Google AdWords 、アウトストリーム動画広告を提供開始

ブログ

BLOG

Google AdWords 、アウトストリーム動画広告を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の植田です。

2018年4月10日(火)に、 Google AdWords で、アウトストリーム動画広告フォーマットが世界中でフルローンチとなりました。
詳細や設定方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

アウトストリーム動画広告とは

インストリームとアウトストリーム

動画広告は大きく「インストリーム動画広告」と「アウトストリーム動画広告」の2種類に分けられます。

インストリーム動画広告は、 YouTube などの動画配信サービスの中で、動画視聴の前後、もしくは視聴中に配信される動画広告です。

それに対しアウトストリーム動画広告は、ウェブサイトやアプリ内で通常バナーが掲載されるような広告枠に配信することができるフォーマットです。

Google AdWords におけるアウトストリーム動画広告

先述のように2018年4月10日にリリースされたばかりの新しいフォーマットです。
ブランド認知度の向上を目的としているフォーマットのため、ブランディングをお考えの広告主様に向いています。

掲出先

YouTube 内ではなく、 Google 動画パートナーのアプリやウェブサイトに配信されます。
Google 動画パートナーの詳細については、以下をご確認くださいませ。

参考: Goolge 動画パートナーについて

モバイルとタブレットにのみ配信されるフォーマットのため、 PC には配信されませんので、ご注意ください。

課金形態

動画広告の視認範囲のインプレッション1,000回につき、料金が発生する仕組みです。( vCPM )
視認範囲は、動画広告の面積50%以上が2秒以上表示されると、1インプレッションとしてカウントされます。

設定方法

必要なもの

アウトストリーム動画広告を配信するにあたり必要なものは以下の4つです。

  • ■ YouTube 動画の URL
  • ■ロゴ画像
  • ■広告見出しと広告文
  • ■ランディングページの URL
  • 設定手順

    まず、通常キャンペーンの作成と同様の手順で、アカウント管理画面キャンペーンタブの【+】をクリックします。

    アウトストリーム

    すると以下の画面が出てきますので、【動画】を選択します。

    アウトストリーム_動画

    そしてキャンペーンの目的で、【ブランド認知度とリーチ】を選択します。

    アウトストリーム_ブランド認知度とリーチ

    すると下にキャンペーンのサブタイプ選択画面が出てきますので、【アウトストリーム】を選択し、画面下部の【続行】をクリックするとキャンペーン詳細の設定に移ります。
    以降は通常の動画キャンペーンと同様の設定方法となります。

    アウトストリーム_選択

    おわりに

    Google AdWords のアウトストリーム動画広告についてお伝えいたしました。
    vCPM 課金ということで、低単価でリーチを広げることができるため、ブランディングをお考えの広告主様におすすめのフォーマットです。

    認知、興味・関心、比較検討や購入など、それぞれのファネルで適切な広告配信を行うことが大切です。

    WEB広告を用いたマーケティングを考えているが、どのように進めてよいのかわからないという方も、お気軽にお問い合わせください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    グラッドキューブ リスティング広告 運用代行
    トップ
    サービス
    ブログ
    スタッフ
    お問い合わせ