基礎から覚えるリマーケティング

グラッドキューブ BLOG

基礎から覚えるリマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告には、ほんとうに様々な機能があります。
その中でも、最も効果に結びつきやすい機能、それが「リマーケティング」です。

一度サイトに訪れたユーザーに対して配信するこの広告は、見込み顧客へのアプローチとなるためCVにつながりやすいです。
実際に、全体のCPAを大幅に低下させ、CVを飛躍的に上昇させる事例も数多くあります。

まだ初められていないという方は、今回の記事を見てぜひ設定を進めてくださいね。

 
 

スポンサーリンク

リマーケティングが成果を左右する

リマーケティングを推奨させていただく理由は、やはりそのCV獲得率の高さにあります。
あなたのサイトに訪れたユーザーは、少なからずあなたの商品やサービスに興味を持っている方です。

そのため、新規のユーザーにアプローチするよりもはるかに効率的に広告配信ができますので、CVにつながりやすくなるというわけですね。

設定に少し準備が入りますが、難しい操作はありませんのでぜひあなたもお試しください。

 
リマーケティングリストを作ろう

それではここからリマーケティングリストの作成方法をお伝え位していきます。
まずはGoogle Adwordsにログインし、左下にある「共有ライブラリ」をクリックしてください。

次に「ユーザーリスト」の項目にある「表示」をクリックします。

ユーザーリストの画面では、これまで作ったリストを確認したり、新たに作成したりすることができます。
デフォルトで「メインリスト」と呼ばれるリストが作成されており、こちらはタグが設置されたページのいずれかに訪れたユーザーのリストです。(タグの設置については後述します。)

新しくリストを作成する場合は、「+リマーケティングリスト」という赤いボタンをクリックしてください。

ここからは実際にリストを作っていく作業になります。

リストの名前は分かりやすく設定しておきましょう。
今回は「CVしなかったユーザー」という名前をつけておきます。

次に、「リストに追加するユーザー」の項目を入力していきます。
最初にリストの内容を選び、該当のページのURLを入力していきます。

今回は「CVページに到達しなかったユーザー」になるので、まずは「ページを訪問したユーザー」を選択します。

次に「+ルール」という箇所をクリックし、「URL」「次を含まない」「/thanks.html(CVページのURL)」と設定して「完了」ボタンをクリックします。

有効期間はデフォルトで「30日」となっています。
こちらは必要に応じて「90日」など期間を設定しなおしてください。

最後にリストの説明を書いて保存すれば完了です。
あとはタグを設置してリストをためていきましょう。

 
 

まとめ

リマーケティングはリストさえ作ってしまえば、どんどんユーザーが登録されていきます。
そのユーザーを対象に広告を配信して、是非売上アップにつなげていってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン