いまさら聞けないリスティング広告の基礎!仕組みについて解説

ブログ

BLOG

いまさら聞けないリスティング広告の基礎!仕組みについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ ネット広告事業部の井上です。

これからリスティング広告を始めようとお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。
リスティング広告は低予算からでも始めることができる広告の1つです。
ただ実際に始めようと思っても、リスティング広告の料金システムや広告が配信されるまでの流れが把握しきれないという方も多いかと思います。

本エントリでは、リスティング広告の料金システムや広告が配信されるまでの流れなど、リスティング広告の基本的な仕組みについてご紹介いたします。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに連動して検索結果に表示される広告のことです。そのため、検索連動型広告とも呼ばれています。

ブログ検索画面2

赤枠に囲まれている部分がリスティング広告で、自然検索より上部に表示できるため目に留まりやすく、 SEO で上部表示できない方でも簡単に集客することが出来ます。
また、購入したい商品が決まっており、その商品を探しているユーザーなど目的がはっきりしたユーザーに向けて効果的なアプローチができます。

リスティング広告の仕組み

本項目では、リスティング広告の仕組みについてご紹介します。
リスティング広告は、下記図のような流れで配信が行われます。

配信の流れ

①キーワードの登録

リスティング広告を表示するためには、キーワードの登録が必要です。
商品やサービスに関連したキーワードを設定することで、成果に繋がりやすいユーザーにのみアプローチすることができます。

②入札単価の設定

リスティング広告の課金方式は、「クリック課金制」といい、クリックされた際に課金されます。
そのとき1回のクリックにかかった金額を、クリック単価と言います。
テレビや雑誌、新聞など定額で広告枠を買い取るものとは異なり、クリック時のみに課金されるので、低価格で広告の表示が可能になります。
クリック単価は各媒体ごとに上限金額がありますが、その金額間なら自由に設定することができます。
Google 広告では、1円から入札単価を設定をすることができますが、1円で設定するなどかなり少額の設定にしてしまうと、広告は表示されなくなってしまいます。
また、入札単価の目安がわからない場合、キーワードプランナーなどのツールを使用することで目安を知ることができます。

キーワードプランナー
参考:新しくなったキーワードプランナーとは?新機能と運用ポイントを解説!

③ユーザーの検索

ユーザーの検索したキーワードが、登録したキーワードと一致、もしくは関連するキーワードであった場合、広告が表示されます。

④オークション

リスティング広告は、登録したキーワードが他の広告主の登録したキーワードと競合する場合、オークションが発生し広告の掲載順位が決まります。
オークションは広告の品質を基準に行われ、広告の品質が高い順に上位の広告枠が割り当てられます。
また、広告の品質が高いほど表示機会を獲得しやすいので、広告の表示回数も増えます。
オークション形式

広告の品質は入札単価と、下記の要素などを基準に決定されます。

◼推定クリック率
◼広告の関連性
◼ランディング ページの利便性
◼広告ランクの最低基準
◼ユーザーの検索状況
◼広告表示オプションやその他の広告フォーマットの見込み効果

これらの要素を意識した広告運用を行うことで入札の金額を抑制しながら、上位に掲載することができます。

⑤広告の表示

検索されたキーワードが登録したキーワードと一致した場合、検索結果画面に広告が表示されます。広告をクリックすると、任意のウェブページに遷移します。

おわりに

本エントリでは、リスティング広告の配信されるまでの仕組みや料金システムについてご紹介いたしました。

リスティング広告を効率的に運用するためには、入札単価以外や広告の品質も重要になります。
グラッドキューブでは、広告の品質を改善するために、広告文とキーワードの関連性を高めたり、ランディングページの利便性を高めるなど、効果的な運用を行なっております。

広告費25万円以下でご検討されているお客様向けのプランもご用意しておりますので、運用代行をご検討されている方は是非、当社までお問い合わせくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行
トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ