【随時更新】 Facebook / Instagram 広告の推奨アスペクト比とは?クリエイティブ・広告文作りのポイントも解説

ブログ

BLOG

【随時更新】 Facebook / Instagram 広告の推奨アスペクト比とは?クリエイティブ・広告文作りのポイントも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fb_ig

※この記事は2022年7月1日にアップデートしています。

みなさん、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の長野です。

Facebook / Instagram 広告は配信面が多く、クリエイティブのアスペクト比に悩まれることが多いかと思います。

本エントリでは配信面毎の推奨アスペクト比をまとめましたので、ぜひご参考ください。また、 効果的なクリエイティブ作りの方法もあわせてご紹介します。

 

配信面とフォーマット

Facebook / Instagram 広告の掲載先には Facebook ・ Instagram ・ Audience Network ・ Messenger の4つがあり、それぞれに複数の配信面があります。
Facebook / Instagram 広告は SNS 広告の中でも配信面やフォーマットが豊富で、様々な見せ方で商材をアピールできます。

Facebook・Instagram広告_推奨アスペクト比_配信面一覧
(参考記事: Facebook 広告ガイド

 

自動設置・手動設置

Facebook / Instagram 広告では、広告の配信面を自動または手動の2種類から選択することができます。

自動配置

自動配置とは、 Facebook ・ Instagram ・ Audience Network ・ Messenger の配信面の中から効果の高い面が判断され、自動的に広告が配信される設定です。
すべての配信面が配信対象となりますが、より効果の高い配信面に配信量が偏っていきます。配信面毎の効果が機械学習によって自動で判断されるため、手動で出し分けるよりも効率的で費用対効果が高い設定です。

手動配置

手動配置とは、配信面を手動で選択する設定です。すべての配信面の中から配信したい面だけを選択できます。「 Instagram を利用しているユーザーにのみ広告を配信したい」など、ターゲットが明確な場合に使用します。
配信面を絞るとその分配信機会が少なくなるため、機械学習に必要なシグナルが減少し、最適化がうまく行われず費用対効果が低下する可能性があります。

配置面に強くこだわる必要がない場合は、自動配置をおすすめします。

 

推奨アスペクト比

配信面毎の推奨アスペクト比をまとめました。

1:1の一種類でも複数の面へ配信できますが、配信面毎に推奨サイズのクリエイティブを使用することで、より広告の効果を高められます。

Facebook・Instagram広告_推奨アスペクト比別一覧

(引用元: Meta ビジネスヘルプセンター
(参考記事: Facebook 広告ガイド

 

クリエイティブのポイント


(1)ターゲットを明確に

クリエイティブで重要なのは、誰に向けた広告か一目で分かることです。広告をパッと見てすぐに「自分に関係がある情報だ」とユーザーに認識してもらう必要があります。

サービスを利用する人物の生活や悩みなどを具体的に思い描き、思わずタップしたくなるようなクリエイティブを作成しましょう。


(2) A/B テストを行う

A/B テストとは、複数のクリエイティブを配信し、その他の条件は全く同じに揃えた上で成果を比較する方法です。

例えば1回目の A/B テストで A パターンが良かった場合は、A を残して A´ パターンを追加し、更に検証していきます。このように A/B テストを繰り返すことでクリエイティブの勝ちパターンが見つかり、費用対効果が高められます。

また、同じクリエイティブを配信し続けると、ユーザーが広告を見飽きてしまい、クリック率が下がり表示回数が減少する、という悪循環に陥る場合があります。
そのような事態を防ぐためにも定期的に新しいクリエイティブを追加していきましょう。

 

広告文のポイント


(1)クリエイティブと関連付ける

広告文とクリエイティブの内容に乖離があるとユーザーに適切な情報を伝えることができません。広告文でクリエイティブの内容を補完したり強調したりすることで、クリエイティブの効果を最大化することができます。


(2)端的にまとめる

ユーザーに伝えたい内容を絞ってできるだけ要約した形で表現することが重要です。最も伝えたい内容を短くまとめて冒頭部分に持ってくること効果的です。


(3)ターゲットごとに広告文を変える

広告を配信したいターゲットが複数ある場合はターゲットごとの広告文を作成しましょう。クリエイティブのポイント(1)と同様で、「自分に関係がある情報だ」とユーザーに認識してもらうためにはターゲットに合わせた広告文を使用すると効果的です。

 

おわりに

本エントリでは Facebook / Instagram 広告の推奨アスペクト比についてご紹介しました。すべての推奨サイズを用意するのが難しい場合は、最低限 1:1 と 9:16 の2種類配信されるのがおすすめです。

当社では Facebook / Instagram 広告を始めとした SNS 広告の運用代行および広告用バナー・動画制作を承っております。

広告費50万円以下でご検討されている方向けのプランもご用意しておりますので、少額から広告を配信をしてみたいという方はぜひお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ Facebook広告 運用代行 グラッドキューブ Instagram広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×