「 Google ビジネスプロフィールだけじゃない!競合と差がつく店舗集客攻略セミナー」セミナーレポート

ブログ

BLOG

「 Google ビジネスプロフィールだけじゃない!競合と差がつく店舗集客攻略セミナー」セミナーレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20220511

みなさま、こんにちは。
グラッドキューブ マーケティングソリューション事業部の安田です。

2022年5月11日にオンラインセミナー「 Google ビジネスプロフィールだけじゃない!競合と差がつく店舗集客攻略セミナー」を開催しました。本セミナーでは、 MEO 対策ツール「検索ドーン」を提供するケイビーカンパニー株式会社より代表取締役 北島 万乘 様にもご登壇いただき、オンラインでの店舗集客方法についてお話ししました。

当日は53名の方にご参加いただきました!ご参加の皆様、ありがとうございました。

本エントリでは、ご好評につき第一部でお話しした「 Google 広告を使った店舗集客方法」についてご紹介します。

 

Google 広告を使った店舗集客方法

 

Google 広告をおすすめする理由

数あるインターネット広告の中でも、店舗集客に Google 広告をおすすめできる理由としては以下の3点が挙げられます。

20220511開催_KBカンパニー様共催(GCパート)_0511_台本修正 (1)

(1)店舗の営業時間や商圏に合わせて配信できる
広告を配信する時間や地域を細かく指定できるため、効率的に集客が行えます。
例えば営業時間中だけの配信も可能ですし、店舗から半径20km圏内にいる可能性が高いユーザーやその地域を定期的に訪れているユーザーだけに配信することもできます。


(2)「都心にいる25歳以上の男性」など属性を絞って配信できる
時間や地域だけでなく、ユーザーの属性も絞り込むことが可能です。掛け合わせて使えば店舗のターゲット層に合致したユーザーへピンポイントに広告を配信できます。

指定できるユーザー属性は年齢・性別・世帯年収・子どもの有無などで、 Google アカウントの登録情報や Web サイトの閲覧履歴などから推測されています。


(3) Google 広告だけで多種多様な配信が可能
Google 広告ひとつで Google が提供する各種サービス( Google 検索・ Google マップ ・ YouTube など)や、Google の広告枠を設けている多数の Web サイト・アプリへ広告を配信できます。多くのユーザーにリーチできるのはもちろん、複数のメディアに掲載できる点が大きなメリットです。

スマートフォンでの情報収集手段として「検索」が当たり前となった今、ユーザーが来店するまでの流れは複雑になっています。例えば YouTube でお店のことを知ると、そのままスマホで検索します。 SNS のチェックは当然ながら、 Google マップで店舗情報やクチコミも調べます。

このように気になったことはすぐに検索し、様々なメディアを経由したのち来店する流れが増えており、複数のタッチポイントでユーザーにとって適切なタイミングで店舗情報を届けられるかが店舗集客に大きく影響するのです。

 

Google 広告の始め方

続いて Google 広告の始め方として以下の手順をご紹介しました。

(1) Google 広告を始める目的を整理する
まずはどのような目的で、どのような人に広告を配信したいのかを整理します。
例えば「店舗の売上アップが目的で、店舗近くに住む20代~40代のスポーツに興味がある人に配信したい」といったように大枠を決めておきましょう。

(2) KPI を決める
続いて広告の KPI を決めます。顧客単価と各フェーズへの転換率を確認し、利益が出るラインから考えましょう。

20220511開催_KBカンパニー様共催(GCパート)_0511_台本修正 (2)

KPI の詳しい設定方法はこちらの記事をご覧ください。
事業運用の超重要ポイント「KPI」設定の利点と設定方法

(3) 適切なフォーマット・ターゲティングを選ぶ
次に、広告配信の目的・ KPI に適した広告フォーマットとターゲティングを選びます。
前述の通り Google 広告を使うと様々なメディアに配信できますが、広告の目的によっては配信先を限定した方が効率的な場合があります。目的や予算に合わせて、どの面でどのような人に配信するのかを決めていきます。
 

 

Google 広告の種類

最後に Google 広告の種類をご紹介しました。

検索(リスティング)、ディスプレイ、ショッピング、 YouTube などがありますが、最近では「 P-MAX(パフォーマンス最大化キャンペーン)」という新たなプロダクトが登場しました。

P-MAX は1つのキャンペーンで Google 広告のあらゆるチャネルの広告枠に配信が可能で、機械学習を活用し適切なタイミングで適切な面に配信が行われます。

20220511開催_KBカンパニー様共催(GCパート)_0511_台本修正 (3)

2021年11月にローンチされたばかりですが、 P-MAX の導入によって成果が改善した事例が複数出てきています。広告の種類に迷うという方や、予算を効率よく使いたいという方は是非ご検討ください。

 

登壇者紹介

藤森

株式会社グラッドキューブ
マーケティングソリューション事業部
藤森 朋也

「価値あるモノを適切な形で必要な人に届ける仕事」をしたいという信念からグラッドキューブに新卒入社し、 Google ・ Yahoo! ・ SNS 広告全般の広告運用に従事。現在は個人事業主、中小企業から大手企業を対象に25万円以下の広告出稿を希望されるクライアントを主に支援している。 Web マーケターとして、広告運用だけでなく SNS マーケティングや YouTube 運用など幅広く提案を行っている。

 

おわりに

本エントリでは、オンラインセミナー「 Google ビジネスプロフィールだけじゃない!競合と差がつく店舗集客攻略セミナー」の一部をご紹介しました。

当社では定期的にオンラインセミナーを開催しております。 Web 広告の経験豊富なマーケターが登壇し、実績をもとに最新の情報をお伝えしています。ご参加の方には、セミナー資料のプレゼント当社開発の LPO ツール「 SiTest 」1ヶ月間無料トライアルなど、豊富な特典もご用意しています!

最新のセミナー情報はメールマガジンでご案内していますので、ご興味がある方は以下のフォームよりご登録ください。

メールマガジン登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行 GladCube TV 毎週更新中!

自社開発SaaSサービス・メディア

トップ
サービス
事例
ブログ
スタッフ
お問い合わせ
×