いまさら聞けない「商品リスト広告(PLA)」の始め方

グラッドキューブ BLOG

いまさら聞けない「商品リスト広告(PLA)」の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品リスト広告

みなさん、こんにちは

グラッドキューブ・プロモーション事業部リスティング・DSPチームの温井(ぬくい)です。

今回は、「商品リスト広告(PLA)」配信のためのGoogle Merchant Center設定と、
商品データフィードの作成・アップロードについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

今や物販サイトではもはや定番ともいえる「商品リスト広告(PLA)」ですが、
Google Merchant Centerアカウントの開設、商品データフィードのアップロードなど、
通常のリスティング広告に比べると準備にひと手間かけねばならないこともあり、
導入を検討しつつも何から始めたらいいのかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

検索リスト広告(PLA)とは?

Product(商品) Listing(リスト) Ads(広告)=PLAとも略されるGoogle Adwordsの広告サービスの一つです。

Google Merchant Centerで商品情報管理を、Google AdWordsで広告管理を行い、それぞれの管理アカウントを紐付けることで、「Google検索結果画面」と「Googleショッピング」に商品広告を掲載することが可能となります。

クリック課金型広告なのですが、通常の検索連動広告のようなキーワードの入稿は不要で、
替わりに商品データフィードに記述された属性の値に基づいて検索結果画面に掲載されることが特徴です。

配信面は以下の2種類です。

1)Google検索結果ページ
商品リスト広告掲載面1
Google検索で、商品名などを軸に、関連するキーワードで検索された際に商品名、説明文、価格と販売元などが商品写真付きで表示されます。
掲載位置は、画面上部に表示されるか画面右側に表示されるかの2通りがあります。

2)Googleショッピング検索結果ページ
商品リスト広告掲載面2
GoogleショッピングのTOPページから検索された際に掲載されます。

商品画像、説明文、価格、送料など事細かく訴求することが可能で、かつユーザーの検索ニーズに応えた掲載とあって
設定が難しそうだと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
すごく簡単なので、これから順を追ってご説明します。

Google Merchant Centerへの登録

「商品リスト広告(PLA)」は広告配信の管理だけでなく、商品情報の管理も行わなければなりません。
そのために必要なのがGoogle Merchant Centerへのアカウント登録です。

TOP画面が英語なので少し戸惑うかもしれませんが、サインアップのボタンから遷移すると日本語の登録ページになります。
Google Merchant Centerトップ画面
Google Merchant Centerへの登録を済ませると管理画面へアクセスすることができます。
GMC日本語設定手順
管理画面ではまた初期言語設定が英語になっています。
まず、左メニューから[Setting]→[General]へと遷移し、一番下部の[Display Language]を日本語に変更しておきましょう。

ではここから、「商品リスト広告(PLA)」を開始するための準備を始めます。

1)ウェブサイトのURLの確認と申し立て
2)商品データの作成とアップロード
3)Google Merchant CenterアカウントとGoogle AdWordsアカウントのリンク

の3ステップで完了です。

ウェブサイトのURLの確認と申し立て

まずGoogle Merchant Centerに商品データをアップロードするには、
ウェブサイトのURLの正規の所有者が広告主様であることをGoogleに通知し、そのウェブサイトのURLを自分のGoogle Merchant Centerアカウントに関連付ける必要があります。
※もしすでにGoogle Search Console(旧ウェブマスターツール)のページの所有権登録を済ませていれば、手続きは不要です。

[ウェブサイトの確認] タブから、

サーバーにgoogle確認用のHTML ファイルをアップロード。
メタタグをサイトのトップページに追加。
サイトのトラッキングに使用しているGoogleアナリティクスのコードを追加。
Google タグマネージャのコンテナスニペットコードをウェブサイトに追加。

のうちどれかを実施、選択すればOKです。

商品データの作成とアップロード

商品データの送信には、データフィードを使用します。
データフィードとは、商品のリストをファイルにしたもので、商品一つ一つに対して商品情報をさまざまな属性として定義します。

商品データの送信方法は以下の3種類。

1)Google スプレッドシート
2)スケジュール設定された取得
3)標準アップロード
※今回はGoogleスプレッドシートを使用します。

[フィード]→[フィードを登録]と進み、対象国とフィード名を設定し、
データフィード設定1
新しいフィードが登録されました。

データフィード設定2
フィード名をクリックしスプレッドシートを編集します。

データフィード設定3
入稿用のGoogleスプレッドシートのsheet2、sheet3には詳細な属性の記載例と使用方法が説明されていますので、いずれの送信手段を選ぶとしても先に確認しておくと設定が捗ります。

※ただし、スプレッドシート、Google Merchant Centerヘルプセンター>解説商品フィード仕様のとおりに属性名を記述すると、エラーが出てしまうものがありますので下図のとおりに記述してみてください。

データフィード属性修正箇所
ブラウザの新しいタブでGoogleスプレッドシートが立ち上がるので、

最低限のスプレッドシート記載例
記載をし、更新することでデータが反映されます。

データフィード更新
ここでは入稿の条件を満たす最低限の属性にとどめていますが、商品アイテムの種類によってはさらに設定が必要なものもあり、全部で44種類もの属性が設けられています。

Google Merchant Center ヘルプセンター>属性要件のまとめ
商品ごとに設定が正しくできているかどうか、商品タブの管理画面で確認が可能です。

商品管理画面
今回Googleスプレッドシートで設定しなかった一部の属性(送料など)をここで設定しなおすことも可能です。

Google Merchant CenterアカウントとGoogle AdWordsアカウントのリンク

前段でGoogle Merchant Center設定はほぼ完了です。
全て問題ないことが確認できたら、[設定]→[Adwords]→リンクのボタンで紐付け。
Google Adwordsとのリンク手続き

完了です!
Google Adwordsリンク完了画面

Google AdWordsアカウントに遷移すると、新たにキャンペーン「商品リスト広告」と該当する広告グループが生成されています。
Google AdWordsアカウント管理画面

まとめと注意点

「商品リスト広告(PLA)」は、アイテム名、ブランド、素材や色味に至るまで、細かい検索ワードに基づいて写真付き広告が検索画面上部に掲載されるため、
通常のテキストのみの検索広告に比べユーザーの購買行動に直結しやすいと思われます。

また商品情報の管理をGoogle Merchant Centerという広告とは別のアカウントで切り分け管理するので膨大なアイテム数でも導入しやすく、
多くのアイテムを取り扱うECサイト様にとっては一つ一つキーワード、広告文を管理するよりも工数も削減できるのではないでしょうか。

今回は割愛しましたが、
【gtin】(日本ではJANコード、ISBN)【製品番号】【ブランド】【google 商品カテゴリ】など、商品を特定せしめる属性の記述は必ず行ってください。
他にも、【送料】や【セール価格】、【ポイント】など、ユーザーの購買を促すための属性も可能であれば記述すること。
【タイトル】(商品名)、【概要】(説明文)についても、ユーザーにわかりやすい記述を心がけるのは当然ですが、Googleのシステムにより適切な商品が判別されることも意識して設定をしましょう。
もちろん商品画像が並ぶ広告枠ですので、アングル、背景など工夫し魅力的な商品に見せることが最も重要なポイントです。

設定の際の注意点として、前述していますがGoogle Merchant Centerヘルプセンターの記載の仕方ではエラーが出てしまう属性があります。
翻訳の関係で表記に相違があるのだと思われるのと、
ヘルプに書かれている内容は全対象国について書かれているもので、日本での販売に際しては若干情報不足であると考えておいた方が良いでしょう。
一度に全商品に対して作成しようとせず、まずは少数のアイテムで記述ミスなどのエラーを修正しながらコツをつかむことをおすすめします。

最後に

今回は「商品リスト広告(PLA)」配信のためのGoogle Merchant Center設定までを解説いたしました。
設定に際してつまずきそうなポイントはすべて押さえたつもりですが、いかがでしたでしょうか。
グラッドキューブでは「商品リスト広告(PLA)」の運用実績も豊富にあります。
当記事をお読みいただき、ご興味を持っていただけた広告主様のお問い合わせをお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メニューボタンメニュー閉じるボタン