Google 広告リスティング設定ガイド(広告グループ編)

ブログ

BLOG

Google 広告リスティング設定ガイド(広告グループ編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ プロモーション事業部の野村です。

前回のエントリにて、 Google 広告におけるアカウント、キャンペーンの設定方法をご紹介しました。
参考: Google 広告リスティング設定ガイド(アカウント・キャンペーン編)

当エントリでは、広告グループの作成方法、内包される広告やキーワードの概要について、 Google の推奨する設定をもとにお話しします。

階層赤線

広告グループとは

広告グループは、アカウント構造上ではアカウント、キャンペーンに続く3番目の階層です。
広告グループにはキーワードと広告が含まれるため、どのキーワードに対してどの広告を表示させるかを決めることができます。
なお、1つのキャンペーンのなかに複数の広告グループを作成することが可能です。

広告グループ

広告グループで設定できる項目一覧

広告グループで設定できる項目は以下の通りです。

  • グループ単位の入札単価(必須)
  • 広告グループ単位の広告のローテーション(必須)
  • ■広告グループ単位の URL オプション

 

上記の項目について、実際に Google 広告のアカウント上で広告グループを作成する手順に沿って説明いたします。

広告グループの作成方法

広告グループを作成したいキャンペーンを選択し、広告グループタブから「+」のボタンを押します。

screencapture-ads-google-aw-adgroups-2018-09-19-12_12_25

項目に沿って、広告グループ名、デフォルトの単価、キーワードを設定します。

screencapture-ads-google-aw-adgroups-new-search-2018-09-19-12_17_23

「デフォルトの単価」の項目は、広告グループでの必須設定項目である「グループ単位の入札単価」を指します。
広告グループ内において、キーワードごとの個別の入札単価が設定されていないすべてのキーワードに適用される入札単価です。
広告の1回のクリックに対して入札する上限額として設定されます。

キーワードについては、広告グループの作成段階でなくとも、あとから追加・編集することが可能です。

広告グループを設定できましたら、次に内包される広告やキーワードを作成します。

広告の作成方法

広告を入稿するキャンペーン・広告グループを選択し、「広告と表示オプション」のタブを選択します。
画面内の「+」マークか、「+広告を作成」ボタンを押すと、広告の内容を入力できるフォームに遷移します。

screencapture-ads-google-aw-ads-2018-09-19-14_30_43

広告の詳細な設定内容や、広告に付随して設定できる「広告表示オプション」については、次回のエントリで紹介いたします。

Google の推奨する設定では、広告は1つの広告グループに3つ以上入稿することが望ましいとされています。
複数の広告を入稿することで、広告グループ内でよりクリック率(広告の表示回数に対してユーザーがクリックする頻度)が高い広告クリエイティブをシステムが判別し、優先的に配信されるようになります。
効果の良い広告クリエイティブを参考に、また違ったパターンの広告を入稿してテストしていくことで、成果向上を見込めます。

キーワードの作成方法

キーワードを入稿するキャンペーン・広告グループを選択し、「キーワード」のタブを選択します。
画面内の「+」マークか、「+キーワード」ボタンを押すと、キーワードを入力できるフォームに遷移します。

プレゼンテーション1

キーワードの詳細な設定内容や、除外キーワードなどについても、次回のエントリで紹介いたします。

効果的なグループ分け

前述いたしました通り、広告グループにはキーワードと広告が紐づいています。
リスティング広告の効果を高めるためには、いかにキーワードに合った広告でアピールできるかが大きなカギになります。
したがって、サービスや商品などのテーマに合わせてグルーピングし、訴求を明らかにした広告を作成する必要があります。

多種多様なお菓子を取り扱っている EC サイトを例に考えてみましょう。
このサイトでは主に「洋菓子」「和菓子」「スナック菓子」を取り扱っています。

プレゼンテーション1

まずはキャンペーン単位で、それぞれ「洋菓子」「和菓子」「スナック菓子」で分類します。
次に、洋菓子キャンペーンの中でさらに商品ごとのカテゴリで広告グループを分けてキーワードと広告を作成します。

グループ例

大きなカテゴリでキャンペーンを分け、商品によってグループを細分化していくことで、訴求に合った広告でアプローチすることが可能になります。
広告を見る側のユーザーとしても、ニーズに合った商品がサイト内にあることが明記されていることでクリックするハードルが下がることが期待できます。

Google では、このようにサイトの構成に合わせてキャンペーンや広告グループを作ることを推奨しています。

おわりに

今回のエントリでは広告グループの設定内容や、キーワードと広告の概要についてお話しいたしました。

Google は、まず商材のランディングページの構造を理解し、その構造に沿ったアカウント設計にすることを推奨しています。

グラッドキューブでは、推奨設計に基づいたアカウント設計を踏まえて、お客様ごとに最適な構成をご提案しています。

広告の成果改善でお悩みのお客様はぜひ当社へご相談ください。

次回: Google 広告リスティング設定ガイド(広告・広告表示オプション・キーワード編)
参考:【無料特典あり】低額からでも Web 広告を始めたい方向けのプランはこちら

グロースLP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行

自社開発ASPサービス・メディア

トップ
サービス
ブログ
スタッフ
お問い合わせ