Google 広告のパラメータ設定と Google Analytics の活用方法(基礎編)

ブログ

BLOG

Google 広告のパラメータ設定と Google Analytics の活用方法(基礎編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ネット広告事業部の玉井です。

みなさまは「 URL パラメータ」を活用していますか?
URL パラメータ(以下:パラメータ)は、広告の効果を測定するために、欠かせない要素です。
広告を運用するにあたって、うまく活用できていない方もいるのではないでしょうか。

本エントリでは、パラメータの概要やメリット、 Google Analytics を使った活用方法など、パラメータの基本についてご紹介します。
より実践的な内容は後日、応用編としてお送りする予定です。

パラメータについて

パラメータとは

パラメータとは、 URL の後ろについている「?」からはじまる文字列のことを指します。
以下は、パラメータのない一般的な URL と、パラメータのある URL です。

parameta1

パラメータを設定するメリットは、ユーザーがどのような経路でそのサイトにアクセスしたかを判別することができ、 Google Analytics で確認することができる点と言えます。
ユーザーは広告の他に、オーガニック検索や、スマホアプリなど様々な経路でサイトにアクセスしており、その流入経路を判別することができるのです。

パラメータの設定方法

Google Analytics で確認できるパラメータは、全部で5種類あります。

parameta2

参考:カスタム URL でキャンペーン データを収集する

基本的に「=」の左側がパラメータ名、右側が値となり、複数のパラメータを繋げる際は「&」を使用します。

たとえば、以下のURLは、媒体は「 Google 」で、「 CPC 広告」を経由して、「01」というキャンペーン名から流入したことが判別できます。

parameta3

Google が提供している「キャンペーンURL生成ツール」を用いれば、誰でも簡単にパラメータを生成することができます。

参考: Campaign URL Builder

Google 広告のパラメータ

ここからは、 Google 広告で設定する「トラッキング テンプレート」「カスタムパラメータ」「最終ページ URL のサフィックス」の3種類の URL オプションについてご紹介します。

トラッキング テンプレート

トラッキング テンプレートは、トラッキング情報を入力する項目です。
リダイレクト方式の広告測定ツールを使用をしている場合、最終ページ URL とドメインが異なり審査に通過しないため、設定が必要です。

広告をクリックした際に、直接「最終ページ URL 」に移動する場合は、設定する必要はありません。
parameta4

広告効果測定ツールで指定された URL を設定しておくと、ユーザーが広告をクリックした際、このトラッキング URL を経由してからランディングページに遷移します。

カスタムパラメータ

カスタムパラメータは、最終ページ URL や、トラッキング テンプレートに、自分で定義した文字列を設定することができる項目です。
キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードごとなどで異なる URL パラメータを設定したい際に便利です。

「名前」を最終ページ URL やトラッキング テンプレートに使用することで、広告をクリックした後の URL は「名前」の箇所が「値」に自動的に変換されます。

parameta6

最終ページ URL サフィックス

最終ページ URL のサフィックスは、最終ページ URL の末尾に追加される項目です。
トラッキングが行われた後に表示される「最終ページ URL 」に付与するパラメータを設定します。
動的検索広告のように、最終ページ URL は分からないが、パラメータを設定したい際にも便利です。

parameta5

参考: Google 広告でのトラッキングについて

今回ご紹介できなかった設定方法の詳細や Value Track パラメータなどは、応用編として次回のエントリにてご紹介します。

Google Analytics との連携・活用方法

Google Analytics で成果を確認するには、まず広告アカウントと Google Analytics をリンクしておく必要があります。

参考: Google アナリティクスと Google 広告のアカウントをリンクする

たとえば、広告の管理画面(アカウント上)ではクリック率が高いものでも、 Google Analytics 上で見てみると、サイト訪問後にすぐに離脱してしまっているケースもあります。
連携することで、様々な情報を確認することができるので、今後の運用方針改善に参考になります。

Google Analytics での確認方法

今回は、「キャンペーン」と「参照元 / メディア」を確認する方法をご紹介します。

「キャンペーン」を確認するには、画面左側のメニューから[集客→キャンペーン→すべてのキャンペーン]をクリックします。

parameta7

すると、以下のような画面が表示され、流入元ごとのデータを確認することができます。

parameta8

「参照元 / メディア」を確認するには、画面左側のメニューから[集客→すべてのトラフィック→参照元 / メディア]をクリックします。

parameta9

すると、以下のような画面が表示され、一番上の行には「 google / organic 」の様に2つの分析結果が書かれています。
左側が、具体的な流入元のサイト・ページを表す「参照元」、後半が流入元の種類を表す「メディア」です。

parameta10

以下ではメディアの一例をご紹介します。

parameta11

参考: Google アナリティクスの「参照元」とは?

他にも、「広告のコンテンツ」や「離脱率」など、様々な指標を確認できるので、 Google Analytics で試してみてください。

参考: Google アナリティクスの設定と使い方

おわりに

本エントリでは、パラメータの概要と Google Analytics での活用方法についてご紹介しました。パラメータを設定することで、得られるユーザーの情報が増え、広告配信の最適化やサイト解析に必要な情報が取得でき、これにより改善や分析の幅が広がります。

パラメータについてよく知らなかった方や、うまく使いこなせていない方は、成果を向上させるために Google Analytics とあわせて活用してみてはいかがでしょうか。
次回のエントリでは応用編として、より実践的な内容についてご紹介します。

当社では、お客様の商材やサービスに適した媒体をご提案し、広告運用を行っています。
Web 広告の出稿をご検討のお客様は、是非当社へお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ LPO・CRO コンサルティング
トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ