類似ユーザーへのリマーケティングをやらない理由はない

グラッドキューブ BLOG

類似ユーザーへのリマーケティングをやらない理由はない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告を運用している方であれば、リマーケティング(リターゲティング)の効果の高さはご存知でしょう。
しかし、リマーケティングは配信できるユーザーに制限がかかるため、思ったほどコンバージョンの増加に貢献できていないケースもよくあります。

そんなリマーケティングでの成果に困っている方にオススメしたい機能。
それが今回ご紹介させていただく「類似ユーザーへのリマーケティング」です。
 
 

スポンサーリンク

類似ユーザーへのリマーケティングでコンバージョンを倍以上に

他の広告でもそうですが、Google AdWordsでもサイトに訪問したユーザーをリスト化することが出来ます。
通常はこのリストに対してリマーケティングで広告配信を行っていきます。

しかし、Google AdWordsにはこのリストを作った後、自動的に「類似ユーザー」のリストが作られます。
このリストは、作成したリストのユーザーと似た動き(過去の閲覧履歴など)をしているユーザーがリスト化されます。

コンバージョンにつながったリストの類似ユーザーであれば、同じくコンバージョンにつながりやすいリストになります。
また、これらはすべて新規のユーザーになるため、彼らに広告配信した後リマーケティングでさらに追跡することもできます。


(参照:https://sites.google.com/site/adwvisualnavi/similaruser)

正直使わない手はない機能ですので、これからご説明する設定方法をマスターして、あなたも試してみてください。

 
類似ユーザーへのリマーケティング 設定方法

類似ユーザーのリストは、先ほどお伝えしたように自動で生成されるため、自分で作成することはできません。
このリストを確認するためには、Google AdWordsにログインした後、「共有ライブラリ」→「ユーザーリスト」と移動していきます。

類似ユーザーのリストは「Similar to 〇〇(元のリストと同じ名前)」になっています。

あとはこれを通常のリマーケティングと同じように広告設定していきます。
広告グループ作成時に、リマーケティングリストから該当の類似ユーザーのリストを選択してください。

設定が完了しましたら、反応を随時確認して広告の変更等を行っていってください。

 
 

まとめ

類似ユーザーは自分で設定する項目が殆どありません。
しかし、コンバージョンの数が倍以上になることもよくあり、ぜひ試して頂きたい機能です。

もっと成果を伸ばしたい!という思いは誰しも持っているはず。
あなたも類似ユーザーへのリマーケティングを活用して、売上アップしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン