。動画広告は平均再生時間が冒頭の数秒になることが多く、冒頭が占める成果への影響は大きい傾向にあります。

明確なコールトゥアクション( CTA )の設定

広告の中で、視聴者に具体的なアクションを促すコールトゥアクションを盛り込むことで、視聴後の行動を促進します。例えば、「今すぐ登録」や「詳細はこちら」といった明確な指示が効果的です。

ターゲットに合わせたコンテンツ

視聴者の興味や関心に合わせたコンテンツを作成することが重要です。ターゲットオーディエンスの嗜好やニーズを理解し、それに基づいた広告を制作します。

フレームワークを使用する

動画広告は、魅力的なコンテンツを提供するだけでなく、正しいフレームワークに基づいて構築されることで目的に応じた成果を獲得しやすくなります。

※動画広告のフレームワークの詳細は、下記の記事をご覧ください。

YouTube インストリーム広告の適切なKPI指標とは?

インストリーム広告の効果を測定するためには、種類別の KPI ( Key Performance Indicator )を設定することが重要です。以下に、各広告種類に適した KPI を紹介します。

スキップ可能型

■ 視聴率
スキップ可能型の広告では、何%の視聴者が広告を最後まで視聴したかを測定します。

■ クリック率( CTR )
広告が表示された回数に対して、何回クリックされたかを測定します。

完全視聴型

■ 完全視聴率
広告を最後まで視聴したユーザーの割合を測定します。

■ 視聴完了率
広告を全編視聴したユーザーの数を測定します。

※視聴回数を最大化する場合は、 YouTube 広告動画視聴キャンペーンが有効です詳しくは下記の記事をご覧ください。

バンパー型

■ 視聴インプレッション
6秒以内の短い時間で視聴された回数を測定します。

■ ブランドリフト
ブランド認知度や好感度の向上を測定します。

おわりに

YouTube インストリーム広告は、視認性が高く、広範囲なリーチを持つ効果的な広告手法です。

配信タイミングや種類、課金体系を理解し、ターゲットに合わせたクリエイティブを作成することで、広告効果を最大化できます。さらに、手法別の KPI を設定し、効果を測定・最適化することで、より高い成果を得ることができます。

マーケティング初心者でも、このガイドを参考にすることで、効果的なインストリーム広告を運用するための基本を押さえることができるでしょう。

YouTube 広告の運用代行をお探しの方へ


グラッドキューブは、 YouTube 広告の運用代行、動画制作・サイト制作、 LPO まで一気通貫の Web マーケティングを支援しています。

Google 主催の「 Google Premier Partner Awards 2019 」では当社の実績が認められ、動画部門広告で最優秀賞を受賞いたしました。

・ YouTube 広告を始めたいが社内にリソースがない…
・ブランドやサービスの認知を拡大したい
・YouTube 広告用の動画制作や LP 制作も任せたい!


このようなお悩みをお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。専門スタッフが貴社の目標に合わせた最適な広告プランをご提案します。

SNSでもお役立ち情報をお届けします!

この記事を書いた人

Glad Cube

グラッドキューブ ブログ編集部

株式会社グラッドキューブでWeb広告運用を行っているスタッフが、広告媒体の最新情報や運用ノウハウを発信。運営中のYouTubeチャンネル「GladCube TV」はチャンネル登録数1.4万人を突破。

他の記事を読む

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
資料請求
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×