Hagakure構造と1広告グループ1キーワード。どちらの構造を利用すべきか。

ブログ

BLOG

Hagakure構造と1広告グループ1キーワード。どちらの構造を利用すべきか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。グラッドキューブプロモーション事業部の柿木です。
昨年からHagakure構造というGoogle推奨のアカウント構造が注目を浴びています。
Hagakure構造とは簡単に述べると、アカウント構造を単純化、広告グループを可能な限り集約した構造の事です。
インターネット広告運用(リスティング広告運用)ではこのHagakure構造の他に、1広告グループ1キーワード構造というアカウント構造がよく知られています。
この構造はその名の通り1つの広告グループに1つのキーワードを設定するという構造です。
本エントリでは、どちらの構造を利用するべきであるのかを判断する為に、Hagakure構造と1広告グループ1キーワード構造のそれぞれの構成や特徴をご紹介致します。

※2018年7月24日をもって Google AdWords の名称は Google Ads に変更となりました。
当エントリでは Google AdWords の名称を用いて記載しています。

スポンサーリンク

秤 タイトル.png

アカウント構造とは

リスティング広告を運用する際に使用する、広告管理ツールの中に
●アカウント(ログイン情報、お支払い情報が登録されている階層です。)
●キャンペーン(広告予算を設定している階層です。)
●広告グループ(同じテーマを持つ広告やキーワードをまとめている階層です。)
という3層の構造があります。
それらをアカウント構造と言います。
 ※キャンペーンには、配信のターゲティングを設定する役割などもありますが、本記事では省略しております。

アカウント構造

Hagakure構造とは

先程も述べましたように、Hagakure構造とはアカウント構造を単純化し、広告グループレベルに可能な限り情報を集約化することができる構造です。

Hagakure構造

上記掲載の図のようにアカウントの中にキャンペーン、広告グループを作成します。
広告グループには、キーワードと広告文をそれぞれ設定します。
キャンペーンや広告グループの分類は、サイトのディレクトリ(サイト構成)に合わせる方法、商品やサービスのカテゴリで分類する方法等が挙げられます。

Hagakure構造の特徴

Hagakure構造の特徴は、目標CPA(自動入札機能)をより有効に利用できる点にあります。
自動入札は、広告グループに蓄積されたデータを元に、Google の配信ロジックに沿って配信されます。
その広告グループに自動化の判断の元となる情報が、より多く蓄積されることにより、目標CPAをより有効に使用できるようになります。
また、補足にはなりますが、キーワード毎にリンク先を指定することができるカスタムURL機能や、条件によって様々な広告文を配信分けすることができる
広告カスタマイザ機能によって、より柔軟に配信を行うこともできます。
目標CPAを使用する際は、ぜひ利用したい構造です。

1広告グループ1キーワードとは

1広告グループ1キーワードとは、広告グループ毎にキーワードを設定するアカウント構造です。

1KW1広告グループ構造

上記掲載の図のように、アカウントの中に複数のキャンペーンを設定します。
キャンペーンの中にも、複数の広告グループを設定します。
その広告グループは、キーワード毎に広告文を設定する為、多くの広告グループが構成されます。

1広告グループ1キーワード構造の特徴

1広告グループ1キーワード構造の特徴は、ユーザーが検索したクエリと最大限マッチした、広告文を配信できる点にあります。
1つのキーワードに対して、 1つの広告文を設定することが可能である為です。
ユーザーに最大限マッチした広告文を配信し、成果を最大化する際はぜひ利用したい構造です。

最後に

どちらの構造にも一長一短あります。
Hagakure構造は、目標CPAをより有効に利用することができます。
しかし、もちろんのこの目標CPAも完璧な機能ではありません。Google の配信ロジックに頼り切ってしまうのは危険であるとも言えます。
1広告グループ1キーワード構造のように多少手間もかかりますが、手動で適切に管理を行うことも大変重要です。
これらの構造を、適材適所で使い分けることが大切です。

今回はHagakure構造と1広告グループ1キーワード構造の特徴、相性の良い機能などをご紹介いたしました。
今後のエントリにて、Hagakure構造と1広告グループ1キーワード構造を数値的データを以って比較する。そのような内容もご紹介していきます。

グラッドキューブは今後も、過去蓄積してきたノウハウを駆使して、運用を行ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラッドキューブ リスティング広告 運用代行