Instagram広告のリール広告とは?他社と差がつく!?メリットと配信設定のポイントを詳しく解説!

ブログ

BLOG

Instagram広告のリール広告とは?他社と差がつく!?メリットと配信設定のポイントを詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スライド1
アイキャッチ

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の高井です。

2021年6月17日より、 Instagram 広告にてリール広告がローンチされました。
Instagram 広告では、「発見タブ」「フィード」「ストーリーズ」3つの配信面での広告配信が可能でしたが、2021年6月より「リール」も選択が可能になっています。

本エントリでは、 Instagram 広告のリール広告についてご紹介いたします。

YouTube チャンネル『【 Instagram 】リール広告を配信する方法』が公開されておりますので、ぜひご覧下さい。

(【 Instagram 】リール広告を配信する方法

 

リール広告概要

 

リール広告とは

リール広告とは、短尺動画を閲覧できるリール機能の面に提供できる広告になります。
リールの特徴としては、 Instagram への投稿全体から見る人の好みや関心に合わせて抽出したものが表示されることで、リール広告はリールの閲覧中にのみ表示されます。

(参照: Instagram 、リール広告の提供開始を発表
(参照: Instagram 、 Instagram の最新情報

 

導入のメリット

リール広告を導入すると、下記2点のメリットがあります。

  • ■比較的低単価での獲得が見込まれている
  • ■新たなユーザーへのリーチが見込まれる

Instagram 広告は、インプレッション課金のため、広告の評価が低くクリック率が低くなるとクリック単価が高くなります。
リール広告は、縦長のクリエイティブが推奨されているという点もあり、最適化が追い付いていない広告主様や代理店様も少なくありません。
そのため、クリエイティブを最適化して配信することで比較的低いクリック単価での獲得が見込まれています。

ここでは、実際にリール広告の配信面を追加したことにより成果が向上したクライアント様の事例を紹介いたします。

  • ■案件A
  • CVR:0.1%(導入前) → CVR 1.4%(導入後)

商品購入を目的とした商材で、リール広告を導入する前は成果効率が低迷していました。
導入後は CVR が上昇し、動画をリール広告用(縦長)に変更したことで CVRが 1.4% まで上昇しました。
併せて CTR も上昇したため、CTR 、CVR 両方が改善された事例になります。

 

配信設定

リール広告の設定手順は下記の通りです。

(1)広告マネージャを開き、[+ 作成]を選択します。
配信設定1

 

(2)広告の目的を以下のいずれかの中から選択します。
  • ■コンバージョン
  • ■リーチ
  • ■トラフィック
  • ■動画の再生数アップ
  • ■ブランドの認知度アップ
  • ■アプリのインストール

配信設定2

 

(3)広告を作成し、キャンペーンの詳細、予算と掲載期間、
オーディエンス、最適化と配信を設定します。

 

(4)[配置]オプションで、[自動設置]もしくは[手動配置]を選択します。
配信設定4

今までは、「手動配置」による個別の配置設定が必要でしたが、現在は「自動配置」でも配信ができるようになりました。
 

(5)[配置]で、[ストーリーズ]の横にあるドロップダウンを選択し、
[ Instagram リール]の横にあるチェックボックスをオンにします。
配信設定5

 

(6)「メディアを追加」より動画をアップロードします。メインテキストと見出しを作成し、コールトゥアクションを選択して広告の作成を完了します。
配信設定6

 

入稿規定

 

アセット要件

Instagram リール広告の入稿要件は下表の通りです。

配信設定6

 

利用できる動画の設定

設定する動画クリエイティブの長さは30秒以下、フォーマットは9:16サイズのフルスクリーン動画です。
横型の動画広告を使い回すのではなく、縦型用に新たに作成することをおすすめいたします。

 

配置による動画広告の再生仕様

再生の仕様としては、ストーリーズ広告と同様に縦長の全画面で表示され、通常のリール動画の合間に表示されます。
最大30秒までの動画を広告として出稿することができ、広告もリール動画のように一度再生が終わるとループで再生されます。

 

注意事項

 

リール広告の設定条件

  • ■リール広告は「手動設定」の際、単体、もしくは他の配置が選択されている場合は、ストーリーズも同時に選択する
配置

今までは手動設定のみでしか設定ができませんでしたが、2021年9月に自動設定も可能になりました。ただ、手動配置の際、Instagram リール広告と Instagram フィードのみなど、
ストーリーズを含まない設定はできませんので、注意してください。

 

動画クリエイティブ

現在、リール自体への配信は60秒以下の動画まで利用可能ですが、リール広告は30秒以下までしか用いることができません。
リールとして出している動画をそのまま広告として用いることができない場合があるので、注意が必要です。

また、使用する動画に関して、動画の内容によっては全く反応が得らえないケースがあります。クライアント様の中には、リール面のオーガニック投稿に合わせたスタイルで広告を利用するとより効果的という傾向も一部ございます。既存の動画の使い回しをせずリール広告用に動画を作成し直すことがおすすめです。

 

ユーザー側から見る広告の管理がされる

どのような広告を見るかを利用者が管理できるので、興味がない広告と判断された場合、スキップや非表示、報告されてしまうことがあります。
インプレッション課金にしている場合、表示されることで課金されてしまうので、すぐにスキップされてしまわないよう、最後までユーザーが惹きつけられる動画を作成する必要があります。

報告

 
(参照: CPM (インプレッション単価)

 

おわりに

本エントリでは、 Instagram 広告のリール広告についてご紹介いたしました。
リール広告では、配信面が増えるだけでなく、新たなリーチ獲得や低単価でユーザーのリーチを増やせることが期待できます。是非活用してみてください。

当社では、 Instagram 広告をはじめ、 SNS 広告の運用代行を承っております。分析力・運用力、成果の向上・費用対効果の改善に強い、透明性のある広告運用でお客様の成果に貢献するために尽力しております。
また、バナーの制作をはじめ、ウェブサイトの改善を含めた、お客様のウェブマーケテイング全般の改善をご提案する事が可能です。

また、 Facebook/Instagram 広告に関しては、Facebook 社の公式パートナープログラム   「 Facebook Marketing Partners 」 としても認定されています。
プロの広告運用代行にご興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

▼ Facebook 広告のお問い合わせはこちらから
Facebookリンク

▼グラッドキューブの実績はこちら
グラッドキューブの実績はこちら

アカウント無料診断

Popup-Banner_728x90

▼チャンネル登録もよろしくお願いします!

(参照: Instagram 、リール広告の提供開始を発表
(参照: Instagram 、Instagram の最新情報
(参照: CPM (インプレッション単価)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ Instagram広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×