【2020年最新】 Yahoo! 検索広告、自動運用ルールリリースのお知らせ

ブログ

BLOG

【2020年最新】 Yahoo! 検索広告、自動運用ルールリリースのお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MSPRESROOMlogo-1

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ネット広告事業部の廣畑です。

9月9日から、 Yahoo! 検索広告で広告アカウントの自動運用ルールが提供開始となりました。
このアップデートにより、設定したルールに則って自動的にキーワードの追加・停止や予算調整、入札価格調整が可能となるため、運用時間の削減や効率化が期待できます。
本エントリでは、 Yahoo! 検索広告の自動運用ルールについてご紹介いたします。

目次

  1. 自動運用ルールとは
  2. 自動運用ルールのメリット
  3. 設定方法
  4. 注意事項
  5. おわりに

自動運用ルールとは

今回リリースされた自動運用ルールとは、 Yahoo! 検索広告において、利用者が設定した運用ルールに基づいて、検索クエリのキーワードへの追加や入札価格の変更などの運用自動で実行する機能です。
アカウント・キャンペーン・広告単位で設定することができ、配信の結果が設定した条件と合致した場合に、目的とする運用ルールが実行されます。
例えば、「キャンペーンで過去7日間でコンバージョンが5件以上の検索クエリーを検索キーワードに追加する」を運用ルールとして設定すると、対象の期間内でそのルールに合致した検索クエリーが検索キーワードに自動的に追加されます。
31fe1da2d6de6cd48bc311cbabc076fd

設定可能な運用目的は以下の通りです。

  • ■効果の低いキーワードの配信停止・対象外キーワードへの追加
  • ■効果の高い検索クエリーのキーワード追加
  • ■キャンペーンの一日の予算の変更
  • ■広告グループの入札価格の変更
  • ■キーワードの入札価格変更

 

自動運用ルールのメリット

Yahoo! 検索広告で自動運用ルールを利用するメリットとして、以下のポイントが挙げられます。

  • ■広告運用の経験・ノウハウのルール化
  • ■運用工数の節約
  • ■適切な予算管理
  • ■キーワードの追加
  • ■効果の低いキーワードの停止

 

広告の運用を行っていく中で、アカウント内の予算調整やキーワードの登録・停止の設定、入札単価の調整など、やるべきことが多いアカウントは少なくありません。また、決まった曜日だけ運用ができない時や、運用に手が回らないタイミングが発生することも考えられます。

そのような時に自動運用ルールを活用することで、日々の決まった運用を自動化したり、対応できない時間での運用を自動的に行うことができます。
このように、これまで運用者が蓄積してきた経験やノウハウをルール化したり、決まった曜日や日付での自動運用設定をすることで、運用工数の節約が期待できます。また自動化により入稿頻度をこれまで以上に増やすことができ、より質の高い運用調整ができるようになります。

設定方法

ここからは自動運用ルールの設定方法について「効果の高い検索クエリーのキーワード追加」のルールを例としてご紹介いたします。

(1)ルール化したい広告アカウントの管理画面から「ツール」タブをクリックし、ツール一覧画面で「自動運用ルール」をクリックします。
1_ツール選択画面(修正)
(2)「自動運用ルールの新規作成」ボタンをクリックします。
2_新規作成クリック
(3)新規作成画面において、設定したい目的を選択し、詳細の実行内容を設定します。
「効果の高い検索クエリーのキーワード追加」をクリックした場合、登録の際のマッチタイプ選択が実行内容となります。
3_目的選択
(4)設定したルールを関連付ける対象を選択します。
 ※アカウント・キャンペーン・広告グループから選択できます

(5)自動運用ルールで変更対象とする条件および集計期間を選択します。
例:「コンバージョン数が5回以上」など
4_条件設定
5_集計期間選択
(6)設定した条件で自動運用を実行した場合に、変更の対象となる入稿内容を確認できます。
「表示する」をクリックすると、別画面で一覧が表示されます

(7)自動運用ルールを実行する間隔を指定します
6_実行タイミング選択
(8)自動運用のルール名の記入と実行設定を選択して「作成」ボタンを押します
7_保存まで

注意事項

ここで自動運用ルールの設定に関して注意点が2点あります。

(1)アカウント構造を整える

自動運用ルールを効果的に使うために、事前にアカウント構造が適切かどうかを確認する必要があります。
キャンペーンが一日の予算にあたっていないか、キーワードの重複が発生していないかなど、ルール導入前に配信に関して適切な設定ができているか確認しましょう。

(2)クリエイティブを定期的に改善する

アカウント構造が整い、自動運用ルールを導入した後は、キーワードの停止や追加等が自動的に行えるようになります。その際に検索クエリーを確認し、効果の高いクエリーがある場合は、それをクリエイティブに追加することが重要です。自動運用ルールの範囲は予算設定とキーワード設定が中心となるため、キーワードの自動設定で見込みの高いキーワードを見つけながら、定期的にクリエイティブの見直しと改善をしていくことが重要になります。
ef6904b979b24cbe86c97e11cc451657

おわりに

本エントリでは、 Yahoo! 検索広告の自動運用ルールについてご紹介いたしました。
今まで手動で設定していた運用項目を自動で行うことができるようになり、運用工数の節約や効率化が期待できます。
一方で、自動運用として設定する場合でも、効果を高めるためにはクリエイティブの改善がより重要となります。
配信成果に応じてクリエイティブを定期的に改善することで、自動運用ルールがより効果を発揮することになるでしょう。

グラッドキューブでは、 Yahoo! 検索広告をはじめとするリスティング広告の運用代行を承っております。
リスティング広告の運用代行についてご興味がありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせくださいませ。

リスティング広告 運用代行はこちら
グラッドキューブの実績はこちら

(参照:【検索広告】自動運用ルール機能追加のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×