少額の広告費でも費用対効果を高められる!? 除外キーワードを完全攻略!

ブログ

BLOG

少額の広告費でも費用対効果を高められる!? 除外キーワードを完全攻略!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチ

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ネット広告事業部の東です。

Google・Yahoo! でリスティング広告を始められている方で、自社サービスや商品とは関連性の低い検索クエリ(ユーザーが実際に検索して広告をクリックしたキーワード)での流入が多いことでコストを使ってしまい、困っている方もいるのではないのでしょうか。
検索広告で成果を出すために、いくら関連性の高いキーワードを追加しても最善の策とはいえません。
少額の広告費でも、「除外キーワード」を登録することで費用対効果の高い運用が可能になります。
本エントリでは、除外キーワードの詳細と目的、そして有効な活用について解説いたします。

また、入稿するキーワードのマッチタイプについて詳細に知りたい方は、以下のブログをご覧ください。
(参考記事:【初心者必見】マッチタイプの効果的な使い方を徹底解説!

除外キーワードとは

除外キーワードとは簡単に説明すると、広告を配信したくない検索クエリに対して広告を出さないようにする設定のことです。
意図しない検索クエリに対して広告が配信され、クリックが発生するとほとんどの場合は余計なコストになってしまいます。
自分のターゲットではないユーザーへの配信を除外キーワードで防ぐことで、的確に広告を配信することができます。
少額の広告費であっても、余計なコストを省きつつ、自分の意図するターゲットに広告配信ができるので除外キーワードはマストで設定しましょう。

除外キーワードの選定基準

除外キーワードは設定すべきだと分かっていても、実際どのように選定していくのかは少し難易度が高いかと思われます。
以下、除外キーワードの選定基準をまとめています。
一部、状況や商材によっては適さないケースもあるかとは思いますので、あくまでもご参考としてご理解ください。
選定基準

除外キーワードのマッチタイプ

除外キーワードのマッチタイプは、入稿されるキーワードのマッチタイプと性質が違うことから、必ず性質を理解して設定する必要があります。
除外キーワードのマッチタイプでよく誤解されがちなのが、部分一致です。
除外キーワードの部分一致の場合、拡張されて関連キーワードも除外されてしまうと考えられがちですが、拡張されることはありません。
拡張されることがないということは、類似語句・表記ゆれ・誤字・打ち間違い・ひらがなやカタカナ変換のミスに関してもひとつひとつ除外キーワードとして設定する必要があります。
さらに絞り込み部分一致の概念も存在しません。
具体的にどのようなマッチタイプを設定すれば広告が配信されないのかを、以下の表にまとめています。
除外キーワード

除外キーワード設定の注意点

除外キーワードを設定するにあたっての注意点をいくつかご紹介いたします。
以下の項目に気を付けていただくと、配信ミスなどを防ぐことができます。
注意点1

おわりに

除外キーワードの重要性について解説いたしました。
広告費が少額だから、成果を出すには時間がかかると思っている方は、除外キーワードを細かく設定してみてください。
余計なコストを防ぐことで、コンバージョン数を増加させることができたり、コンバージョン単価を抑えられたりできます。

弊社では、Google・Yahoo! のリスティング広告の運用代行を行っております。
専門知識を有した運用者が費用対効果の高い広告運用をお手伝いいたします。
広告費25万円以下でご検討されている方向けのプランもご用意しておりますので、低額で広告配信をしてみたいという方は、ぜひお問い合わせください。

グロースLP

Popup-Banner_728x90

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×