【直撃!グラッドキューブ】Yoichiro Setoyama

ブログ

BLOG

【直撃!グラッドキューブ】Yoichiro Setoyama

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。グラッドキューブ プロモーション事業部の村上です。

グラッドキューブの社員を紹介する『直撃!グラッドキューブ』は、プロモーション事業部 広告チームの瀬戸山 洋一郎さんです。
約10年間働いていた会社から転職しグラッドキューブへ入社。仕事に対しての思いや働き方についてインタビューをしました。

【GladCube】

グラッドキューブに興味を持ったきっかけは?

転職を考えていた時に、WEBプロモーションだけではなく、サイト改善(自社開発のサイト分析ツール SiTest)のサービスを自社で提供しているグラッドキューブを目にしました。
その時、この両方を駆使したら面白くて、大きなことができるんじゃないか、と思慮しました。
なぜなら、前職で10年近くECやデジタルコンテンツ・アプリをサービスとしたお客様のWEBプロモーションの仕事をしていたので、目的に合わせたプロモーションの選択とランディングページの最適化は身にしみるほど重要性を感じていたからです。

グラッドキューブ入社の決め手はなにですか?

これまでの経験からお客様・会社に貢献するにあたって、1人で出来ることには限界があることもわかっているので、同じ目的・目標に向かっていける仲間と一緒に働きたいという思いが強かったです。

最終面接の時、弘樹さん(代表取締役CEO金島)から今後の展望についてお聞きしました。
お話いただいた内容が自分が想像していた以上であったため、更にここで働きたいという気持ちが高まりました。
また、政志さん(アカウントマネジャー松田)には 「うちの会社は厳しいですよ」とお話いただきました。
「覚悟を持ってやっていきます」と腹を決めて返事をしたことは今でも鮮明に覚えています。

さらに、家庭の事情で内定を迷っていた時に、友希さん(取締役COO財部)から直接連絡があり、こちらの事情に寄り添って頂いたことで、「人」を大切にしてくれる会社だと思い入社を決意しました。

【GladCube】

現在どのような仕事をしていますか?

リスティング広告やDSP・ソーシャル広告等のインターネット広告運用を行っています。
任される責任は大きいですが、データを元に企画や提案を行い、それを実行していくことで、ダイレクトに見える成果を数字で追っていけるのは、やりがいと達成感、それに感動を味わうことができます。
グラッドキューブはお客様の業種を絞ってはいないため、多種多様な業界の方々と携わらせていただいています。
お客様のそれぞれのビジネスに貢献できることは、この仕事をやっていく原動力になっています。

【GladCube】

どのようなマインドで仕事に取り組んでいますか?

成長スピードが速い中で働けるからこそ、成長にもつながりますし、とても幸せなことだと思っています。
ジェットコースターのようなスピード感がありエキサイティングな日々を過ごさせてもらっているので、同じ目的・目標を共有できる仲間と働けることに感謝をし、お客様への貢献をして恩返しできるようにしていきたいです。
また、WEBプロモーションを成功させるための責任の重さや厳しさはありますが、お客様との信頼関係を築きながら、幸せを運ぶプロモーションを一緒に創出していきたいと強く思います。
会社としても広告の取り扱いを日本一にしたいという野心があり、日本一を意識していくことで高い競争意識を持って仕事に取り組めると思っています。

最後に記事を読んでくださっている方にメッセージをお願いします!

グラッドキューブは、積極性を持ち、貪欲に学び続ける人にチャンスを与えてくれる会社です。
仕事に対して熱い想いを持ったメンバーばかりで、刺激の絶えない毎日を過ごすことができ、働くことを楽しむことができる会社だと私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×