キーワードプランナーによる時間節約術

グラッドキューブ BLOG

キーワードプランナーによる時間節約術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告で入札するキーワードを探すのに時間がかかってしまっている、なんてことはありませんか?
反対に時間を掛けられずキーワードが充分に洗い出しきれていない、ということもあるかもしれませんね。

Google AdWordsには「キーワードプランナー」というキーワード探しの便利ツールがあります。
今回はこの「キーワードプランナー」の使い方をご紹介します。

すでに使っている場合でも、ぜひ一度この記事を読んで使い方を模索してみてください。

 
 

スポンサーリンク

キーワードプランナー完全マスター講座

すでにご存知かもしれませんが、キーワードプランナーは主に検索ボリュームと推奨入札単価の確認、また新たなキーワード候補を探すときに活用します。
その使い方をご紹介していきましょう。

 
キーワードプランナーの使用方法

Google AdWordsにログイン後、「運用ツール」から「キーワードプランナー」を選択します。

次に、「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックします。

ここでは下記3つのうちどれかを入力します。
・宣伝する商品やサービス
・リンク先ページ
・商品カテゴリ

ターゲット設定は国内の場合、「日本」「日本語」「Googleと検索パートナー」と設定していきます。
除外キーワードは必要に合わせて設定しましょう。

検索のカスタマイズも有効な機能です。
例えば推奨入札単価が200円を超えるキーワードは除外したり、検索数が100件以上のキーワードに限定したり、といったことが可能です。
また、抽出条件では特定の語句を含むものしか表示させない(あるいは特定の語句を含むものは表示させない)ことができます。

最後に「候補を取得」という青いボタンをクリックしてください。
すると、画面が切り替わり検索ボリュームや推奨入札単価、キーワード候補を確認することができます。

ここから広告グループに直接追加することもできますので、ぜひ一度お試しください。

 
 

まとめ

キーワードはリスティング広告において非常に重要な役割を果たします。
キーワード選びを適当にしてしまえば、やはり結果もついてきません。

とはいえ時間を掛けられないということも多いと思いますので、ぜひキーワードプランナーをご使用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン