今更聞けない!リスティング用語18撰

グラッドキューブ BLOG

今更聞けない!リスティング用語18撰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、「リスティング」という用語の
認知度が高くなってきています。

会議中などに出てきたリスティング用語を
思わず“わかったフリ”をして、
なんとなくうなずいてしまうことはありませんか?

ドキッ!としてしまったあなた。

今更、人には聞けないような用語を
分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

【 ①リスティング広告 】

リスティング広告とは、
主にYahoo! JAPANやGoogleで検索した際に、
上部や右横のスペース、また下部にも出てくる広告のことを指します。

リスティング広告は、
テレビ(CM)や雑誌のマスメディアと比較すると、
低コスト・短時間で集客が可能です。

検索連動型広告の場合、
キーワードを指定して広告を出すことができるので、
あなたが訴求したいユーザーに対して広告を出すことができます。

スポンサーリンク

 

【 ②PPC(ピーピーシ-) 】

Pay Per Clickの略。

リスティングと同じ意味と捉えられることがほとんどですが、
広告掲載そのものに対する費用が必要なく、
広告がクリックされた回数に応じて
課金されるタイプのことを指します。

 

【 ③SEO 】

サーチエンジンの検索結果ページの上部に、
自らのWebサイトが表示されるように工夫することであり、
その為には技術が必要である。

リスティングはクリック課金制であるが、SEOの費用は全くかかりません。
ただ、自分で上位に持っていくのは時間とノウハウを要する為、
SEOの業者が数多くいる。

 

【 ④Google AdWords(グーグル アドワーズ) 】

Google社が広告主に対して提供しているサービス。

広告のタイプは検索連動型広告の「検索ネットワーク」と、
GmailやYouTubeに広告を掲載することができる
「ディスプレイネットワーク」の2種類がある。

 

【 ⑤検索ネットワーク 】

Googleの検索結果や、Googleが提携している
パートナーサイトの検索結果に表示される広告。

主にテキスト広告が表示さが、
Googleの画像検索ではイメージ広告も表示される。

 

【 ⑥ディスプレイネットワーク 】

GmailやYouTube、Googleのパートナーサイトなどに
配信することができる広告。

テキスト広告に加え、
イメージ広告、リッチメディア広告、
動画広告なども配信できる。

 

【 ⑦Yahoo!プロモーション広告 】

2009年10月1日オーバチュア株式会社とヤフー株式会社が合併し、
「Yahoo!リスティング広告」に名称を変更。

さらに2013年1月29日「Yahoo!リスティング広告」から
現在の「Yahoo!プロモーション広告」に名称変更。

検索連動型広告の「Yahoo!スポンサードサーチ」と
Yahoo! JAPANや提携サイトのコンテンツページに
広告が掲載できる「YDN」の2つがある。

 

【 ⑧スポンサードサーチ 】

Yahoo! JAPANの検索結果に出る
検索連動型のリスティング広告サービス。

テキスト広告のみのクリック課金制の広告。

 

【 ⑨YDN 】

2013年1月29日、「インタレストマッチ」から
「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」に名称が変更。

Yahoo!知恵袋やYahoo!天気、Yahoo!ニュースなど、
Yahoo! JAPANや主要提携サイトのコンテンツページに
広告を掲載できるサービス。

バナーを使った配信も可能。

 

【 ⑩LP/ランディングページ 】

リスティング広告や、検索エンジンの検索結果からの
リンク先となるウェブページで、
ユーザーが最初に訪れるページのこと。

必ずしもトップページが
ランディングページになるとは限らない。

 

【 ⑪KPI 】

Key Performance Indicatorの略。

「重要経営指標」と呼ばれ、
企業のビジネス目標や戦力を実現するために設定した
業務プロセスを具体的に指標したもの。

 

【 ⑫LTV/顧客生涯価値 】

Life Time Valueの略。

1人の顧客と企業が
取引を初めてから終わるまでの期間を通じて、
顧客が企業に価値をもたらす損益を累計して算出した値。

顧客を維持する為の費用と、
顧客の購買額との差額が価値となります。

リピーターや固定客を重視すると
企業の利益に繋げやすいため、
新規顧客の獲得だけではなく、
LTVの向上も目指すことが大切です。

 

【 ⑬インプレッション 】

Webサイト上で
広告がユーザーに表示された回数のこと。

リスティング広告には
インプレッションで課金する方式もあり、
その課金方式の場合、単価は1000インプレッションあたりの
価格(CPM)で表示される。

 

【 ⑭CV/コンバージョン 】

ウェブサイト上での最終的な成果のこと。

例えば、目的が商品購入の場合は、
商品が購入されることがコンバージョンにあたる。

メルマガ登録の場合は、メルマガ登録されること。

資料請求の場合は、
資料を請求されることがコンバージョンにあたる。

 

【 ⑮CVR/コンバージョン率 】

サイト訪問者のうち、
コンバージョンをした割合のこと。

コンバージョン数をサイト訪問者で割ると、
コンバージョン率が出る。

 

【 ⑯CPA/顧客獲得単価 】

1件コンバージョンを獲得するためにかかった費用のこと。

かかったコストを
獲得したコンバージョン数で割ると算出できる。

 

【 ⑰CTR/クリック率 】

ウェブサイト上で広告が表示され、
その広告を実際にクリックされた割合のこと。

クリック数を表示回数で割ると算出できる。

 

【 ⑱Analytics 】

Googleが提携する
高機能な無料アクセス解析ツール。

トラッキングコードをウェブサイトに挿入することで
サイトの離脱率や直帰率、新規ユーザーの割合など
数多くの分析が可能なツール。

Googleアカウントを取得すれば、
誰でも無料で利用することができ、
AdWords広告を利用しているのであれば、
管理画面からも閲覧可能。

 

 

これからウェブ広告を始めたいと思っている方、
なんとなくしかご存知なかった方に
少しでも役立てば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン