広告表示オプションを総復習。無料で出来る機能を使いこなそう!

ブログ

BLOG

広告表示オプションを総復習。無料で出来る機能を使いこなそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
584

アイ
みなさん、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の白水です。

今回は検索広告で設定できる広告表示オプションについてご紹介いたします。
通常の広告文に加えて情報を追加してお知らせできる広告表示オプション、すべて設定できていますでしょうか。

競合他社と差別化を図るためにも、まだ設定できていない方は本エントリを参考に設定していきましょう。

広告表示オプションとは

広告表示オプションとは、 Google や Yahoo! で無料で使用できる機能で、広告に対してサービスや商品に関する追加情報を記載できる機能のことです。
設定は任意ですが、広告の成果向上に寄与するものですので、可能なかぎり全て設定することをオススメいたします。

2020-10-22_20h00_09

上記の図は、実際に広告表示オプションを入稿したときの表示イメージです。
このように、一度に複数掲載されることもあり、視認性が高まります。

設定できる項目は多数あります。
正しく使い分けができていないと、不承認の原因にもなりますので、入稿できる内容は把握しておいてください。

また、広告表示オプションも広告ランクの算出に考慮されます。成果向上のために必須で設定しましょう。
(参考記事:Google 検索広告 平均 CPC の高騰を防ぐ鍵は広告ランクと広告の品質

広告表示オプション一覧

設定可能な広告表示オプションは以下の通りです。
Google と Yahoo! ではネーミングは違うが機能が同じものもあるので、Google → G 、 Yahoo! → Y のように表現しております。
ここからは、それぞれの機能について詳細に説明していきます。

  • (1)サイトリンク表示オプション( G )/クイックリンクオプション( Y )
  • (2)コールアウト表示オプション( G )/テキスト補足オプション( Y )
  • (3)構造化スニペット表示オプション( G )/カテゴリ補足オプション( Y )
  • (4)電話番号表示オプション( G / Y )
  • (5)住所表示オプション( G )
  • (6)アフィリエイト住所表示オプション( G )
  • (7)価格表示オプション( G )
  • (8)アプリリンク表示オプション( G )
  • (9)プロモーション表示オプション( G )

 

(1)サイトリンク表示オプション( G )/クイックリンクオプション( Y )
2020-10-22_20h00_09

上記のように、見出し・説明文の後にリンクを Google では最大4つ、 Yahoo! では最大6つ表示できる機能です。
場合によっては各サイトリンクの下に説明文も表示されます。

複数サービスを提供していたり、個人と法人・販売と買い取りで遷移してもらうページを変えたい場合など様々なパターンで使用できます。

(2)コールアウト表示オプション( G )/テキスト補足オプション( Y )
2020-10-22_20h00_09

説明文の後ろにつき、商品・サービスの情報を補足できる機能です。
デバイスなどに応じて最大10個まで表示されるので、複数のサービスを行っていて説明文やサイトリンクでは羅列しきれない場合などにオススメです。

(3)構造化スニペット表示オプション( G )/カテゴリ補足オプション( Y )
2020-10-22_20h00_09

ヘッダーに合う内容に沿って商品の種類・サービスの内容を訴求できる機能です。ヘッダーにそぐわない内容ですと不承認になるので、事前に確認をしましょう。

1つのサービス・商材を重点的に説明したい場合にオススメです。

(4)電話番号表示オプション( G / Y )
2020-10-22_20h00_09

こちらは PC とスマホで表示される場所が変わってきます。
スマホ版であれば直接電話ができるので説明文の下につきますが、 PC 版だと URL の横に表記されます。

スマホからの流入が多く、サービスの予約ができる商材であればぜひとも設定しておきましょう。

(5)住所表示オプション( G )
2020-10-22_20h00_09

※こちらは Google のサイトに記載されている例です。

検索広告の下部に店舗の場所を追加できる機能です。
この機能を使用するには Google マイビジネスと Google 広告を連携する必要があります。
他にもディスプレイネットワークや YouTube 動画広告、GoogleMap の検索結果などにも表示され、ユーザーが近くにいる場合や、関心を持っているときに表示されます。

実店舗を持っている広告主様は使用して、ユーザーに店舗の位置を知ってもらい来店につなげましょう。

(6)アフィリエイト住所表示オプション( G )
2020-10-22_20h00_09

先ほどの住所表示オプションと違い、店舗が複数存在する広告主様向けの機能です。
最寄りの自社の商品を販売している店舗を表示できる機能で、スマホであれば経路も表示できます。

こちらは簡単に設定もできるので、店舗が複数存在する場合は一度使用できるか確認することをオススメいたします。

(7)価格表示オプション( G )
2020-10-22_20h00_09

こちらは様々な商品を販売している方にオススメの機能です。
タイプについて、画像の「ブランド」以外にも・旅行会社向けに地域・商品の種類、ランク別に設定できる機能など多々存在しています。

また、「最低¥1,000」「¥6,000/泊」など様々なバリエーションもあり、値段を訴求したい広告主様が使用すればコンバージョン率上昇につながることが予想されます。

(8)アプリリンク表示オプション( G )
2020-10-22_20h00_09

広告主様がご自身でアプリをお持ちであれば使用できる機能です。 Android 版であれば赤枠内の文字を自由に変更することが出来ます。
アプリを認知してもらいたい場合やお得なクーポンがある場合は入稿をオススメいたします。

ただ、アプリのインストールをメインに広告を出したいのであれば、「アプリキャンペーン」や「ユニバーサルアプリキャンペーン」という方法もあります。
アプリインストールをメインで考えられている方は以下の記事もご確認くださいませ。

(参考記事:ブログタイトル【アプリ広告】出稿の手間が最小限に!ユニバーサルアプリキャンペーンとは

(9)プロモーション表示オプション( G )
2020-10-22_20h00_09

期間限定のイベントや割引キャンペーンを行っている方にオススメの機能です。
画像のように最大4つ情報を設定することが出来ます。設定できる項目としては以下のものがあります。

■年中行事:バレンタイン、ハロウィンなど。
■アイテム:〇〇が¥〇オフ、などの割引情報。
■詳細:割引に条件がある場合など。
■期間:開始日、終了日を記載。

※年中行事については使用できないものもあるので事前にご確認ください。
(参照:プロモーション表示オプションの概要
 
以下が、広告表示オプションのまとめです。

2020-10-22_20h00_09

 

広告表示オプション(自動)について

Google では広告表示オプションを自動的に設定される機能があります。
広告の掲載結果の向上につながると予測される場合に自動的に作成され、通常の広告表示オプションと同様に表示されます。

上手に活用できると成果向上にもつながりますが、現在どういった広告文で配信しているのかを確認することができません。
広告を管理したい方は媒体画面上から設定をオフにできるので、忘れずに変更しておきましょう。

2020-10-22_20h00_09

媒体画面上の「広告と広告表示オプション」→「広告表示オプション」→広告表示オプション(自動)を選択すると上記の画面が表示されます。
ここで、赤枠内の点をクリックすると「詳細設定」と表示されるので、これをクリックします。

2020-10-22_20h00_09

デフォルトでは、「すべて使用する」にチェックが入っているので、上図のように「オフにする」にチェックを入れる必要があります。
その後、オフにしたいオプションとその理由を選択すれば表示しないよう設定できます。

おわりに

本エントリでは、広告表示オプションについて説明いたしました。
必須でないからこそ、怠らずに設定することで競合と差別化することが出来ます。

当社は Google Premier Partner Awards において、当社の実績が認められ検索広告部門で賞をいただいたこともあります。

また、「 Yahoo! マーケティングソリューション パートナープログラム」において、特別認定パートナー(広告運用パートナー)に認定されています。
2020年度下期で「広告運用パートナー」に認定された正規代理店は全国で32社、大阪に本社をおく正規代理店としては関西4社のみとなります。

自分たちだけでの運用では成果を出せないと感じている方は、一度ご相談ください。

リスティング広告運用代行はこちら
グラッドキューブの実績はこちら

アカウント無料診断
Popup-Banner_728x90

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×