Facebook広告におけるiOS14 アップデートの影響【ドメイン認証編】

ブログ

BLOG

Facebook広告におけるiOS14 アップデートの影響【ドメイン認証編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ_アイキャッチ ドメイン

ドメイン認証 サムネ
みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の藤森です。

Facebook 広告では、Apple が発表した iOS14 アップデートにより一部の機能に制限がかかると発表されています。
その対策のため Facebook 広告において新たに対応が必要な設定がアナウンスされています。
すべての広告主様に関わる重大な内容になりますので、対応は必須になります。
本エントリでは、Facebook 広告の iOS14 アップデートに関わる対応について解説していきます。

iOS14 アップデートの影響

2020年6月に Apple が発表した iOS14の3つの新ポリシーが全面的に施行されます。

アプリが取得する情報を表示するプライバシーラベル義務化

全てのアプリは、アプリのデータ取得に関する方針に基づき、Apple の App Store Connectを通じて提示する必要があります。

トラッキングの透明性に関するオプトイン設定画面義務化

App Store で公開されている Facebookなどのアプリは、Apple の AppTrackingTransparency ( ATT,オプトイン設定画面)を通じてサードパーティのアプリとウェブサイトにおけるトラッキングの許可を利用者に求める必要があります。

アプリ/ブラウザーのAPIを通じたトラッキング義務化

Facebookやその他プラットフォームは、イベントのレポートを制限および合算し、遅延させるSKAdNetwork(SKAN)APIを導入する必要があります。

ウェブ広告主の影響

FacebookのPCMに対する対策 AEM(合算イベント測定)の導入

Apple では PCM と呼ばれる計測ツールの導入が推奨されておりますが、PCM の導入では以下の問題点が指摘されております。

◼アプリからウェブへのコンバージョン測定
◼クロスドメイン(ドメインが二つ以上にまたがる場合)の効果測定

これらは広告の計測に大きく影響するため、Facebook 広告では独自開発の AEM (合算イベント測定)が導入されます。
AEM では以下の特徴があります。

◼アプリからウェブへのアトリビューションに対応
◼クロスドメインの効果測定対応予定
◼他のプラットフォームのプライバシーに関する取り組み(プライバシーサンドボックスなど)に対応

これらが今後広告配信の計測に大きな影響を与えていくことになります。

iOS14における Facebook 広告の詳細な影響

今回の iOS14アップデートにより Facebook 広告では具体的に以下の変更がされます。

イベント数がドメインごとに8件に制限

今後はドメイン単位でイベントは8件のみ設定が可能になります。
ピクセル間をまたいで合算で8件の扱いになるため、複数の広告会社間でも統一する必要があります。
また、多国籍企業ではドメインの設定方法次第で測定可能なイベントが全世界で8件だけに制限されてしまう可能性があります。

オプトアウトの場合計測できるイベントは1件のみ

ユーザーがオプトアウト( cookie の使用を制限する選択)を行った場合、計測できるイベントは1件のみになります。
そのため、8件イベントを指定していたとしてもいずれか一つのみの計測しかできなくなります。

iOS14における Facebook 広告の詳細な対策

ドメイン認証

ドメイン単位でイベントを8件指定するために、まず Facebook 広告とドメインの紐づけを行う必要があります。
具体的な設定内容は下記におまとめしております。

イベントの8件指定と順位づけ

計測できるイベントを8件選択することで、必要なイベントを残すことが可能です。
また、ユーザーがオプトアウトした際に計測できる1件のイベントを指定するために、優先順位を設定することがおすすめされます。

ドメイン認証設定方法

ドメイン認証の方法に関しては以下の手順の通りです。
d1b1248132699f0a269ee29cf9949b30
6a719af3ad0f6cba028090d590c89ed4
20f55b39d2fb6e1b5fb63b8ea362ab66
19293d64ebdcd88f71068b303b88acd0
d3443f2868dabb54daee85082cffbe71
5e46721310b31a8840559906b4944a6c
375a0d9cf5de789b1c907443ecb37de6
15c3373f62aab256b4cd4b87341307ba
7fd91c4f24233d0ad4f4001fc93b5f79
b9bd0af1860df6e7dc19808f11cd22d2

おわりに

本エントリでは、Facebook 広告における iOS14 アップデートの影響をお伝えしてきました。
今後も媒体の情報がアップデートされ次第、弊社ブログでもアナウンスを行ってまいります。

また当社にご依頼いただいた際には、媒体社の最新の情報をキャッチアップのうえアカウントの設計、運用代行サポートをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
また Web 広告の運用代行サービスとして、広告費25万円以下でご検討されている方向けのプランもご用意しております。

グロースLP
Popup-Banner_728x90

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×