Google 広告、検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」オーディエンスターゲティング追加

ブログ

BLOG

Google 広告、検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」オーディエンスターゲティング追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ネット広告事業部です。

2018年5月22日(火)に、Google 広告より、検索広告向けに「購買意向の強いユーザー層」というオーディエンスターゲティングが追加されましたので、ご紹介いたします。

機能の詳細、メリット、設定方法について以下で述べてまいります。

検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」とは

これまでディスプレイ広告のみで利用できていたオーディエンスターゲティング「購買意向の強いユーザー層」ですが、検索広告向けのターゲティングでも利用可能となりました。

Google のシステムが以下の項目のデータを用いて機械学習を利用し、購買意向が強い分野を認識します。

  • ■直近の検索行動
  • ■広告のクリック
  • ■動画の閲覧
  • ■アプリのダウンロード

 

その中で、システムが購買意向が高いと判断したユーザーが「購買意向の強いユーザー層」に分類されます。

「購買意向の強いユーザー層」は、アパレルや旅行などのサービス別に大カテゴリ、中カテゴリ、小カテゴリに分類されており、任意のカテゴリを選択することができます。
設定可能なカテゴリについては、ディスプレイ広告のオーディエンスターゲティングと同じで、大カテゴリでは、以下のカテゴリから選択することができます。

  • ■自動車、乗り物
  • ■コンピュータ、周辺機器
  • ■家電
  • ■教育
  • ■金融サービス
  • ■家庭、園芸
  • ■不動産
  • ■デートサービス
  • ■アパレル、アクセサリ
  • ■幼児、子供向け製品
  • ■美容商品、サービス
  • ■ビジネス サービス
  • ■求人
  • ■イベントのチケット
  • ■ギフト、行事
  • ■ソフトウェア
  • ■スポーツ、フィットネス
  • ■通信
  • ■旅行

 

位置づけ

検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」の位置づけは以下です。
図からもわかるように、検索広告での中顕在層ユーザーの開拓に向いています。

検索広告向け購買意向の強いユーザー層

※検索広告向けリマーケティング(以下: RLSA ):一度サイトに訪れたユーザーが、検索した際に再度広告を表示するという配信手法。
 検索広告向け類似ユーザー:任意で作成したユーザーリストに類似したユーザーに配信する手法。

一度サイトに訪問したユーザーに配信する RLSA や、実際にコンバージョンしたユーザーに類似したユーザーに配信する類似ターゲティングと比較すると、コンバージョンまでのモチベーションは劣るものの、従来の検索広告のみでのターゲティングよりもコンバージョンに近いユーザーに配信することが可能です。

メリット

RLSA では、以下のユーザーリストのサイズが1,000以上なければリストを利用できず、リスト作成直後でデータが少ない広告主様では RLSA を実施することができません。

ユーザーリスト_2

しかし、検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」では、ユーザーリストを必要としないため、特に制限なく利用することが可能です。

また、 Google のポリシーにより、 RLSA や類似ユーザーリストなどを利用できないアカウントでも、同じ理由で、検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」はご利用可能です。

Google 推奨の利用方法

大まかな流れは以下のとおりです。

  • (1)入札単価調整比0%で、検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」を設定。
  • (2)2週間~4週間ほど配信し、その結果を分析。
  • (3)分析結果に応じ、入札単価調整比を設定。

 

設定方法を含めて、以下で詳述してまいります。

(1)設定

オーディエンスタブ(赤枠)のえんぴつのマークをクリックし、任意のキャンペーンまたは広告グループを選択。
その際、モニタリング(旧:入札単価のみ)機能(緑枠)で入札単価調整0%で設定。
(まずは、すべての検索キャンペーンに設定することをおすすめいたします。)

ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画(水色枠)より、すべての「購買意向の強いユーザー層」のカテゴリにチェックを入れます。

購買意向_設定

(2)分析

2週間~4週間ほど配信し、オーディエンスタブで配信結果を分析。

(3)調整

分析の結果、パフォーマンスがよいカテゴリについては入札単価調整比で調整。
検索広告以外のショッピングキャンペーン、 Gmail キャンペーン、 YouTube キャンペーンなどのディスプレイ広告にも適応。

おわりに

検索広告向け「購買意向の強いユーザー層」オーディエンスターゲティングができるようになったことで、検索広告の強化に繋げることができます。
また、検索広告で得たデータをディスプレイ広告に活かすことも可能なため、連携した施策を取ることが重要となります。

当社では、このように新しい機能をいち早く利用し、常にアカウントの最適化を図っております。
ご興味がある方は、お気軽にご相談ください。

参考:【無料特典あり】低額からでも Web 広告を始めたい方向けのプランはこちら
参考:【 Web 広告運用中の方必見】広告アカウントの無料診断はこちら

グロースLP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×