失敗しないためのゲームアプリ広告の始め方

グラッドキューブ BLOG

失敗しないためのゲームアプリ広告の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロモーション事業部・リスティング・DSPチーム坂本です。
今回は、ゲームアプリ広告の始め方についてご紹介させて頂きます。

アプリ広告各種

現在、ゲームアプリ広告出稿をお考えの広告主の方々や
ゲームアプリ広告を出稿しているが、現在のプロモーション方法が
自身のゲームアプリにあった方法なのかを悩んでおられる広告主の方々へ
ご参考になればと思います。

●ゲームアプリ広告を始める前に

出稿する広告媒体を決める前に行う事として、
広告主の方々のゲームアプリのタイプを分けてみましょう。

ご自身のゲームアプリタイプ(マネタイズ方式)は以下のどのタイプでしょうか?
ゲームアプリタイプ別プロモーションを考えていきましょう。

①有料ゲームアプリ
②無料ゲームアプリ(アプリ内課金)
③プロモーション用無料ゲームアプリ(ゲームアプリ内下記ポイント無し)

マネタイズ

●有料ゲームアプリタイプ

有料ゲームタイプは、課金ポイントがアプリインストール時に
設けられているタイプのため、ユーザーへの
アプリインストールのハードルが高く、使用前の話題性、
初見のインパクトなど、「導入」に注力するプロモーションが
メインとなってきます。

・リワード
・純広告
・体験型広告

上記の様な広告を用い、露出を高く、多くのユーザーへ目を引く
プロモーションが一般的です。
リワード広告で大量に一時的インストールユーザーを集うと
同時に純広告などの露出度の高い広告で訴求し、
そのインストール数を元に、アプリインストールランキングページへ
ランクインし、新たなユーザーを獲得していきます。

リワードの仕組み

メリット
他メディアとの連携が綿密に組み合わされ、話題性が噛み合うこととなれば
大量ユーザーの獲得が可能となり、収益化スピードが非常に早い。

デメリット
リワード広告のCPI課金の還元ポイントも高く、条件の良い掲載面への純広告の出稿による、
潤沢な広告費。広告投資に見合う収益の不透明性。

グラッドキューブオススメする広告は

「ユーザーの動きに連動し、ゲーム疑似体験でユーザーを刺激する」
Googleアプリインストール広告

【オススメポイント】
ゲームダウンロード前にユーザーが体験版などのプレイを
広告上で疑似体験できる広告です。
体験版のダウンロードの手間なく、広告上で即プレイできるので
有料ゲームアプリ、無料ゲームアプリ共に効果を発揮する広告です。

上記のような体験型広告を使用し、アプリインストールしてもらいやすくするのも
一つの有効的手段です。

●無料ゲームアプリタイプ(アプリ内)課金)

無料ゲームアプリタイプは課金ポイントがゲーム内でのアイテム購入や
ポイント購入になり、如何にゲームで遊んでもらえるか、長く遊んでもらえるかが
鍵になってきます。

・リワード
・ネイティブアド
・体験型広告
・アプリ内広告

無料ゲームアプリタイプでは、アプリインストールが有料ゲームアプリに
比べて、獲得することが容易になります。
ですが、アプリインストール後、起動することなく、削除するユーザーも
多く、「遊んでもらう」ために一度集めたユーザーへ再度広告を
配信していき、課金ポイントへ誘導、集めたユーザーを
ロイヤルユーザーへと育てていきます。
導入時にも遊んでももらえる様に「体験型広告」やダウンロード後、
起動画面への遷移を促す誘導など、ユーザーを活かす細かな導線が
引かれており、ユーザーへストレスなく、ゲーム内に、そして課金ポイントへ
誘導する仕組みが取られています。

メリット
無料ゲームのため、アプリインストールへのハードルは比較的低い
ことから、、有料ゲームアプリに比べ、費用を抑えることができる。
リワード広告の様な成果報酬型広告で集ったユーザーへも、
アプリ内課金を促し、誘導することで無駄なく
マネタイズ化することが可能である。

デメリット
課金ポイントがゲーム内であるため、収益化に時間を要する。
継続的アプローチ、休眠ユーザーへプロモーション活動が必要なため、
一定のプロモーション費用が継続的発生する。

グラッドキューブオススメする広告は

「ユーザーのアクティブ化促し、課金ポイントへの誘導を図る」
Facebookアプリインストール広告

【オススメポイント】
アプリインストールプロモーションはもちろん、既存ユーザーへの
課金ポイントへの誘導プロモーションや、休眠ユーザーへのアクティブ化を
促すプロモーションが行える優れものです。少額からの配信も可能です。

「理解を深めて、継続率の高いユーザーを獲得する」
Appliv

【オススメポイント】
レコメンド記事を読み込んだユーザーは、
アクティブユーザーとしての転換率が
非常に高く、課金ポイントへ誘導できる
ユーザー分母を大きく広げることが可能です。
費用としては、60万円以上と大きくなりますので
大々的プロモーションをお考えの広告主様へ
最適だと考えられます。

上記のような広告で、獲得したユーザーを無駄にせず、
アクティブユーザーを多く集めることが、
無料ゲームアプリプロモーションの抑えておくべき
ポイントとなります。

●プロモーション用無料ゲームアプリ(ゲームアプリ内下記ポイント無し)

プロモーション用無料ゲームアプリタイプについては、少し番外編という形には
なってきます。ゲームアプリ自体がプロモーション用に作成されているため
ゲームアプリ内に課金ポイントが設けられていません。
このゲームアプリを通して、別商品・別サービスへの認知・理解を深めるものであるため

・純広告
・SNSアプリインストール広告

プロモーション用無料ゲームアプリでは、目的が別になってくるため、
スポット的なキャンペーンになる場合が多く、露出度の高い純広告や
エンゲージメント効果を高く使用するSNSアプリインストール広告で
露出度・認知効果を高め、最終目的への導線を作っていきます。

グラッドキューブオススメする広告は

「様々なターゲティングでエンゲージメント効果を最大化」
・Twitterアプリインストール広告

【オススメポイント】
様々なターゲティングを使用し、エンゲージメント効果を最大化し、
拡散と共に認知効果を拡大させていくことができる広告です。
少額からの配信も行えますので、各規模のプロモーションで
活躍することでしょう。

プロモーションの第一歩は「認知」から!
多種多様なターゲティングを組合せて
「認知」を緒にどんどん拡散させていき、多くのユーザーを
巻き込んでいくことでプロモーションの突破口となることでしょう。

●まとめ

今回は、ゲームアプリ広告の始め方をご紹介させていただきました。
ポイントは、下記の3点になります。

・自身のゲームアプリタイプの分析
・課金ポイントへの導線を確認する。
・ゲームアプリタイプ別に広告を選別

ポイントを踏まえ、最適なプロモーション方法を
計画していくことが、成功するプロモーションを
育てていくことが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン