社員も注目!未来を語るグラッドキューブ説明会

グラッドキューブ BLOG

社員も注目!未来を語るグラッドキューブ説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
みなさん、こんにちは。
プロモーション事業部リスティング・DSPチームの村上です。

グラッドキューブのブログは、これまでインターネット広告運用の手助けとなる記事、業界の最新情報などを中心に投稿させていただいておりました。
グラッドキューブは10期目に入りさらに社員数も増え、新たな取り組みといたしまして、グラッドキューブ社内の活動などの情報も発信してまいります。

今回は、わたしの経験も踏まえ、ただいま開催中のグラッドキューブの17卒説明会についてお話しします。

広告業界に興味があるけど、いまいちどのような仕事しているかわからない。
ましてベンチャーで・・・自分でも大丈夫だろうか。

スポンサーリンク

このような思いで、就職活動をしている方も多いのではないでしょうか?
好奇心や不安をいだきながら、IT業界に惹かれるものがあり、わたしも説明会に参加したひとりです。

インターネット広告は身近な存在ですが、実際にインターネット広告業界のことを知る機会は、なかなかありません。

リスティング広告?CPA?DSP?など聞きなれないカタカナやアルファベットが並んでいて、学生の立場ではどのような仕事をしているのか想像しづらい業界かもしれません。
わたしも説明会に参加する前は、何を言っているのか全く理解できませんでした。
このような状態で入社してしまうと「想像していたイメージと違う」となってしまいかねません。

それでは就職活動をした意味がないですよね。
そこでグラッドキューブの説明会では就活生に向けてグラッドキューブが扱っているソーシャル広告のミニセミナーをおこなっています。

みなさん、この画像はご覧になったことはありますか?

SNS

この画像は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を男性に擬人化したら?というユニークな視点で、
米ファッション誌『Vanichi Magazine』とロス在住のフォトグラファー・Victorija Pashuta氏が描写をしたものです。

各SNSのロゴデザインにイメージをマッチさせたモデルを起用しており話題となった画像で、Facebookは”カジュアル”、Twitterは”クラシック”など、SNSというツールとしてひとまとめに扱われますが、それぞれに個性・オーラがあることが発想豊かに表されています。

このような、1つ1つのツールが持っている個性・考え方・使われ方もソーシャル広告を扱う上で非常に大切になってきます。

ソーシャル広告とは

今回のミニセミナーで扱うソーシャル広告とは、簡単にいうとみなさんが日ごろ使っているTwitter、FacebookやInstagramなどで記事をスクロールしていくと商品の宣伝などの目的で表示される広告のことです。
ソーシャル広告は、スマートフォンの発展などで年々市場規模が拡大している広告媒体であり、グラッドキューブでも媒体のひとつとして扱っています。
ワークショップでは、ソーシャル広告の実例を踏まえて身近な話題から紹介します。

さらにワークショップでインターネット広告業界を体験することによって、グラッドキューブの仕事をより身近なものとしてとらえていただけると思います。
ミニセミナーを受けて、普段使っているソーシャルメディアで何気なくつぶやいていることが、
自分が知らず知らずのうちに広告のターゲットにされていた!など驚くかもしれませんね。
ミニセミナーを聞いて普段何気なく見ているソーシャル広告を意識するようになり、ソーシャルメディアの新たな楽しみが増えると思います。

グラッドキューブのここに惚れた!

わたしがグラッドキューブで働きたい!と思ったきっかけは間違いなく説明会にあります。

それは、説明会の最後。
グラッドキューブの代表金島が登場して会社のビジョン、経営方針、夢など説明会で語ってくれました。
ここまで説明会に来た学生に話して大丈夫?!企業秘密では?!という内容が盛りだくさん。
何かのドラマを見ているようなワクワク感がありました。

会社の代表金島と相互に話し合える環境が用意されていることにより、会社を身近に感じることができました。
これもグラッドキューブの説明会の大きな特徴ではないでしょうか。

ベンチャー企業であるため、日々会社の状況に変化があります。
説明会での話の内容は、常に最新のグラッドキューブの会社情報です。
そのため説明会に携わっていない社員もでさえも、仕事を抜け出して聞きたがる。
説明会での代表金島の話はそんな空間を生み出します。

わたしは就活で様々な会社を回りましたが、包み隠さず会社のことを伝えてくれる企業はグラッドキューブだけでした。
今では説明会で話をする立場になったわたしも代表金島の話を聞いて、
「ベンチャーであるグラッドキューブで成長する」と決めたことを思い出しています。

新卒での就活は一度きりです。

会社に選ばれるだけではなく、あなた自身がしっかりと自分がここだ!と思える会社を選んでください。
わたしは、ここだ!と思えたところがグラッドキューブでした。
説明会でそれを見極めるのは大変です。
そのためグラッドキューブでは、グループ面接後にインターンシップに参加していただいています。
グラッドキューブのインターンについては今後ブログで取り上げさせていただきます。

わたしが惹かれたグラッドキューブ。
ぜひ説明会で会社の雰囲気を感じて下さい。
心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン