検索広告用リマーケティングリスト3つの活用方法で成約数を上昇

グラッドキューブ BLOG

検索広告用リマーケティングリスト3つの活用方法で成約数を上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告を実施されている方であれば、リターゲティング(リマーケティング)について一度は耳にしたことがあると思います。
既に実施しているという方も多いのではないでしょうか。

ただ、実施している方でもGoogle AdWordsで昨年夏に始まった「検索広告用リマーケティングリスト」の活用法はまだそこまで認識されていないかもしれません。
今回はこの「検索広告用リマーケティングリスト」を活用して成約数を上昇させる3つの方法についてご紹介していきます。
 
 

スポンサーリンク

検索広告用リマーケティングリストの活用法をマスターして売上を大幅に上昇!

検索広告用リマーケティングリスト(以下、RLSA: Remarketing Lists for Search Ads)とは、その名前の通り検索広告用向けに配信するためのリマーケティングリストです。
通常のリマーケティング同様、あなたのウェブサイトに訪問したユーザーをリスト化していくのですが、配信先はディスプレイネットワークではなく検索ネットワークになります。

つまり、ユーザーが何かキーワードを検索した際に広告を配信することになります。

そのため、通常の検索広告やディスプレイネットワークでのリマーケティングと活用方法が異なってきます。
その具体的な活用方法についてご紹介する前に、まずは設定方法をご説明していきます。

 
RLSAの設定方法

RLSAも通常のリマーケティングリストと作り方は変わりません。
まずはGoogle AdWordsにログインして、左下にある「共有ライブラリ」をクリックしてください。

次に、ユーザーリストの「表示」をクリックしてください。

右上にあるリマーケティングタグのところで「タグの詳細を表示」をクリックした後、「設定方法」→「リマーケティングタグと設定手順を表示」をクリックsつぃてください。
そうするとリマーケティングタグが表示されますので、これをウェブサイトの全ページのタグ直前に設置してください。

あとは「+リマーケティングリスト」という赤色のボタンをクリックして、リマーケティングリストを作成していきます。
例えばCVしなかったユーザーのリストを作りたければ、下図のようにサンクスページに訪問したユーザーを省くようにしてください。

次に、検索キャンペーンと同期させるように設定していきます。
RLSAは検索ネットワーク用のリストであるため、キャンペーンが検索ネットワークになっていることを確認してください。

なお、今普通に運用している検索キャンペーンで合わせて運用するよりも、RLSA専用のキャンペーンを作成して頂いた方が効果的です。
と言うのも、キャンペーンの予算を専用に割り振ることができ、かつ効果測定もキャンペーン単位で確認できるためです。

キャンペーンの中に「ユーザーリスト」というタブがありますので、そちらをクリックした後、「+リマーケティング」という赤色のボタンを押してください。

広告グループを選択し、今回使用するRLSAを選択します。

あとは通常通りキーワードや広告文を設定して配信するだけです。

1点気を付けていただきたいのは、RLSAが1,000リスト以上溜まっていないと広告が配信できない点です。
そのため、まずはリストを溜めつつ準備だけしておき、いつでもスタートできるようにしておくことをオススメ致します。

 
RLSAの活用方法

それではここから実際にRLSAを活用する方法についてご紹介していきます。
RLSAには、大きく分けて下記3つの活用方法があります。

1.入札単価を調整して、見込み顧客への配信を強化
2.Bigワードを入札して、成約チャンスを拡大
3.広告文やリンク先を最適化し、成約率を上昇

それぞれについてご説明していきます。
 
1.入札単価を調整して、見込み顧客への配信を強化

例えばよく成約するキーワードが「リスティング広告 問合せ」だったとします。
これを通常は200円で入札していて、順位が5位だったとします。

この場合、RLSAに配信する広告では、通常より「リスティング広告 問合せ」のキーワードを高く入札しておきます。
なぜなら、一度サイトに訪問したユーザーは見込み顧客と言えますので、通常より入札単価を高めに設定しておいてもリスクが少ないからです。

これにより上位に表示されやすくなれば、アクセスを集めやすくなり、その分成約数も上昇します。
確度の高いユーザーにだからこそできる方法ですね。
 
2.Bigワードを入札して、成約チャンスを拡大

通常だと、Bigワードはなかなか入札しにくいものです。
それは、競合が多いため入札単価が高くなりがちなので、費用対効果が悪くなるケースが多いからです。

しかし、何度も言うようにRLSAでは見込み顧客への広告配信ができるため、Bigワードでも効果が見込めます。
もちろん反応が悪いこともあり得ますが、今まで入札できなかったキーワードへの広告配信によって新たな制約機会を作ることができます。
 
3.広告文やリンク先を最適化し、成約率を上昇

3つ目の活用方法として、広告文・リンク先変更があげられます。
これは通常のリマーケティングでもよくやる方法ですが、カートで離脱した人向けに広告文を作ったり、一度成約に繋がった人に新たな商品のLPを表示させたり、といった施策です。

非常に成果が出やすい方法なので、まずはここからお試しいただくのが良いかもしれませんね。

 

まとめ

今回は以上になります。
RLSAを使いこなせている人はまだまだ少ないかもしれませんが、グラッドキューブには通常のリマーケティングより安価に成約を伸ばした事例もあります。

設定方法はほとんどディスプレイネットワークでのリマーケティングと変わりませんので、ぜひ一度使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン