YDNの活用が顧客獲得を促進させます

グラッドキューブ BLOG

YDNの活用が顧客獲得を促進させます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YDNがスタートして約1年半経ちましたが、スポンサードサーチに比べると活用されていない方が非常に多いのが現状です。

その理由は、

「使い方がわからない」
「広告を出稿したけれど反応が悪かった」
「設定する時間がなくて配信していない」

など様々ありますが、意外とYDNの全体像をつかめていない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はYDNがカバーする広告の領域をご紹介し、あなたに活用していただけるようなご提案を致します。
この記事を読んで興味を持っていただけましたら、ぜひ活用してくださいね。

 
 

スポンサーリンク

結局YDNってどんな広告なの?

「YDN」、と一括りにしてしまうと広告のイメージは非常につかみにくくなります。
なぜなら、YDNには様々な種類の広告が含まれているからです。

正確にお伝えしますと、広告の種類に加えてターゲティングの種類が豊富、と言えます。
そして、それはフェーズの違うユーザーにアプローチできることを意味します。

ここでYDNのそれぞれの広告・ターゲティングを確認してみましょう。


参照元:http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/blog/newcomer/ydn_tips.html

YDNでは、ターゲティングを全く掛けない広告(最近まで「その他の広告」と呼ばれていたものです)から、サイトに訪れたユーザーを追跡する「サイトリターゲティング」まで、幅広いフェーズに対応した広告があります。

YDNでは、認知度向上から潜在ニーズを掘り起こす広告、集客UPにつなげる広告、そして成約獲得まで実に多彩な成果を上げることができます。
しかし、誤った活用をしてしまえば、成果には一切繋がりません。

そのため、各広告の特徴を捉えるところから始めていきましょう。

 
1.ターゲティングを設定しない

認知度UPを目指すには、「ターゲティング」キャンペーンを活用します。
このキャンペーンでは、広告を配信するユーザーをセグメントし、対象者にだけアプローチします。

「とにかく認知させたい!」ということでしたら、このキャンペーンでターゲティングを指定せず、バラマキ配信をします。

 
2.特定のユーザーに絞って広告を配信する

「ターゲティング」キャンペーンでは、「30代の女性」をターゲットにしたり、「不動産に興味を持つユーザー」に広告配信することもできます。

ターゲットを絞るとはいえ、どちらかと言うと大きなくくりでの広告配信になります。

 
3.ユーザーの興味・関心に絞って広告を配信する

「2.特定のユーザーに絞って広告を配信する」と若干似ていますが、こちらはよりターゲットを絞る形になります。

YDNの「インタレストマッチ」と呼ばれるキャンペーンを使用し、広告文の内容に応じてターゲットを自動でセグメントしていきます。
また、各種ターゲティング(地域、年齢、性別、閲覧しているサイトのカテゴリなど)と組み合せることもできます。

 
4.過去に検索したキーワードでターゲティングする

こちらは「サーチキーワード」と呼ばれるターゲティングを使用した配信方法です。
ユーザーが過去に「化粧品」と検索していれば、そのユーザーに対して広告を配信する、といった形式ですね。

スポンサードサーチに近い性質を持ちますので、成約に繋がりやすい広告と言えます。

 
5.過去にサイト訪問したユーザーに広告配信する

こちらは「ターゲティング」キャンペーンの中で設定できるサイトリターゲティングを活用した広告です。

一度あなたのサイトに訪問したユーザーは優良な見込み顧客であるため、成約が期待できます。

 
 

まとめ

今回はYDNの概要をお伝えしましたが、あなたが求める広告があればぜひ試してみてください。
何よりどんなフェーズにいるユーザーにアプローチしたいか、どんな用途で広告配信したいかを考えていただければ、自ずと使う広告は決まってきますので、まずはトライするとことから始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン