【2022年最新版】YouTube 広告、 TrueView アクションキャンペーンが動画アクションキャンペーンに自動アップグレード

ブログ

BLOG

【2022年最新版】YouTube 広告、 TrueView アクションキャンペーンが動画アクションキャンペーンに自動アップグレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【アップデート情報】Google

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の廣畑です。

YouTube 広告の動画アクションキャンペーン(以下 VAC )はご存知でしょうか。
VAC は、従来の TrueView アクションキャンペーンから機能の拡張が加えられており、よりユーザーの行動を促進できる広告タイプです。

そして今回2022年4月25日(米国時間)以降、 TrueView アクションキャンペーンが VAC に自動アップグレードされることがGoogle より発表されました。

本エントリでは、YouTube 広告 動画アクションキャンペーンの自動アップグレードついてご紹介いたします。

GC-Official_Blog-Banner_728x90_A



VAC への自動アップグレード:概要

VAC画像



TrueView アクションと VAC の違い

TrueView アクションキャンペーンと VAC は商品の購入や問い合わせ等、ユーザーの行動促進を目標とする広告タイプですが、 VAC では TrueView アクションキャンペーンから下記3点の仕様変更があります。

  1. (1)広告フォーマット
  2. (2)配信面の追加
  3. (3)広告アセットの追加

(1)広告フォーマット

VAC では、広告フォーマットに「スキップ可能なインストリーム広告」と「インフィード動画広告」がセットになっており、広告グループはレスポンシブ形式となります。
TrueView アクションキャンペーンでは、「スキップ可能なインストリーム広告」のみのフォーマットです。

インフィード動画広告では、 YouTube の検索結果や関連動画のリスト欄、 YouTube モバイルのトップページに広告が表示されます。

(2)配信面の追加

VAC では、 YouTube の動画再生ページや Google の動画パートナーだけでなく、 YouTube Home Feed ( YouTube のトップページ)にも広告が表示されます。
YouTube 上のさまざまな広告枠を使うことで、できるだけ多くのコンバージョンの獲得を促進できます。

TrueView アクションキャンペーンでは、YouTube の動画再生ページと Google の動画パートナーにのみ広告が表示されます。

(3)広告アセットの追加

VAC ではインフィード動画広告が追加されているため、広告に長い広告見出しと説明文が追加されています。
YouTube Home Feed に広告が掲載されると、長い広告見出しと説明文が表示されます。

VAC の概要と効果的な配信方法については、下記の記事でご紹介しておりますので、こちらもぜひご参照ください。

YouTube 広告「動画アクションキャンペーン(VAC)」について解説!



VAC への自動アップグレード: VAC への移行について



自動アップグレードで適用される変更

2022年4月25日(米国時間)以降、TrueView アクションキャンペーンから VAC に自動アップグレードされる場合、下記の変更が適用されます。

  • ■広告グループがレスポンシブ広告グループにアップグレード
  • ■デフォルトの長い広告見出しと説明文が追加
  • ■Google 動画パートナーまたは YouTube 検索結果ページが配信に含まれる

自動アップグレードにより、既存の TrueView アクションキャンペーンの広告グループがレスポンシブ広告グループに移行されます。
長い広告見出しと説明文にはデフォルトのテキストが追加されているため、自動適用後に更新が必要な場合は注意が必要です。

また TrueView アクションキャンペーンの設定で Google 動画パートナーと YouTube 検索結果ページを配信から除外している場合、配信の最適化のため配信に自動的に含まれるようになります。
(動画パートナーについては手動で変更が可能です)

ネットワーク設定



一方で過去90日間でキャンペーンの設定を行っていないキャンペーンの場合、下記の変更が適用されます。

  • ■広告グループが「削除済み」のステータスで表示される
  • ■Google 動画パートナーまたは YouTube 検索結果ページが配信に含まれないキャンペーンが「除外済み」のステータスで表示される



VAC への変換方法について

VAC への自動アップグレードが適用される前に、広告アカウント上で TrueView アクションキャンペーンを手動でアップグレードすることも可能です。
手動でアップグレードを行うには、次のいずれかの方法が選択できます。

  1. (1)新しい動画アクションキャンペーン( VAC )を作成する
  2. (2)既存の TrueView アクションキャンペーンをコピーして、 VAC として貼り付けする
  3. (3)既存の TrueView アクションキャンペーンで引き続き配信を行う

手動で VAC へのアップグレードを行う場合は、新しくキャンペーンを作成するか、既存のキャンペーンをコピーして更新することができます。
既存のキャンペーンは引き続き配信することができますが、配信が停止した場合、新しく VAC として作成が必要ですので、ご注意ください。



おわりに

本エントリでは、 YouTube 広告 動画アクションキャンペーンの自動アップグレードについてご紹介いたしました。

VAC にアップグレードすることで、より多くの広告枠でユーザーにアプローチを行うことができるようになりますので、手動でアップグレードを行うことがおすすめです。

当社では Google 広告をはじめ、リスティング広告の運用代行を承っており、 Google Premier Partner Awards 2021においては、当社の実績が認められオンライン販売部門で最優秀賞をいただいております。

【株式会社グラッドキューブ】 Google主催「Premier Partner Awards2021」において「オンライン販売部門」で最優秀賞を受賞

今回ご紹介した Google 広告最適化機能を含め、当社では広告の最新情報をピックアップし、必要に応じて広告運用に活用しております。
リスティング広告の成果や運用に関してお悩みの方は、一度ご相談くださいませ。

▼リスティング広告のお問い合わせはこちら
リスティングリンク

▼グラッドキューブの実績はこちら
group

アカウント無料診断
Popup-Banner_728x90

(引用:Upgrading TrueView for action campaigns to Video action campaigns
(引用:動画アクション キャンペーンについて
(引用:動画広告フォーマットの概要
(引用:インフィード動画広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行 GladCube TV 毎週更新中!

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×