【初心者向け】Facebook 広告オーディエンスの種類と使い方

ブログ

BLOG

【初心者向け】Facebook 広告オーディエンスの種類と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ_アイキャッチテンプレ (3)

確定みなさん、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の符です。
Facebook 広告は、多くの配信面を持ち、高度なターゲティングがアプローチできる SNS 広告です。
Facebook 広告オーディエンスの設定が広告の成果に大きく影響します。
本エントリーは Facebook 広告のオーディエンスの種類と使い方を紹介します。

 

Facebook 広告オーディエンスの種類

広告セットを作成する際は、広告の配信先となるオーディエンスの選択が重要です。
広告マネージャで作成できるオーディエンスには下記の3種類あります。
3種類
次はこの3種類のオーディエンスと使い方を紹介します。

 

コアオーディエンス

コアオーディエンスとは Facebook の実名登録制を利用して、位置情報や利用者データ、興味・関心などの条件でターゲティング層を指定する機能です。
コアオーディエンスを使用すると、広告の配信先に関するルールを設定できます。下記の条件を使って、ターゲットオーディエンスを細かく調整しましょう。

 

(1)コアオーディエンスが設定できること

コアオーディエンスで設定できることは以下の通りです。
コアオーディエンス
参考記事:【基礎から学ぶ Facebook 広告】ターゲティング設定についてご紹介

■地域
特定の地域の人に広告を表示できます。国、州/都道府県、市区町村、郵便番号などを利用できます。

■利用者層データ
利用者の年齢、性別、言語に関する条件を追加して、ターゲット層を絞り込むことができます。

■詳細ターゲット
ターゲット層の絞り込みや除外を行い、広告に関心を示す可能性がより高い、小規模なターゲット層にリーチすることもできます。
※詳細ターゲット設定の拡大
パフォーマンスを改善できる可能性が高くなるため、拡大をオンにした状態を維持することが推奨されます。

■つながり
広告主の Facebook ページやアプリ、Facebook イベントでどのようなアクションをしたかに基づいてターゲティングに設定したり除外したりすることができます。

 

(2)コアオーディエンスの掛け合わせ方法

興味関心、利用者層、行動ターゲティングについて掛け合わせ設定することができます。掛け合わせ設定パターンには3つがあります。

■OR 条件
OR 条件は、A もしくはB のいずれかの条件に一致する人をターゲットとできます。
下記の例では、「犬に興味のある人、もしくは猫に興味のある人」がターゲットとなります。
OR1

■AND 条件
AND 条件は、A とB の両方の条件に一致する人が広告配信の対象となります。
下記の例では、「犬に興味のある人、かつ猫に興味のある人」がターゲットとなります。
AND1

■除外による絞り込み条件
特定の条件に属するユーザーを除外配信することができます。
下記の例では「犬に興味があるけれど、猫に関心のあるユーザーは除く」といったターゲティングとなっています。
NOT1
上記3つの掛け合わせ設定パターンを使い、関心度が高い人に絞り込んだターゲティングができるようになります。
逆にターゲティングを狭めすぎてしまう恐れもあるので、設定する際に潜在リーチサイズを確認しながら設定しましょう。

 

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスとは広告のターゲット設定オプションの1つで、Facebook 利用者の中から既存の顧客を見つけ出す機能です。
広告主が持つ顧客データ(名前やメールアドレス等のお客様情報)を Facebook にアップロードすると、Facebook はその情報を照合・ハッシュ化してビジネスにアクションを実行したことがある人に広告を表示します。
アクションについては、Facebook ページ投稿へのリアクション、ウェブサイトでの商品の購入、アプリのダウンロード、店舗への訪問などがあります。
1つの広告アカウントのカスタムオーディエンスの作成は最大500種類となります。

 

(1)カスタムオーディエンスのタイプ

作成できるカスタムオーディエンスのタイプは、以下の4種類があります。
種類2

 

(2)カスタムオーディエンス利用できるソース

カスタムオーディエンスの作成には、さまざまなソースを利用できます。各ソースの詳細は以下をご覧ください。
カスタマオーディエンス
ビジネスを拡大するには、カスタムオーディエンスを使用して類似オーディエンスを作成することができます。

 

類似オーディエンス

類似オーディエンスとは、カスタムオーディエンスから、別の種類のオーディエンスである類似オーディエンスを作成します。
類似オーディエンスを作成すると、既存の優良顧客と似た傾向を持つことからビジネスに関心を示す可能性が高いと思われる人にリーチを広げることができます。

 

(1)類似オーディエンスの作成

まずは、類似オーディエンスのベースとなるソースオーディエンスを選択します。
そして、配信したいプロモーションに合わせて、配信地域・国、オーディエンスサイズを設定します。
最後、類似オーディエンスリストを作成後、広告作成時にリストを広告セットと紐づけしましょう。
類似

 

(2)類似オーディエンスを作成すべき注意点

①除外設定

類似オーディエンスにはソースオーディエンスに含まれる人々は除外されますが、作成済みのコンバージョンピクセルから類似オーディエンスを作成した場合は、ソースオーディエンスに含まれる人々は除外されない仕組みとなっています。
そのため、無駄な費用をかけずにコンバージョンユーザーの除外を設定しましょう。

②類似オーディエンス拡張

類似オーディエンスを作成する際に、類似オーディエンス拡張というオプションがあります。
ターゲット設定の拡大と同様に、このオプションを有効にすると、オーディエンスを拡大したほうがより良い成果を達成できる可能性があると Facebook が判断した場合に、キャンペーンを改善できます。
類似オーディエンスの拡大は、「コンバージョン」と「アプリのインストール」のキャンペーンで使用できますが、顧客リストから作成されたカスタムオーディエンスのみに基づく類似オーディエンスには使用できません。
1212
参考記事:
Facebook 広告で優良顧客を集客できる類似オーディエンスとは
Facebook 広告の類似オーディエンスとは?成功事例を交えてご紹介!

 

その他のオーディエンス

上記の3種類のオーディエンスを「保存済みのオーディエンス」として保存する機能があります。
特定の国における特別な要件がある広告に適用される特別な広告オーディエンスもあります。

 

(1)保存済みのオーディエンス

作成したオーディエンスを保存しておけば、自分の広告アカウントで掲載する他の Facebook 広告に再利用できます。
よく使用するターゲットオプションを保存することで、より使用しやすくすることができます。
保存済み

 

(2)特別な広告カテゴリのオーディエンス

特別な広告カテゴリのキャンペーンでは、特別な広告オーディエンスを作成して、特定の新しいオーディエンスにリーチできます。
特別な広告オーディエンスは、ソースオーディエンスに含まれる人に共通するオンライン行動に基づいて新しいオーディエンスが作成されるという点で、類似オーディエンスに似ています。
ただし、キャンペーンで選択した特別な広告カテゴリに適用されるオーディエンス選択の制限で、年齢や性別などのターゲット情報や、一部の利用者データ、行動、興味・関心などのオプションは使用されません。
特別な広告オーディエンスは、特定の国における特別な要件がある広告に適用されます。
例えば、社会問題、選挙または政治に関連する広告での認証と Facebook 利用者を違法な差別から保護するために信用、求人、住宅に関する広告でオーディエンス選択ツールの機能が制限されることなどの要件があります。
12345

 

おわりに

本エントリでは、 Facebook 広告のオーディエンスの種類と使い方ご紹介いたしました。
Facebook は実名登録が必要な SNS となります。 Facebook 広告は、高いターゲティング精度やリーチ数の多さが特徴です。
Facebook 広告では商材の特徴やマーケティング計画に合わせて様々なオーディエンスを設定できます。

弊社では Web 広告の運用代行サービスとして、広告費25万円以下でご検討されている方向けのプランもご用意しております。
アカウントの設計方法や設定方法が分からないという方がいらっしゃいましたら、当社にご依頼いただいた際には、Facebook 広告のアカウントの設計、運用代行サポートをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

グロースLP
Popup-Banner_728x90

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ Facebook広告 運用代行 グラッドキューブ Instagram広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×